« まな板の上の鯉 | トップページ | あはれ 今年の夏も・・・ »

2019年8月 2日 (金)

はかなすぎた命

 源氏物語・・・田辺聖子さんがあんまり「ええ、ええ」って言うもんやから、このところズーッとその周辺をウロウロ読み歩いていましたが…ま・あ・あ・・田辺聖子さんの源氏もしっかり読んだつもりですが・・・でも・・・やっぱり・・・好きにはなれませんでした。不健康・・・の一語につきます。


 下の朝顔。去年の種からとってまいたもの。育ちません。小さな苗に花が・・・お話はまったく違いますが私の源氏物語の読後感はこんな感じです。きれいですけど・・・不健康!!!たくましい蔓は全く育たず花だけが…咲いています。



Dscn5121


Dscn5120 

 源氏物語はフィクションの世界で、耽美的で異様な世界を創作しているということは頭ではしっかりわかっているつもりですが・・・
 ちょっとポイントを代えて実際の歴史上の当時の天皇様たちの死の年齢の若さをみてみます。ロシア、ロマノフ王朝は近親結婚が続いた結果、血友病でほろんだとか聞いたこともあります。源氏物語のモデルとされた可能性のあるあたりから、代々の天皇様の死の年齢です。

   53代  文徳天皇   32才死
   56代  清和天皇   56才死
   57代  陽成天皇   87才死
   58代  光孝天皇   58才死
   59代  宇陀天皇   65才死
   60代  醍醐天皇   46才死
   61代  朱雀天皇   30才死
   62代  村上天皇   42才死
   63代  冷泉天皇   62才死
   64代  円融天皇   33才死
   65代  花山天皇   41才死
   66代  一条天皇   32才死・・・この天皇様の時紫式部、清少納言が宮仕えしています
                      67代  三条天皇   42才死
   68代  後三条天皇   29才

 まだまだ調べましたが、かの和泉式部の恋人、二人の親王も20才代で死んでいます。さらにつらいのが出産にともなう女性の若い死が多いこと。

 

 豪華な着物を十二枚も重ねて、装っているいとけなき娘、そこへカッコつけた天皇が精子を振りまきにおとずれます・・おぞましい!!不敬罪で処罰されそうですが・・・そんなイメージ。右大臣、左大臣、摂政、関白、実力をもった野心家が娘を皇位に送り込みます。もし男子が生まれれば、そのおさな子は次期天皇。さすれば自分もまたまた辣腕をふるえる・・・驚くべきことですが、天皇に娘を入内させ。生まれた皇子に又、娘を嫁入りさせ、さらに孫に娘を・・・藤原道長がしたことですが、過去には藤原不比等もやっています。血が濃すぎる???ま・あ・あ・朝顔とはちがうわなあ!!!


 今朝、癌手術5年の検査結果、問題なし。頑張って相棒の介護をいたしましょう。


Dscn5118


Dscn5119
さ・あ・あ・・来週は又、展覧会です。「生きる」生きるのはシンプルが一番。源氏物語の正反対が私の好みです。


 

 

 



  

 



 

|

« まな板の上の鯉 | トップページ | あはれ 今年の夏も・・・ »

コメント

皆様コメントありがとうございます。お返事もできず申し訳ありません。元気にはしているのですが、ブログのネタもなくて。ま・あ・あ・平穏な日々…幸せということでしょう。

tomoko様  このところとても暑くてお出かけもする気にならず、息はしていますが何事もおこりません。ま・あ・あ・いいことなんですね。


浜辺の月様   ちっともお出かけもしない毎日の楽しみはもっぱら読書。本ばっかり読んでゴロゴロなまくらしています。それにしても平安時代の文学…奇跡的ですねえ。太宰府に行ってもみたいと思います。


すみとも様  もう少し・・生きて・・・は・は・は・・・相棒のお世話をしましょう。私たちの愛の仕上げの日々???なんちゃって・・・

くちかずこ様  お元気ですか??アフリカで助産婦、貴重な体験でしょうね。私たちは本当に文明にまもられておぼつかないながら無事に生きていますことを感謝します。

玉井人ひろた様   そうですか…厄年・・・そんなものなんでしょうけねえ。気が付きませんでした。


おばさん様   コメントありがとうございます。息子様は文化系の方なんですね。私の日本史への興味はまだ本当に日が浅いのですよ。

投稿: 山口ももり | 2019年8月12日 (月) 09時09分

検査結果の問題無く、安堵されたことでしょう。
良かった!!
源氏物語は愚息も一部担当していました。
(出版社も忘れましたが)
ももり様の
アサガオは蔦は無くとも一輪咲いている姿は
この暑さの中で健気に映ります。
ご自愛ください。

投稿: 叔母さん | 2019年8月 6日 (火) 09時27分

ほぼ全員が厄年かその前後の年齢に無くなっていることには驚きます。
厄年とはこういう経験からできたことがよくわかる気がします

投稿: 玉井人ひろた | 2019年8月 5日 (月) 16時55分

問題無し、祝着!
以前の同僚だった助産師、数年、アフリカでボランティア的助産師をしたのですが、やはり、早々に身売り的に嫁に出され、孕み、未熟な体のまま産む・・・
産まれた子も未熟なことが多い・・・
そんな話を聞いたことを思い出しました。
でね、未開の地、貧困な地、哺乳瓶などなく、ミルクは彼女が紙コップで飲ませていたそうです。
関係無い話で失礼!

投稿: くちかずこ | 2019年8月 4日 (日) 21時52分

良かったですね^^
もう少し頑張ってゆきましょう!(^_-)-☆

投稿: すみとも | 2019年8月 4日 (日) 09時01分

こんにちは、ももりさん。
検査結果異常がなくて良かったです。
その頃の歴代の天皇は本当に短命ですね。
血族結婚などで色々無理があったのでしょうね。
源氏物語の感想を書いて下さってありがとうございます。
うーーーん、わたしも苦手な感じの主人公ですね。
ももりさんの絵、お母さんと子供で、お母さんが
元気な感じのお母さんですね。
いいですね。

投稿: 浜辺の月 | 2019年8月 3日 (土) 18時04分

この朝顔が1つだけ、ちょっと可哀想ですね。沢山咲かせておられましたのに。
30前後で死ぬ、余りにも若いですね~。
若い女性の短い命、その大半が出産だったのですね。可哀想な時代です。
異常なし、大丈夫と思われていても、結果をお聞きになって、ホッとなさいました。でも、2-3年ごとの検査はでしょうか。私は10月以降に大腸ファイバーの予定です。

投稿: kazuyoo60 | 2019年8月 3日 (土) 06時01分

検査結果の問題無し、本当に良かったですね!
ご主人様のお世話が心配なく十分にお出来になりますね。
歴代の天皇様達、短命でいらした事に驚きです。
朝顔は我が家のも、生育が悪いのですよ、花は咲いていますけど・・・。

投稿: tomoko | 2019年8月 2日 (金) 20時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« まな板の上の鯉 | トップページ | あはれ 今年の夏も・・・ »