« 夢のあとさき | トップページ | 応仁の乱ここから始まる  上御霊神社 »

2018年4月13日 (金)

夢のまた夢

 脳溢血の病後というものは、案外おだやかなもんやなあ・・・と思うこのごろです。相棒の右半身マヒの後遺症は改善しませんが、不自由ななりに安定しておだやかに過ごしてくれています。あんなに頑張って働いた人ですもの、残された日々を穏やかに過ごしてほしいと思います。このフラチな介護人は今では遠慮なく病人に留守をさせて、こまめに出歩きます。春はやっぱり出歩きたい。
 
 
 先日、丹波高原の大野町を訪れました。大野ダムの桜は有名です。今年の桜は早すぎたけど、八重桜や、山桜、まだレンギョウ、つつじ…農家のお庭も花いっぱい!!!うれしいなあ!!!



Dscn4693

 大野ダムは由良川を大きくせき止め地域を守っています。山陰線、園部より西はまだ単線です。由良川は日本海へそそぐ川ですが、その激しさにおどろきます。切り立った崖にへばりついたように走る汽車は大きく深く切れ込んだ谷底をのぞきながら、鉄橋を渡り、平地をすぎます。以前、宮津でバスが台風の洪水に立ち往生して、乗客はバスの屋根で一晩をあかし救助されたということもありました。その時、せい一杯水をせき止めて頑張ったのがこの大野ダムなんだそうです。


 大野小学校は父が校長として赴任した土地です。柔らかな山並みにつつまれた草深い大野はどこか母の胎内に守られてあるような安心感につつまれています。大野ダムの建設や土地の文化を守ってこられた「府立京北ゼミナールハウス」の所長さんであられる東氏が車で案内してくださり、この地の深い文化の解説を独り占めするもったいない時間を楽しみました。



 小学校跡では校長室に案内され・・・・お・お・お…!!!父がいました。三段に並べられた歴代の校長先生の一番上の左端・・・古い歴史をもつ大きな小学校でした。若い!!!父でした。




Dscn4694

 ダムの底に沈んだという滝神社の観音堂。大きな滝の横にあったお宮さんを移転したそうで、今でもダムの水の少ないとき は滝が現れるといいます。大きな古民家、池田家も見ました。この土地に営々と生きた人々がしのばれます。それにしても、なんと美しい。穏やかで甘い自然。花々に包まれて起伏する静かな山並み。日本古来の田舎のよさを堪能する夢のような一日でした。とち餅、納豆餅、おかき、蕗の佃煮やらいっぱい買ったお土産もおいしかったのよお!!


 

 又、その前の日は比叡山。今回は大津、坂本からケーブルカーにのって。根本中堂は修理中。下はケーブルカーの駅で、文化財ですって。かわいいなあ!!!



Dscn4691 

 
 今年の桜はアッというまに行ってしまったって感じです。でも、遅咲きの八重桜やら、つつじやら、シャクナゲ…レンギョウ、シャガ・・・春の野山は花で一杯です。




Dscn4692


 

 今日は、又、長講堂へ行ってきました。




Dscn4695 

 4月13日は後白河法皇の命日で、この日だけ拝観できるという後白河法皇のお像があるのですが、残念ながら、法要は午後2時からということで、ももりがママチャリで訪れたのは午前。お布施だけさせていただいてお庭を拝観。お釈迦様に、甘茶をかけさせてもらってスケッチを一枚だけしました。又、来年を楽しみにいたしましょう。



 

|

« 夢のあとさき | トップページ | 応仁の乱ここから始まる  上御霊神社 »

コメント

近くの公園を散歩していると、微かに顔にあたる風が快い季節になりました、
新緑の木々の下を、微かに初夏の薫りのする、風にあたり散策は気持ちが良いですね、、、、。
学校を訪ね、、、、。
若き日の校長先生の、お父様にお会いしましたか、、、。「久し振りに昔話に花が咲き、、、、。?」ですね。
京都が大好き人間としては、、、。
ももりさんのブログを、何時も楽しみに拝見させてもらっています。、

投稿: umebati2492 | 2018年4月19日 (木) 16時50分

山に登るとき下りて来た時、美しい穏やかな日本の里山の風景に包まれてウットリします。 こういう田舎に魚釣りをする父に連れられて来てよく遊んだものです。

去年の春に主人を見送り、またこの春に父を送ることになりそうです。 今、父は穏やかな微睡の中に居て、話しかけると頷き、手を握ると握り返してくれます。 もっともっと沢山お話ししておきたかったけれど、今は返事はもらえなくとも思い残すことなく語りかけて過ごしています。 男の人って春に逝きたがるんでしょうか・・・。

投稿: 山桜 | 2018年4月16日 (月) 17時25分

大野ダムは美山のかやぶきの里を訪れた後に
行きました。桜には少し早かったですが、ゆっくり
散策しました。校長室に歴代の写真が、飾ってある
のを 見られた時は 感動でした?

投稿: あきみず | 2018年4月14日 (土) 19時30分

「納豆餅」は、こちらでいう‘柔らかい餅に納豆をからませたもの’(私の大好物)とは、たぶん違うんでしょうね。

投稿: 玉井人ひろた | 2018年4月14日 (土) 17時27分

大野という所を全く知らない私ですが、ももり様のスケッチと文を通して、今すぐにでも行ってみたい!! そう感じています。水害で一夜をバスの上で過ごした<<<あの時のニュースは今も覚えています。あの時、リーダー的な働きをされた看護師さんが数ヶ月前にラジオで話していたのも偶然に聴きましたよ。
若いお父様に出合えたことも嬉しかったですね!

投稿: tomoko | 2018年4月14日 (土) 10時10分

若いお父様と会われましたか。懐かしい小学校、そして周りの景色ですね。
ダム湖の中に滝、何が有っても不思議でないとしても、そんな地形だったのですね。
甘茶をですね。お像の拝観は残念でしたが、お元気であちらもこちらも行かれて嬉しいです。

投稿: kazuyoo60 | 2018年4月14日 (土) 06時51分

ご主人様に対する気持ちは全く同感です
お父様を忍び当時を顧みた素晴らしい時間でしたね

大きな古民家、池田家も<<<<
ももり様
表現が上手に出来ない私が言いたかったことです
解ってくださる方がいることが嬉しいです

投稿: おばさん | 2018年4月13日 (金) 21時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101420/66605503

この記事へのトラックバック一覧です: 夢のまた夢:

« 夢のあとさき | トップページ | 応仁の乱ここから始まる  上御霊神社 »