« 応仁の乱ここから始まる  上御霊神社 | トップページ | おっかけ 古都の祭り »

2018年4月25日 (水)

きらら坂

 きらら坂…京都から滋賀への古道です。この素敵な名前は平家物語によく登場します。   

 きらら坂へやってきました。東山のふもと、詩仙堂、曼殊院の近くです。そもそも降りたバス停は一乗寺下り松・・・・吉川英治描く「宮本武蔵」吉岡一門との決闘の場???じゃなかったっけ???

 下はきらら漬けで知られるお店、僧兵が一服したお店ですって。お店の中はおもしろいものが雑然とならんでいます。僧兵のみの傘、お公家さんのみの傘・・・へ・え・え・・・




Dscn4700

 
 比叡山は最澄が開いた天台宗の本山です。あらがいがたい自然や戦争にうちひしがれた人間どもが、仏にすがろうとしたのでしょうか。しかし・・・平安時代…平家物語のころ、力を持った比叡山には無法な法師ばらが棲みつき、神輿をかかげてしばしば都へ無法な強訴をしたといいます。白川天皇も「思いどおりにならないものは、一にさいの目、二に加茂の水、三に僧兵」と言ったといいます。一度、そのきらら坂を歩いてみましょう。
 


 お天気はバッチリ。お漬物も買ってスケッチをさせてもらいました。このお漬物が…ホント、おいしかったのよお。後ろはくだんのみの傘

Dscn4701_2


Dscn4696_2



Dscn4699_2


Dscn4698

そこから金福寺へ。ここは初めてです。それがぁあ・・・よかったのよお!!

Dscn4702_2


Dscn4703_2




 与謝野蕪村が芭蕉をしたって建てたという芭蕉庵 。現代の俳人たちもここに集まって句会などがやっているとか。 俳句かぁあ・・・いいなあ!!!

|

« 応仁の乱ここから始まる  上御霊神社 | トップページ | おっかけ 古都の祭り »

コメント

ちゃぐママ様  お久しぶりです。あなた様のブログも時々拝見しています。スリムな体形もうらやましく拝読しました。書き込みはできないみたいですね。最近は元気で走り回っています。身近なところばかりですがやっぱり地元、京都はポピュラーな歴史が面白いです。

投稿: 山口ももり | 2018年5月 7日 (月) 08時37分

尽きることない「ももりさんの京都観光カイドブック」、スケッチ入りで貴重です!
一乗寺の文字は私の中ではいつも、もの悲しい小説の一場面が多いです。
きらら坂はやっぱり平仮名が美しいです。雲母坂よりも。
漬け物だと美味しいならいいですね(*^o^*)

投稿: ちゃぐまま | 2018年5月 6日 (日) 07時46分

kazuyoo60様   奈良の興福寺や東大寺も相当激しかったようです。平重衡の南都焼き討ちも奈良の寺とのもめごとが常態化していたそうです。清盛は比叡山とはかばり良好な関係だったようです。奈良!!なら!!!行きたいなあ!!!秀衡は奈良坂の般若寺に陣を敷いたそうですよ。

すみとも様  俳句・・いいもんですねえ。あまり深入りはできませんでしたけど、まああ…興味は持ってきました。もう一度生まれなおさなければ???川柳はおもしろそうですけど・・・悲しいときにかえって575で気持ちを
あらわしたりしたのが不思議です。


あきみず様  ほんとなら河内を探訪したいなあ!!!でも・・・今は京都です。相棒のこともありますけど、足が弱ってきています。ママチャリなら平気なんですよ。昨日も上賀茂神社のくらべ馬行事を見てきました。面白かったですよお。


山桜様   きららつけは小ナスのかす漬けです。おいしいですよお。また、あのあたりへ行ったら買っておおくりしましょう。   そのうちに・・・?ね。


浜辺の月様   九州の歴史もすごく面白いですね。一度ゆっくり回ってみたいです。でも、最近は足が…弱くなってねえ・・・ト・ホ・ホ


くちかずこ様   あなたのように何でもすいすいできる方は本当にうらやましいです。特に食べること・・・えらいなあ!!!いつもページを拝見して、食べてみたいなあと思っています。


おばさん様   とてもいい季節。日焼けだけが悩みです。昨日も上賀茂神社へ。カンカン照りの中…3時間ほど???も・お・お・・すっごく焼けました。比べ馬の神事をみてきましたよ。とても面白かったのでまたアップします。

投稿: 山口ももり | 2018年5月 2日 (水) 09時21分

この季節はお出かけが楽しい時ね
ご自身の脚で歩かれスケッチを楽しみ
ももり様
風流だわ
俳句 
人様の詠んだ詩を観たり聴いたりがね

投稿: おばさん | 2018年4月29日 (日) 21時27分

楽しまれましたね。
スケッチも、楽しまれた感が出ています。
貴女の文章を読んで、そう言えば・・・と思ったり。
漬け物も美味しくて、何よりでした。

投稿: くちかずこ | 2018年4月28日 (土) 08時59分

こんにちは、ももりさん。
きらら坂いい所ですね。
漢字で書いたら読めないですね、難しいです。
金福寺も芭蕉庵もとても素敵ですね。
静かなところのイメージが湧きます。

投稿: 浜辺の月 | 2018年4月26日 (木) 13時57分

金福寺、芭蕉庵、何ともいい風情ですね~

しば漬け、花胡瓜は何となくわかりますが、
雲母漬とはどんなお漬物なのでしょう。
ご飯が進むのでしょうね^^ それともお酒でしょうか?

投稿: 山桜 | 2018年4月25日 (水) 19時39分

京都もよく行ったと思ってましたが、名所ばかりだった
かもしれません この前のブラタモリの銀閣寺も見る
視点を変えると違ったものが、見えてくると
思わせる内容でした。

投稿: あきみず | 2018年4月25日 (水) 17時00分

風薫る候・・・お出掛けには良い季節になりましたね^^
精力的に歩いていらっしゃいますね スケッチ楽しみしています。

きらら坂に 老舗の御漬物屋さんがあるのですね!も実の傘も下がってて良い佇まいのお店ですね。 雲母漬け美味しいのでしょうね^^ この頃 お漬物も食めぬ亭主に遠慮がち!で 食卓に上がらなくなっていますww

金福寺と芭蕉庵も 良いですね~~ 

投稿: すみとも | 2018年4月25日 (水) 16時17分

一乗寺下り松、場所は定かではなくても名前は見聞きのうちです。
三に僧兵ですね。数と武力を頼みにした、力があれば使いたいのが人でしょうから。
和歌や俳句もなさるのですか。趣味はお広いとは思っていますが。

投稿: kazuyoo60 | 2018年4月25日 (水) 10時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101420/66639570

この記事へのトラックバック一覧です: きらら坂:

« 応仁の乱ここから始まる  上御霊神社 | トップページ | おっかけ 古都の祭り »