« 勧修寺(かじゅうじ)の姫君のおはなし | トップページ | 最後のきらめき »

2018年12月 3日 (月)

奈良 般若寺

 次の日(11/29日)は奈良般若寺へ。実は、一度円城寺へ行ってみようと奈良駅まででてきました。ところがおっそろしくバスの便が悪い。もう出てしまった後で、1時間後のバスにのったら???帰りが・・・ということで「じゃあ、般若寺へ」   

 般若寺は大好き。奈良坂をこえて、平城山をこえて・・・という表現は万葉集によくみかけますが、奈良に住む友人たちに聞いても「平城山???そんなん知らんでえ」って言う返事。ここ般若寺の前の道が古の奈良の都と京の都をつなぐ奈良街道でした。


 ここに陣取った平家の若き御曹司、平重衡が南都へ攻め寄せたのは12月29日。真っ暗な夜の般若野に陣をおきます。当時、茅屋に日をつけるのは闘いの定石、ということで、付近の草屋に放火。折りからの冬風にあっというまに東大寺、興福寺、大安寺など、南都をほぼ焼きつくしました。バス停からは般若野が一望に…・歴史の中に身をおいてうっとり。


 やがて平家が衰え、重衡は南都焼き討ちの罪で鎌倉へおくられ、都への帰途、山科で処刑されます。天皇、貴族いならぶ前で「青海波」を踊って当時トップをうたわれた美貌の公達、トップスター。清盛の栄耀栄華のなか、蝶よ花よと育てられ、名目上の将軍として南都焼き討ちの罪を一身にかぶった公達あわれ・・・
この春、重衡の処刑地が公園になっているのを探しに歩きましたっけ。


Dscn4873


Dscn4872


 何年か前、一人でフラーリ。そのときは片隅の小さなお堂で200円の入園料を取って寺宝を公開していました。13重の塔の5段目から出土した小さな胎内仏とさらにその胎内からでてきたアクセサリーみたいな小さな仏様だったか???2体。が展示されていてお客は私一人。お坊様がいろいろお話しを聞かせてくれました。天智天皇の息子にはほとんど弟の天武の娘が嫁入り。へ・え・え・・・反対に天武の息子たちには天智の娘が嫁入り・・・へ・え・・え・???そんなこと???「血を守るためです」って。


 後日、TVで、そのお坊様が偉いお方としりました。あの2時間ほどの夢みたいな時間は???般若寺のまぼろしか???門番のお方に聞きますと、老僧は30年ほども前に亡くなられてますとのこと???あのお方は一体???


 私が日本史に近づいたのは、大腸がん以後。相棒も介護が必要になって海外旅行どころか国内旅行も行けなくなってからです。古事記から始まって、目からうろこ・・・へ・絵・絵…なあんて面白い!!!飛鳥、奈良・・・白鳳、天平の仏様たち・・・今は、平安から鎌倉あたりをうろうろ。ちっとも急ぐこともないし、好きで周辺をさまよってるだけ。


Dscn4871


般若寺は一年を通じてお花が咲いているお寺ですが、コスモスももう終わり、さすがに・・荒涼…これがまた好きなのよねえ。大体…は・は・は…「すさび」ってのがいいじゃないの。



|

« 勧修寺(かじゅうじ)の姫君のおはなし | トップページ | 最後のきらめき »

コメント

kazuyoo様  駅に出ると大量のパンフレットがおいてあるでしょう???きれいな豪華なパンフレットが無料です。それをぼんやり眺めながら眠るのが今の私の幸せです。またまた…奈良へ…行きますよお。


くちかずこ様  相棒が穏やかにしてくれているので本当に助かっています。姑は本当にターイヘンだったので、息子も??と心配していたのですが、今のところはいい子してますよ。かわいいです。


花子様   浄瑠璃寺へアッシー君???なんと ナ・ナ・なんと素晴らしい!!!浄瑠璃寺も蟹満寺や・・・あの周辺はとても行きにくいですね。でも、実に素晴らしい仏様がいらっしゃいます。またお会いしたいですねえ。


ちゃぐまま様   お久しぶりです。今は自然がすばらしいのでお出かけしてはアップしますが、間もなく厳冬・・ともなれば、またまた引きこもりです。本ばっかり読んですごすことになります。そうそう、プール6とね。記事のネタがなくなりますね。


山桜様  鎌倉も・・・武蔵野も・・多摩丘陵も・・・もう足が達者じゃなくなってハイキングは無理ですね。でも行きたいです。

投稿: 山口ももり | 2018年12月10日 (月) 11時23分

今日までは暖か明日からは冬将軍が南下のお出ましだそうですね。 歴史を訪ねての旅・・・お近くに有ってありがたや~ですね。 
細切れの時間集めての歴史探訪・・・まだまだ出来ますね。
 
 殿の帰宅時間にセーフかアウトか・・・このスリルも楽しいかも~ww ”何もかもゲームに替えて喜寿の知恵”

投稿: すみとも | 2018年12月 7日 (金) 09時11分

30年前に亡くなられた老師にお目にかかったのでしょうか??
歴史を訪ねて歩いていると、そんなことにも遭遇して面白いです。
鎌倉へおいでになる時は、ご案内いたしますよ♪

投稿: 山桜 | 2018年12月 6日 (木) 09時32分

「闘病記」から無事抜け出して、カラフルなスケッチのブログが冴えます。古寺と紅葉を想像しながら一緒に旅している感じです。
本を実地で確かめる旅、それもバスで!一番羨ましい旅の仕方です。私の夢見た旅。せいぜいこちらで一緒に楽しませて下さいね。
学生時代に奈良を拠点に10日ほどグループで回りました。それがあるだけでもいいのかな・・・。

投稿: ちゃぐまま | 2018年12月 6日 (木) 07時47分

新薬師寺 唐招提寺 櫟野寺 般若寺、追っかけをしています、でも京都は一足遠いのです。浄瑠璃寺へ吉祥天に、お会いに来られるときは、是非アッシーくんに!擽野寺方面以前よく通っていた道なのに初めて観音様にお会いしました。

投稿: 花子 | 2018年12月 6日 (木) 03時57分

日本史に興味を持たれたら、ささっとお出掛けでそれを楽しめる醍醐味。
良い所に住まわれていますね。
その時その時、良い生き方をされているんだと感じますよ。

投稿: くちかずこ | 2018年12月 5日 (水) 20時28分

あらま~、平城山は知っていますよ。と言っても単独峰ではなくて東西に延びた丘陵地帯です。あのあたりです。(笑い)。
大仏殿、紅葉に包まれています。
血を守るため---、遺伝疾患を知っていればですよね。エジプトのファラオたちもでしょう。
秋桜の後は、大量の花はもう無かったのですね。シーズンに合わせて植えられてるでしょうから。

投稿: kazuyoo60 | 2018年12月 3日 (月) 14時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101420/67438157

この記事へのトラックバック一覧です: 奈良 般若寺:

« 勧修寺(かじゅうじ)の姫君のおはなし | トップページ | 最後のきらめき »