« 春を訪ねて・・・醍醐寺 | トップページ | 今日から 「京都水彩展」 »

2018年3月19日 (月)

喜びの時  「文部科学大臣賞」

Dscn4669




Dscn4677


Dscn4618




 このたび、「京都水彩展」にて文部科学大臣賞をいただきました.。「あてどない旅」です。なんてうれしいことでしょう。


 公募展に参加するようになって、はや20ン年たちました。好きなように描いていますが、公募展出品作は、抽象です。「わからない・・・」って言われ続けてきました。



 タイトルに思いを込めて…まずは「宇宙たち」いいタイトルでしょう???よすぎます。
宇宙の律動から小さな細胞まで‥すべては宇宙たち…これはタイトル負けですねえ。


 次は「ソドムの街」おごり高ぶった人間が神の領域にまで踏み込む・・・そらおそろしい現代文明・・・はははは…これもダメ。「これはどこの国の街???」とか聞かれて「旧約聖書の・・・」なんて説明し始めましたら「キミねえ。そんな原稿用紙2~3枚も説明のいるようなのはダメだ。絵描きなんて、そんな頭ないんだから」ですってサ。ひどいのよねえ。



 次は「生きる」・・・旅をして出会うまずしい子供たち、わかい母親と赤ん坊・・・生きるためには、かんかん照りの中だってひねもす、広げた敷物の上に貧しいものを並べて売っている。生きるためには、かっぱらいだって、売春だってなんでもやる・・・そんな激しい力を描きたかったのですが・・・「ユニセフの写真みたい・・・」ケチョン・・・クックーン



今回は「あてどない旅」…死んだ息子をさがして・・・よろよろと・・・わかってくれたんかなあ

 



 この4年ほどの間に、大きな悲しみが続きました。4年前、自分の大腸癌。ついで相棒の病気。更に1年後に次男をなくしました。


 そんな状況の下でしたが、展覧会の期日が迫るたびに、なんとか描こうと画面に向かうのですが、私の絵は、写実でも風景画でもありません。まあ、言えば、心象風景みたいなものを描いてきましたので、心の状態がモロに画面にでて、現れてくる画面は何ともいやらしく、暗く、不気味…到底、描き続けられるシロモノでなく、結局、以前の描きさしを仕上げて出品だけは続けていました。




 私は手が早い方です。そしてタッチも荒い方が好き。タッチは息使い。キチキチ描く込むより、息使いが聞こえるようなのが好き。というわけで、絵を作るのは早いです。描きかけたら次々とわいてくる次の絵のイメージを残しておこうとするものですから、一枚の絵を描いているうちに3枚くらいは描きさしができます。つまり未完成の絵はたくさんあるわけで、その中から、何とか仕上げたもので出品をつづけていました。




 何というか・・・・人にはわかってもらえない世界・・・茫洋とした空間、奥行き、広がりを描きたい。でも…その中にポイントととして何かを描き込む…レモンとか???小さいものはダメ。せっかくの空間が狭くなってしまいます。ふと…うかんだのが、死んだ子をさがして・・トボトボ・・・・



 旅は続きそう・・・描きさしならいっぱいあるんですから???




 

|

« 春を訪ねて・・・醍醐寺 | トップページ | 今日から 「京都水彩展」 »

コメント

Hi!

You can get $ 16 on your PayPal right now. Nothing complicated.
Just look at the money you have in a minute.
This is a new offer from Bitcoin =) This page

Free Bitcoin.Mining Bitcoin.Bitcoin news.
#DffsrvvXXXczRR

投稿: Justinwraxy | 2018年4月16日 (月) 10時26分

Hello. And Bye.

投稿: MatthewWit | 2018年4月14日 (土) 05時24分

ちゃぐまま様   ずーっと前から絵にコメントをいただいていましたね。ありがとうございます。展覧会用の絵というのはどうしてもヒトクセあるものになります。理屈っぽい絵って言われてきました。でも…77才でこんなこともおきるのですねえ。うれしいです。もう少し描けそうです。

投稿: 山口ももり | 2018年4月10日 (火) 08時58分

おめでとうございます! こんな嬉しい出来事なのに遅れてしまってごめんなさい! 自分のことのように嬉しいです。
何度も読み返して、ももりさんの制作する姿が見えてきました。
ソドムも生きるもとても印象に残っています。小さく描き入れられた人間に胸がふたがれる思いでした。
今度の対角線の左半分の色使いと奥の白さに希望が見えて、探し物はきっと見つかります!とても感動しています。
一時絵から遠ざかられましたが、再開されたのはこの絵を描くためだったのかなとももりさんの宿命みたいなものを思いました。
「53年」にも乾杯です。別れや大病に血を吐く思いで正面から向き合われたももりさんの生き方を文字と絵を通して深く心に留めています。
本当に素晴らしい春でしたね。

