« 祇園祭り | トップページ | はかなすぎた命 »

2019年7月22日 (月)

まな板の上の鯉

 金曜日、大腸がん検査。ブチュッ!!!肛門からの内視鏡カメラ。朝から塩辛い水を2リットルのみ、これが下剤。トイレに10回ほど駆け込んで、腸をからぽにしてカメラを・・・これで、大腸がん手術から5年経過。結果は2週間先です。痛いのよお!!!いやなのよお!!!デモデモ・・・エエーイ。もうまな板の上の鯉や!!!さっさと好きにせえよ。何とかクリア。疲れました。生きるってしんどい!!!

 翌日、疲労感が残っていますが祇園祭の後祭りを見にママチャリで。例年なら我慢できないくらいの蒸し暑さが、今年はまだよっぽどまし。なんとか耐えます。でも、お昼までには帰りましょう。相棒のお昼が待ってるから。


Dscn5112

大船鉾に上がらせてもらいました。ふと、人工的な風かと思うような涼しい風!!!今年は確かに涼しいなあ!!!


Dscn5116  

Dscn5115

Dscn5114

Dscn5113

Dscn5110

 普段、ママチャリで走り回ってるエリヤですが、旧来の豪邸の中ってやっぱりすごいんやなあ!!由緒ある緞帳や、左甚五郎の鯉、弁慶と牛若丸、浄妙山のアクロバット人形などを拝観。


 この浄妙山には、親しい物語が語られています。かの、源平の戦いのきっかけになった宇治川の戦い。

 時は1180年(治承4年)後白河の皇子、以仁王(もちひとおう)の令旨が全国に伝えられ、各地の源氏ゆかりの勢力が胎動し始めます。当時、京の都をわがもの顔におう歌していた平氏に対し、ついに立ち上がりました。まずは宇治川の戦い。源三位頼政が老いの身をおして立ち上がった時、世間はアッと驚きました。清盛とは親しかったからです。宇治川は都に入るにはどうしても通らなければならない大事な関門。宇治川の戦いは源平の合戦の端緒で、結果、平家は壇ノ浦で亡びます。


 三井寺の僧兵、浄妙坊は宇治橋の上で大活躍。そこへ「負けじ」と浄妙亡の頭に手をかけて「エイヤッ」と前に躍り出たのが同じ僧兵の一来法師。頭に手をかけて「ヤッ」と飛び越えた瞬間の像2体がアクロバットとして知られています。今はまだ仲良くならんで飾られていました。


 863年(貞観5年)、神泉苑での御霊会が始まりといわれる祇園祭、確か…貞観といえば…貞観の治・・・天皇がしっかりしてた、宇陀??ひょっとして醍醐??天皇の時代のはず。確認する根気のないのは年のせいにしますね。





 


|

« 祇園祭り | トップページ | はかなすぎた命 »

コメント

kazuyoo様  お返事おそくなりました。ごめんね。最近、義理を欠く…勧めで生きています。あまりブログネタもないし、パソコンともあまり仲良くないのですよ。

玉井人ひろた様・・やっぱり東北は涼しいのでしょうね。周囲が家ばかりで、道はコンクリート、京都の夏はたまりませんよ。下剤もイヤですねえ。

あきみず様  お元気そうで何よりです。祇園祭は一番蒸し暑い時のお祭りです。というか、暑いひどい時だからこそ、何とか無事に乗り切りたいというお祭りなんでしょう。


くちかずこ様  お体の調子、心配ですねえ。私は何とかクリアしました。2年ほど先に、検査するようにとのことでした。お大事になさってね。


山桜様  緑の中で過ごす時間は本当に貴重です。中京の小さな家がぎっしりという我が家では望めないぜいたくです。また、この夏を何とかすごしたらお出かけも…その点はたのしめるのです。小さなカメラを呑み込むということも聞いてはいます。

投稿: 山口ももり | 2019年8月 3日 (土) 08時34分

猛暑お見舞い申し上げます。 
甲府も盆地で大変な暑さでしたが、京都の夏もさぞかし・・・なのでしょうね。 それなのに祇園といい京都アニメーションといい、酷い火災が続いて消防士さん方もお疲れのことでしょう。

大腸の検査、私は鼻からの内視鏡で酷い目に遭いましたけれど、その何倍もお辛そうで・・・安心の為とはいえ、涙が出ますね。 ミクロの決死隊みたいな飲み込むカプセルタイプも出たようですが、まだまだお高いのでしょうね。

古からの伝統行事を身近で経験出来て、いつも羨ましい限りです。 道に横たえられている文字が刻まれた長い木は何でしょう? レールのようなものですか?

投稿: 山桜 | 2019年7月31日 (水) 16時24分

大腸カメラ、結果は即日に貰えないのかしら?
まあ、細胞診は無理ですが?
ご無事を祈念しています。
蒸し暑い中、お元気に走り回られて凄いなあと感嘆!

投稿: くちかずこ | 2019年7月28日 (日) 22時13分

大腸がん検査 ご苦労様でした 私は受けたことが
ないんで 苦しさを知らないのです。
祇園祭華やかで、絢爛です 昨年は後祭りを
見に行きました まだすいていたのでは、ないかと
思います。

投稿: あきみず | 2019年7月22日 (月) 19時47分

私も経験がありますが、内視鏡より下剤がつらいです。

そういえば、内視鏡は年齢が高くなるほど痛みが強くなると医師が言っていました。

投稿: 玉井人ひろた | 2019年7月22日 (月) 17時53分

最後の大腸ファイバー、痛かったです。お疲れさまでした。
特に異常はなかったのでしょう、きっと。何かあればすぐに対処してくださるはずですから。
大船鉾の上、涼しくて良かったです。せっかくの機会、登られて良かったです。
流石に町衆、長い幕が掛けられていますね。
お家のお道具たちが、このご用意だけでも大変だと思います。沢山の知識をお持ちだから、あれこれとです。私など何もわからないから、凄いな~綺麗だな、で終わります。(にこにこ)

投稿: kazuyoo60 | 2019年7月22日 (月) 11時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 祇園祭り | トップページ | はかなすぎた命 »