« 無節操・ | トップページ | すっかり 遠ざかり »

2019年8月26日 (月)

和泉式部のその後は??ひょっとして??極道の妻???

 恋多き歌人・・和泉式部・・・いろんな作家が小説にしています。夫も娘も捨てて家をおいだされながら、為尊親王と恋におち、やがてその親王に死なれます(親王26才 式部24才)。悲しみを同じくした弟の敦道親王と燃え上がり、人目をはばかるというより、誇示するような派手なおこない・・・弟親王の妻は怒って家を出ていく・・・それでも…やがて…早くも弟親王も死にます(親王27才 式部30才)。…ここからが・・・ももりが興味を持ったところです。


 和泉式部は歌人としては、在世中からとても高名で、かの辛口の紫式部も「型にははまらないけど新鮮な言葉がピタリと決まる」・・・ま・あ・あ・・ももりが解釈するところ
、そんな風に言っています。


  あらざらむ この世のほかの おもいでに

  今ひとたびの 逢うこともがな・・・・ご存じ、百人一首です。

娘の子式部の内侍の歌は


  大江山 いく野の道の 遠ければ

  まだ踏みもみぬ 天の橋立


 この歌は、「お母さんの和泉式部の指導があってこその実力なのに、お母さんがいなくても歌はできるの???」ってからかわれた時の即興の応えなんだそうで、「お母さんは丹波の大江山に行ったわ。助けてもらうったって、天の橋立にいるんだから、私はまだ土を踏んだこともないし、文だって来たこともないわ」ですって。


 ところで、ももりが面白いとおもったのは、34才で早々と再婚。そのお相手は藤原保昌・・・この男について丹後へ行ったのです。保昌は藤原道長のお気に入り。ところが、ところが・・・弟は「はかまだれ」と呼ばれたギャングの親分。「はかまだれ」は今昔物語に登場します。

 

 当時、みやこは強盗、放火 追いはぎが跳梁して、御殿にはいりこんで、女官を丸裸にしたり、暴力沙汰は日常茶飯。頻々と放火。追捕にあたった検非違使を逃れて、藤原顕光の屋敷に逃げ込む・・・この顕光というのは、保昌の兄・・・当時、今のやくざ組織みたいなのが複雑に入り組んで存在した…というのはお堅い本「王朝の貴族」土田直鎮・・・土田氏は東京大学の資料編纂所所長とあります。


 東大の資料編纂所というのは、ももりが、今、一番楽しみにしている古文書の授業でもちょくちょく耳にするお堅い学問所のはず。


 宮中深く内親王の女官を母として、幼い日々から宮中奥深く、皆に愛されて育ちます。(まああ・諸説あるらしいけど)当時の宮中って、天皇にお情けをいただいて皇子をあげるべく、貴族たちの野心のもとに送り出される複数の女性たち。御簾やすだれをちょいとあげれば卑猥???いえいえ。
仲睦まじい営みを目にしたはず。ま・あ・あ・・・・ね。結婚して丹波に下ってからはどうした???ひょっとして、極道の妻???岩下志麻みたい???今、それが??おもしろいのよねえ


 もう、暑いんですから・・・お出かけはやめ。もっぱら本ばっかりがももりの夢の世界です。
でも間、もなく神戸で水彩会の展覧会です。


Dscn5033

Dscn5119_20190826103701

|

« 無節操・ | トップページ | すっかり 遠ざかり »

コメント

kazuyoo様  なんだか・・・・天皇とか皇太子とかが・・・女王蜂のようにみえてみました。もちろん男ですけど。周囲の権力欲のお化けから送り込まれる姫君に必死の種付け…ところが姉と天皇のあいっだに生まれた皇子に、またまた妹娘を嫁入りさせているうちに、子種はどんどん弱くなり30数年後にはたえてしまいます。その死に方もフッと、火が消えるようにあっけないんです。近親結婚のせいでしょうね。もう少し整理して、又この記事書きたいとおもいます。あわれですよお。


くちかずこ様  絵も最近かけなくて・・・描きさしがたくさんあるので、仕上げて出品をつづけています。なんとか・・・もうやめようかとも思いますよ。心の風景・・・実態がない・・ふわふわ浮いてるだけみたいな存在感の無さが今の心ですねえ。のでも絵にはできないねえ。

玉井人ひろた様  なにしろ・・・本当のことはあまりよくわからない…とはいうものの、日記とかがたくさん残っているのが日本の不思議なところでしょうか。でも・・・当時、女性には呼び名すらなかった???天皇家に入る時につけた//とか???所説ふんぷんですね。


投稿: 山口ももり | 2019年9月 2日 (月) 08時53分

和泉式部は現在の福島県石川町(いしかわまち)が出身と伝えられ、ここには式部が産湯を使った滝川や、愛猫が傷などを癒すために浸かったという「猫啼温泉(ねこなきおんせん)」というラジウム線温泉が在りますよ。

投稿: 玉井人ひろた | 2019年8月27日 (火) 16時53分

そうだったの?
そんなことが?
事実はどうだったのかしら、とか、
あれこれ妄想・・・

絵、
最近のですか?
心の風景が変わりました?

投稿: くちかずこ | 2019年8月26日 (月) 22時34分

平安の姫君たちが短命さは可哀想に思っていました。親王たちもなのですね。せっかく生まれて来たのに。今の時代なら、数倍生きられましたね。
極道の妻?、人として自我を持って、何年かは過ごされた、この時代にもです。
何の知識も無いのに感想を(ペコリ)。色彩が明るいです。綺麗な色調です。

投稿: kazuyoo60 | 2019年8月26日 (月) 11時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 無節操・ | トップページ | すっかり 遠ざかり »