« コロナ解禁 | トップページ | 主よ いずこへ 行きたもう »

2020年5月26日 (火)

コロナ解除・・・でも

 やっとお出かけできるようになりました。でも・プールはまだ。図書館は開いたけど、イメージが暗い。なんだ容疑者か保菌者みたいな扱いやねえ。スタッフの方が数が多くて各自パソコンで操作しろって感じ。ま・あ・あ・しょうないっか???


 なんだかみんな疑いぶかくなったみたい。先日も相棒の眼科で。なんだかちょっとのどにひっかかって、「コン」と咳したら、たまたま相棒も「コホン」パッとお隣の人が席をかえました。あ・あ・あ・・・・みんなで肩をくんで歌うなんてことは遠い昔の夢の日のことか。


 植物園はバラ真っ盛り。すばらしい。でも土日は入場禁止。もったいなああい!!!


 そうそう、先日、チャリで植物園へ行きました。駐輪場でよそのおっさんが大きな声で「ああしんど」っていってるから、二ッと笑ってあげたら・・・「奥さん、年は80くらいか??」ですって。

 

 プン!!!せめて75才くらいかって言えよ!!!ま・あ・あ・・・もう半年で80才ですけど・・・若い目に言えよ!!!


 チャリで走り回っています。昨日は金閣寺、今日は大覚寺。妙心寺も光悦寺も南禅寺も。チャリではけっこうきついですよお。80前のおばあちゃんが頑張ってるっておかしい光景です。歩道をいっぱいになって歩いてる若い子に「チリン」とならしたらよけてくれた。「アリガトね」って通りぬけたら「おばあちゃん、がんばれ。オイッチニィ オイッチニィ」ですって。は・は・は・・・バイバーイ。

下は東寺。閉まってる。
Dscn5485

西寺跡。礎石。今は公園。

Dscn5481

Dscn5482

西大路八条 平清盛の屋敷跡。


Dscn5480

Dscn5479

Dscn5483


 嵐山も奥嵯峨も東山も・・・プールが始まるまでの運動です。南禅寺も詩仙堂もや法金剛院も閉まってるけど・・・きれい!!!

 人がいない京都はホント、ひっそり閑。静かできれいです。

|

« コロナ解禁 | トップページ | 主よ いずこへ 行きたもう »

コメント

京都ねえ~~
もう何年行ってないかしら? 夫がね、3年ほど前かに行ったら、凄い人で、もう行くところじゃない! って。
毎年、暮れ正月と京都で過ごしていた友人夫婦はね、外国の人たちがぺらぺらした着物を着て歩いてるのが嫌! もう京都での年越しは止めにしたわ! って。
 あああ・今の京都へ行ってみたいなあ~~
本来の姿が見られますよねぇ~ 

投稿: tomoko | 2020年6月 1日 (月) 09時59分

植物園、行ったことありますよ。
東寺も。
閉まっているのね。
まあ、
プール、楽しんでください。

投稿: くちかずこ | 2020年5月30日 (土) 20時42分

人気のない静寂な京都をチャリで散策
贅沢よ。素晴らしい景色を独り占め。
ごみごみ感は苦手の私は今こそ
京都に行きたいわ。

投稿: おばさん | 2020年5月29日 (金) 09時42分

最近は自転車に乗らなくなり、歩いてばかりです
運動もボーリングはまだ遠慮しています ディスコン
と言うゲームが始まりました。毎土曜に4時間ほど
遊んでいます やっと体を動かすことが、できました
お姉さんと言ってるのに正直すぎるのかな?

投稿: あきみず | 2020年5月27日 (水) 19時34分

その掛け声をかけた若い子たち、今時珍しい気がします。
たいていは無言で嫌な顔をする子が多いのではないでしょうか。
私は、なんとなくのどかに感じました。

蛇足ですが、
歩道を自転車に乗っているときに、歩行者にチリンチリンと鳴らすのは道路交通法違反で、罰則・罰金が定められています。

たとえ歩行者がいっぱいになって歩いていても、歩行者妨害、警音器使用違反になりますので、ご注意ください

投稿: 玉井人ひろた | 2020年5月27日 (水) 15時08分

プール解禁になったと喜ばれていた方は、兵庫県だったか広島県だったかです。
今は咽ても咳き込んだりしたら、疑われますね。オデコで熱を計られて手を消毒してから、どの病院でもです。
>植物園はバラ真っ盛り。すばらしい。でも土日は入場禁止。
三密になる畏れなのですね。
可愛げのないオジさんです。「若くて元気だ」と言えば良いのにです。
若い子でも、おばあちゃんは無いでしょ。あなたのお祖母さんではないのですよ。
テレビで拝観停止の寺院だあるとは報じていましたが。
そのうち、俗っぽくて、賑やかすぎる京都になりそうです。

投稿: kazuyoo60 | 2020年5月27日 (水) 10時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コロナ解禁 | トップページ | 主よ いずこへ 行きたもう »