« 「十五の夏」 佐藤優 読みました | トップページ | 良い年でありますように »

2018年12月23日 (日)

奈良へ 法華寺と海龍王寺

 これは覚書で11月30日のこと・・・またまた奈良へ。
龍田大社へ行きたいなあ・・・と思って家をでました。・・・百人一首・・「龍田の川のもみじなりけり」・・・・ってあまりに有名でしょ。でも・・・やっぱり、電車の中でかんがえますに、帰宅時間に無理がありそうで、急きょ心がわり。西大寺でレンタサイクルをゲットして、法華寺と海龍王寺へ。




Dscn4866

 法華寺は、聖武天皇、光明皇后が幼い日をすごしたやしき跡です。 海龍王寺はすぐ近く。この周辺、実におもしろいお話がいっぱいあります。聖武天皇没し、光明皇后との子、孝謙女帝が天皇に在位。しかし、実権は藤原仲麻呂がぎっちりにぎって、女帝はお飾り人形。仲麻呂の言うままになっていました。がしかし…病気で寝込んだ女帝の介護をした道鏡…献身的な治療によって回復しましたが、道鏡にすっかり首ったけになってしまい、勝気でわがままいっぱいの女性に目覚めてしまいました。もちろん仲麻呂はおもしろくありません。


 称徳女帝はお気に入りの道鏡をなんとかして位のトップにつけたがっていましたが、旧来の摂関家、藤原一族はこぞって大反対。仲麻呂の下心にやっと気づいた自分の愚かしさよ!!と思ったかどうかは知りませんが、道鏡への愛に目覚めた40才過ぎての初恋は燃え上がります。仲麻呂はクーデター。ここは旧臣たちのおかげで乗り越え、仲麻呂は琵琶湖畔で死にました。
そんなとき・・・766年(天平神護2年)、平城京の北東にあり「隅寺」とよばれてた海龍王寺から仏舎利がでた!!!毘沙門天のお像の中から仏様の骨がでた!!!というんです。出現したありがたい仏舎利とは???誰が仕組んだ????おおげさな儀式をもよおし、即日、道鏡を法王に任じました。



 聖武天皇と光明子の一人娘、孝謙女帝・・・もっとも、弟、安積親王は生後1歳くらいで死。その死に悲しみにおぼれ、長屋王を呪詛と言いがかりをつけ無実の罪で攻め、長屋王一族は自死。そのあとすぐ光明子が聖武天皇の妃になりました・・しくまれたドラマ以上の面白さ・・・面白がってるなんて不遜かもしれませんが・・・歴史は勝者によって書かれるとして、現在では様々な憶測がうまれ、今では、いろんな作家が好き放題を主張しています。読み比べていくと、結局その裏の作家の人間観が見えてくる…それがまた魅力なんですよねえ


 
Dscn4867

 法華寺には光明皇后を写したという等身大の観音様がいらっしゃるのですが、やっぱり会えず…また来春に…なんて・・ね。

 

|

« 「十五の夏」 佐藤優 読みました | トップページ | 良い年でありますように »

コメント

奈良・・・
未踏の地ですが、生きている間に行けるかしら?
どうもね、縁が無いみたい。
計画しても、何故か頓挫します。

共産圏、沢山訪問されていたんですねえ。
娘が大学時代、二度だったか?
東欧に数週間ずつ。
これも、放浪旅だったみたいです。
はい、娘は、怖い物知らずな冒険家ですから。

あれこれ写真でだけ見ましたが、ほう。。。
こんなに素敵な所だったんだなあと思いましたよ。

ももりさん、お美しいわ!

投稿: くちかずこ | 2018年12月25日 (火) 09時03分

いいですね、自転車に乗れたらどれだけ行動範囲が広がる
ことかと思いますが、深層に育ったもので(嘘^^;)未だに
公道を走る勇気がありません。(乗るだけならなんとか・・・)
二本の足だけが頼りなので大事にせねばと、左手を傷めて
改めて痛感しました。

この辺りの頃のお話、ドラマチックで想像が膨らみ、作者心を
刺激するのでしょうね。 茨城県の御前山城址には、隠遁された
孝謙天皇と道教がひっそり暮らしていたという伝説があります。
義経伝説同様の眉唾ものですが、こんな所にまでそんな話が
伝わる程、人々の耳目を集めていたロマンスなのでしょうね。

投稿: 山桜 | 2018年12月24日 (月) 13時30分

レンタサイクル、なるほどです。私よりも奈良の道にお詳しいかな、そんな気がしますよ。勿論両方の寺には行ったことがありますが。
権力争いは肉親もです。中国や朝鮮のトップ争いも日本のその時代も何ら変わらないと思います。
http://meguru.nara-kankou.or.jp/inori/hihou/hokkeji/event/0000000004/
ふくよかさが美女の条件だった時代ですね。3/20ごろから、来年もでしょう。

投稿: kazuyoo60 | 2018年12月23日 (日) 13時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奈良へ 法華寺と海龍王寺:

« 「十五の夏」 佐藤優 読みました | トップページ | 良い年でありますように »