« 京都水彩展  京都市立美術館別館 | トップページ | 蜻蛉日記のヒーローは »

2019年3月 4日 (月)

天国からの贈り物

Dscn4930


 このかわいらしいお花は???一体どなたが下さったのでしょう。もう一週間たちましたが、さて???どなたが下さったのかわからないのです。

 
 2月26日は次男の命日。ちょうど3年たったのですね。外から帰宅しましたら、鍵をかけた玄関の前にお花がおいてありました。
 はて???どなたから???あちこち電話をかけました。お嫁さんにも・・・いつも優しくしてくれている書道教室のかたにも・・・でも…まだわからないのです。


 お花は元気です。確かに歩いて持ってきてくださったことは確かです。遠くに住む人が送ってくれたものではありません。一体誰やろ???

Dscn4931


 死んだ子は年をとりません。ブサカワだったこの彼は???まだ、30前後ですかねえ。優しいだけの彼でしたけど、愛してくれた方々がいらしたんですねえ。


 はて・・・最近の面白い会話・・・子供の書道教室から


その日、いつもは遅い三男が5時頃帰宅しました。しばらくして顔を出し
「台所のもん見たらカレーやな。なんか見つくろうて作ろか」って言いました。
「ありがと。うれしいわ」って答えましたら私の前にいた小学3年生のカホちゃん
「センセ  あの人だれ???」
「う・う・・・ん。私の大好きな人」ってこたえましたら、妙な顔をして
「ふ・り・ん??」っていうんです。
「ふりんって何???」
「ふりんって、お父さんとお母さんがいるのに、他に好きな人がいること」
「う・う・・・・ん」いつまでもごまかすこともできず、
「あの人はなあ。私が32才の時に生んだ子やねん」
何とかなっとくしてくれました。


 又、ある日、5才のアラタちゃん、おしっこにトイレへ行ってベッドにいる主人をみたのです。
「センセ、あんな‘じいじ‘と結婚したん???」ですって。は・は・は・・・・もう涙が出るほど笑いました。


 又、ある時、おしっこに行ってきた小学4年生のオウ君。指でむこうを指さし、小さな声でいいました。
「センセ・・・あの人死んだはらへん???」
「え・え・え・・???死んだはったらターイヘン。なんで???」って言いますと、オウ君、大きな口をポカンとあけて眠るまね・・・も・お・お・・・笑って笑って…でも確かめにはいきましたよ。



 昨日展覧会も終わり、平穏な日々にもどりました。最近は平安時代の文学に児童書でアプローチ。適当にむつかしくおもしろく、不眠症も治ってきました。


Dscn4933

Dscn4932

|

« 京都水彩展  京都市立美術館別館 | トップページ | 蜻蛉日記のヒーローは »

コメント

次男さん、貴女に似ていらっしゃいますね。
優しさ・・・解ります。
仏様のようなお顔、本当に、早々に仏様になられたのですね。
定命ほど生きた命だったと思いましょう。
ちょうど、その長さは、現世での御縁の長さと決まっていたのだ、と。

生徒さん、自然体で良いわあ。。。

投稿: くちかずこ | 2019年3月11日 (月) 20時45分

皆様からやさしいコメントいただきありがとうございました。長らく、ご無沙汰しまして申し訳ありません。

 お花の送り主はわかりました。私のお友達・・・☎番号を知らない同志で・・・プール仲間でした。プールには好きな時間に行って、一人で黙々を歩き、泳いで逃げるように帰ってしまいますので・・・私の展覧会に向けてのお祝いのお花でした。だから…今、お花は仏壇の前から玄関に移動しています。皆様から優しいコメントいっぱいいただきながら、どうも最近、パソコンから離れがちです。近代文明から遠ざかってるんですねえ。すみません。


kazuyoo様  先週の火曜日一日だけはすばらしいお天気。でも、又、グズグズと春は小出しにやってきますね。いろんな草や木の芽がぐんぐん伸びてきました。早く早く!!!と応援しています。

すみとも様  古典は…きちんと読もうとしなかったら睡眠導入の効果はありますね。面白すぎても困ります。目がランランするようなのは・・・ね。3月15日すぎにはプールの川柳が発表されそう。一位・・5000円ですってサ。結果もわからないのに、「一等だったらごちそうしたげる」なんて何人かに約束しちゃいました。どうしよう???


玉井人ひろた様・・・気になって眠れない???ですって???えらく…気が小さいんですね。私はうれしいばっかりですよ。


山桜様  今、私の教室に来てくれてる子供はほとんどが、その親も教室に来てくれてた子供たちですよ。だから・・・もう・・・孫!!かわいいですよお。でも、エネルギーの塊で、ばあさんにはちょっと、ム・リ。助手さんも来てくれてます。

おばさん様  優しいお言葉うれしいです。お返事遅くなって申し訳ありません。周囲の方が本当に皆さん優しくてうれしいです。

投稿: 山口ももり | 2019年3月11日 (月) 15時03分

ももり様の知らないところで
きっとご子息にお世話になった方が
届けてくださったのでしょう。
その方の心にもずっと生き続けて
いるのでしょうね。
とても心温まるブログに私は感動です。
子どもたちとの会話も温かさと
深いつながりのある子弟関係が
伝わりました。

投稿: おばさん | 2019年3月 6日 (水) 20時40分

心が温まる様な優しい色合い、ももりさんを元気づけたいお気持ちが溢れ出ていますね。

息子さんのこんなにも優しい笑顔は、ももりさんが沢山の愛を注いで育てられた証しと思います。 短くても中身の濃いお幸せな人生だったに違いありません。

ももりさんの周りに集まる大人も子供もみ~んな、ももりさんがだ~い好きなこと、会話からもよ~く分かります。

投稿: 山桜 | 2019年3月 6日 (水) 19時45分

とてもうれしいでしょうが、わたしなら気になって眠れない毎日が続きそうです

投稿: 玉井人ひろた | 2019年3月 5日 (火) 18時29分

ブログ開いたとたんに 優しい色の花束が目に飛び込んできました~ 天国からの贈り物!ですね^^
 ご次男さんも優しいお顔のお写真ですね~ 
あちらから お父様お母様のご様子を 笑顔で覗いていらっしゃいますね~

子供さん達の 質問・・・笑えますね^^ 私も同じような経験があります。 思い出してしまいました^^

キャハ!”不眠症 退治に古典を 抱いて寝る” (^_-)-☆

投稿: すみとも | 2019年3月 4日 (月) 19時30分

豪華で可愛い花たちです。ご次男様が、何方かの力を借りてお届けくださったのでしょうね、きっと。その方のお名前が分かりますように。
若い方が逝ってしまわれるのは、ほんとに悲しいです。
大事なお子さんですもの。
ふりん、うふふふふ。何ておませなお嬢ちゃん。そして次のこの会話も。意表をついて笑うよりないですね。
ももり先生が大好きだから、先生の周りの方に興味でしょう。可愛い子たちです。

投稿: kazuyoo60 | 2019年3月 4日 (月) 09時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天国からの贈り物:

« 京都水彩展  京都市立美術館別館 | トップページ | 蜻蛉日記のヒーローは »