« 老いの楽しみ・・・笠置寺・・へ | トップページ | 極楽浄土めぐり »

2019年5月28日 (火)

後白河法皇というお方

 この頃、読んでる本はもっぱら平安時代。平安の世をひっくり返して鎌倉の世、つまり、武力の世にしちゃったっていうお方、後白河法皇。なあんともユニークっていうか、ハチャメチャというか・・図太いというか、ズーズーしいというか・・・300年ほど続いていた京の都の平安を突如乱した兵乱は、みな後白河が後ろで汚い手を使っています。

 このお方、何しろ自分に力になる時だけうまく取り込んで利用し、相手が力を持ちすぎそうになるとさっと手の平をかえして、平然と敵にまわす。義理とか信義とかはクソもないっていうお方です。そもそも、

 

保元の乱
平治の乱
鹿ケ谷の陰謀
以仁王の令旨
木曽義仲の挙兵と敗北
義経と頼朝を両天秤にかけて平家と戦わせ、平家敗れて都おち  壇ノ浦で安徳天皇死
海から引き上げられて都へ帰った建礼門院を大原に尋ね・・・大原御幸
そして・・ゼエ―ンブうまくやり過ごして死んだ年  1192(いい国)作ろう)鎌倉幕府―がはじまったのです。

Dscn5039

 先日、即上院へ行ったとき帰りのバス停の時間待ちで今熊野神社に入りました。以前きた時は熊野道は台風のあとで封鎖されていましたが、今回は行けそうです。興味津々。熊野道といっても、さ・あ・あ・・高々50メートルほどの小道でしたが、その真ん中にガラスケース入りの後白河法皇のお像がありました。イメージでは皿の張った四角い頭、聞かん気のごうつくばり・・・・・・だったですけど・・・ちょとお・・??

Dscn5037

Dscn5036
は・は・は  これが、熊野道  は・は・は

Dscn5038

Dscn5040


おやおや、三本足の八咫烏ですって。小さな滝のもけいもあって・・・ふ・ふ・ふ・・・
京都って面白いなあ

|

« 老いの楽しみ・・・笠置寺・・へ | トップページ | 極楽浄土めぐり »

コメント

こんにちは^^ 今日あたりまたお出かけでしょうか^^
梅雨前に も少し歩けそうですね!
後白河法皇・・・なかなかやり手だったのですね~いいくにつくろうに没ですか。

くすのき 巨木ですね!! 木肌が凄い! ですね・・

京都はほんに~ 凄い所ですね^^ 歩き尽くすにはまだまだですね~ 長生きしなくちゃですね(^_-)-☆ 

投稿: すみとも | 2019年6月 2日 (日) 13時15分

八咫烏にびっくり!
これって、大陸から来た文化かしら?
日本発祥?
中国ドラマや、韓国ドラマによく出てきます。
歴史の世界、楽しまれていますね。
くちこも、落ち着いたら、図書館、再デビューしようかしら?

投稿: くちかずこ | 2019年5月31日 (金) 09時15分

ズーズーしいというか・、私にはこの印象です。
後白河法皇がいらっしゃったからか清盛さんがおられたからか、この時代の策謀はどろどろと賑やかですね。
京都で熊野詣を済まされてたのでしょうか。知恵が働かれたことは事実ですものね。

投稿: kazuyoo60 | 2019年5月28日 (火) 10時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 老いの楽しみ・・・笠置寺・・へ | トップページ | 極楽浄土めぐり »