« 地震・・・・今のところ無事です | トップページ | 茅の輪くぐり »

2018年6月25日 (月)

「血脈」の御陵めぐり

 このところ、人様にはわかってもらえないような行動ばかり。
 そ・れ・・がぁ・・、天皇方の血脈・・・を追って御陵めぐり。というか御陵さがし。 「平家物語」の主人公…清盛よりよっぽど面白い天皇の方々??面白いっていっては不敬罪???かもしれないけど・・・天皇方々すごくヘンテコリン・・というにはあまりにもおかしく悲しい。幼いころから女官たち、女ばかりに囲まれて育ちます。女たちは一門の勢力安定や地位獲得のためにさしだされているんですから、よりどりみどり。やりたい放題!!!



 今読んでいます「宮尾本 平家物語」は、平安末期の天皇家の血脈を興味深くくわしく描いています。それが・・・・・佐藤愛子さんの「血脈」よりもはるかに、はるかに・・・人間的というか???動物的というか???退嬰的というか???小説よりもはるかに奇!!



Dscn4766




 後白河天皇は29才で即位。たった3年で、16才の第一皇子二条天皇に位を譲り、上皇となります。この方、7年在位して23才で死。あとを継いだのが六条天皇、2才・・・満年齢では7か月???六条天皇も後白河の第二皇子です。六条は、たった3年在位。5才(満年齢では??才)で譲位し、継いだのが高倉天皇8才。高倉天皇11才、18才の平徳子・・・・おそばには手あたり次第にものになる女房どもにかこまれて、なかなかお子ができません。8後にやっと生まれた第一皇子が安徳天皇。




 周りの大人どもの都合で好き放題される幼帝もあわれですが、この後白河というお方の生きておわす間に、「保元の乱」「平時の乱」「鹿が谷の陰謀」「以仁王の反乱」「源平の戦い」とひどい殺し合いが続き、結局、平家は義経に壇ノ浦で亡ぼされ、義経は兄、頼朝に亡ぼされ・・・・
 1192年(いい国つくろう鎌倉時代」後白河が死んで、鎌倉時代に入ります。




 梅雨の晴れ間に「二条天皇陵」をさがしにババチャリででかけました。
何気なく地図をながめていたら「二条天皇陵」というマークが・・・・これは・・・行かなくっちゃ。西大路通りをひたすら上り、平野神社から北西西あたり????


 近くを歩いていますお人に聞きますと・・・「確かに近くに、なんやあったねえ」という返事。二条天皇というお方、人には知られていないようですが、平家物語では非常に興味深いお方です。
 その1・・・先帝の后、(多子)まさるこ)をどうしても・・・と聞かずに、自分の后にしてしまった。すでに皇后はいましたのに。
 その2・・・父親、後白河は自分が好き放題をしたくてたった3年で譲位したものの、息子二条天皇は独自の政治路線を打ち出し、父子の仲は険悪に。「三十三間堂」(蓮華王院)の建立祝いに、頑として出席しなかったとか。
「三十三間堂」は、平清盛が後白河のために建てたお寺です。


 
 目指すあたり???大きな塀に囲まれた木立がありますが、住宅に囲まれて入口がわかりません。ババチャリでよかった!!!歩いては、ももりの足ではも・お・お・・・確かに二条天皇陵がありました。
 

 

 

先日行きました「清閑寺」 門のすぐ横が高倉天皇陵と六条天皇陵。



 高倉天皇もすごい。21才でなくなられますが、すでにお子が7人。高倉天皇と清盛の娘徳子の間に生まれたのが第一皇子で安徳天皇ですが、安徳天皇が壇ノ浦でおばあ様に抱かれて、海へ身を投げたあと残された皇子は3人。後白河が、御前に呼び出して会います。「おいで」と言われて、逃げたのはバツ。チョコンと膝に乗ったのを次の天皇にした・・それが後鳥羽天皇ですって・・・・宮尾本「平家物語」にはあります。




 これで、白川、鳥羽、二条、六条、高倉天皇、後白河天皇陵にはお参りができました。おそばには愛された女性方、待賢門院や上西門院の御陵もあります。清閑寺には高倉天皇に愛されて宮廷を追われた小督の局のお墓もあって、今は静かに仲良く眠ってらっしゃいます。

|

« 地震・・・・今のところ無事です | トップページ | 茅の輪くぐり »

コメント

御陵探し・・・楽しんでいらっしゃいますね^^
天皇方の血脈 人間的というか???動物的というか???退嬰的というか???小説よりもはるかに奇!! でしょうね!
皇統万世一系 とはなんのこっちゃ~なのでしょうかww
昔はおおらかで本能的だったのでしょう^^
御陵の辺りは ひんやりとしたパワースポットって感じですか
ママチャリの範囲に御陵ひしめけり~ってのも凄い!! 
今日も暑そうです めげずに頑張りましょうね(^_-)-☆

投稿: すみとも | 2018年6月29日 (金) 09時33分

>確かに二条天皇陵がありました
お参りの方というか、お訪ねになった方はお一人だったのでしょうね。権力者が事故の都合で幼帝を立てたり廃したり、好き放題だったような。
仲良くあちらで花のですね。せめてもの救いです。

投稿: kazuyoo60 | 2018年6月25日 (月) 10時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101420/66856712

この記事へのトラックバック一覧です: 「血脈」の御陵めぐり:

« 地震・・・・今のところ無事です | トップページ | 茅の輪くぐり »