« 嫌いやけど | トップページ | 祇園祭り »

2019年7月10日 (水)

嫌いな男

Dscn5083


「新源氏物語」田辺聖子版…読んでいます。かなりのスピードで読んでいまいすが・・・何しろ…主人公の男性がダイッキライと来てる・・・

 でも・・・田辺聖子さんの博学ぶりに感動。書道をもう60年以上もやってきたももりにとって、平安時代…印刷術のなかった当時、物語やお歌がどのような紙にどのように書かれ、大切に人から人へと伝わってきたか・・・納得できる筆力には首ったけ!!!


 今日は月イチの「古文書」の日。これが、今一番の楽しみです。今日は、源氏物語の「わかむらさき」の巻が新しく発見されたというお話・・・なんとも・・・日本には底知れぬ文化がまだ眠っているんですねえ。60年以上書道をやってきて、仮名文字や草書がツールとして、そこそこ自分の力として使える、そして、使って当時の人々の残した古文書に直接肉薄できる・・当時の人々の声を聞ける・・・なんて・・・なんて・・なんてすごいことを勉強してきたのかって・・・今頃気がつくなんて・・・残りの年月では足りないなあ。


今、「四明展」やっています。14日まで。大学の同窓のメンバーのグループ展です。下は「楽園追放」と「R-1」


Dscn5087_20190710092301


Dscn5086

Dscn5085

|

« 嫌いやけど | トップページ | 祇園祭り »

コメント

ちゃぐまま様  久しぶりですねえ。ご無沙汰しています。最近はブログもさぼりがち。というのも、相棒介護の生活で、記事のネタがありません。ま・あ・あ…何も起こらない平穏な生活こそが今の幸せと思えば・・・は・は・は…元気な時には好きなことしてましたね。…又ブログに伺いますね。

投稿: 山口ももり | 2019年7月22日 (月) 09時48分

グループ展の絵、素晴らしいですね。
とても心をひかれました。
作風が変わられました?
追放にしては、愛に溢れている感じがしました。
R-1は何を意味するのですか?気になります。

投稿: ちゃぐまま | 2019年7月17日 (水) 22時23分

聖子さんが書いたの?
切り口、面白そう!
はい、長生きして、ずっと肉薄して楽しんでくださいな。
いつでも、今から、此処から!

投稿: くちかずこ | 2019年7月12日 (金) 22時31分

ももり先生に書の世界の扉を開いていただいたお蔭で、
山の奥の苔むした石碑に出会い、また博物館の古文書の前で
さて読み解いてみようかと足を止めることが出来ています。
どうしてこの文字を選んでこんな風に散らしたのでしょう?
なんて、古の書き手と心が通ったように思う瞬間が例え様も
なく嬉しいです。

投稿: 山桜 | 2019年7月11日 (木) 23時01分

かな文字の色紙など、綺麗だけれど読めない、現実の私です。まあ、下手な字も滅多に書かない私、こだわりはさほどないのですが。文字のおかげで意思疎通も記録もですね。
沢山の女性に声を掛けるのが当時は礼儀?だったのか、許される時代だったのでしょう。
出品作のご準備もなのですね。

投稿: kazuyoo60 | 2019年7月11日 (木) 08時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 嫌いやけど | トップページ | 祇園祭り »