投稿: ちゃぐまま | 2018年4月10日 (火) 06時32分

あきみず様  お会いできなくて本当に申し訳ありませんでした。直接お話をしないとどうしても伝わらないこともあるような気がします。またお会いする檜を心より楽しみにしています。そうそう・・先日、近つあすか博物館いきましたよ。素晴らしいところですねえ。でも…アプローチがながいなあ!!!足が弱っています。


くちかずこ様   表現するってなかなか一筋縄ではいきませんねえ。私の場合・・・どうも現実から離れた本の世界からイメージをふくらませることが多いから、よけい・・・は・・は…力不足です。


umebat2492様   うれしい春でした。桜の追っかけは今年は充分にはできないようですが。賞にはランクがあって文部大臣賞は一番上ですから、二度ともう受賞はないということでしょうね。葉・歯・は…まあ…気楽に描きます。

投稿: 山口ももり | 2018年4月 4日 (水) 08時19分

文部科学大臣賞、おめでとう御座います。
京都水彩展、今回は、拝見する事が出来ませんでしたが、
次の機会に、拝見させていただきたいと、思っています、
綺麗に咲いていた桜も、今は桜吹雪が舞っています、
暫らくすると、新緑の綺麗な季節ですね、、。
花の桜も好きですが、、、。
新緑の桜も好きです、、、。

投稿: umebati2492 | 2018年4月 2日 (月) 17時07分

受賞、おめでとうございます。
あてどない旅。
その言葉だけでも、貴女の心情が・・・
絵に替えることで、心はどうなりましたか?
探せない物を探す心は・・・
人生は四苦八苦、正しく正しく。
その中で、自分らしく、そして、しぶとく、楽しみも見つけて生きていたいですね。
お互い、色々ありましたね。
そうそう、くちこも、押し花絵の作品仕上げる時は、先生が唖然とする早さでした。
緻密さとか、ど根性の細工とか、模造とか、それはね、くちこが表現したいものでは無かったので。

投稿: くちかずこ | 2018年3月28日 (水) 13時31分

遅くなりました。
受賞おめでとうございます。
絵画の奥にある心まで読み切れないのですが
今までの集大成の作品を
丁度桜が、綺麗だと思いますので、寄せてもらいます。
人も多いかな?
お手紙ありがとうございました。

投稿: あきみず | 2018年3月25日 (日) 17時31分

花子様・・・花子様・・・お会いしました???どなたでしょう???うれしいお言葉ありがとうございます。もし、お会いしましたら教えてくださいませね。もし忘れてるのならお許しください

ぼんたぬ様   元気で忙しくしてるんでしょう。東京まで行く馬力はなし。おいしいお肉でも張り込んで???でも・・・自分が動きたくもなし・・・は・は・は…なまくらでしょう???

投稿: 山口ももり | 2018年3月21日 (水) 17時18分

お祝いのお店検索中です。

投稿: ぼんたぬ | 2018年3月21日 (水) 13時18分

kazuyoo60様   うれしいですよお。動きの少ない日常です。ま・あ・あ…相棒は穏やかになってはくれましたが、自分も衰えてきて、明日が今日と同じであることを望んで眠るという生活です。以前は人一倍活発やったのにねえ。

すみとも様   うれしいですねえ。広いところに抜け出した・・・・当たってますねえ。息子のこともまるで他人事のようにお話することすらできるようになりましたから。ホラ、思い出したのが、ヘミングウエイだったか「日はまた昇る」って言う小説がありました。スペイン内戦、町や村は焼き払われ、女たちは凌辱されました。打ちひしがれた民衆の上に…それでも、また、日は昇る・・・・なあんて、ね。ちょっとブリッ子すぎますか???

山桜様   そう・・・自分を表現するっていうことは一番むつかしいですねえ。私は理屈っぽくて、説明がいるような絵はダメって言われてきました。でも、絵=人。景色や人物よりも、感情、考えを表すのは至難ですね。抒情的な奥行きとか哲学的は深さ・・・とか・・・力もないくせに・・・は・は・は・・・

スーちゃん様   そうですか…も・お・お…8年も・・・早いですねえ。貴方は知らないかもしれないけど、いったん審査員になったら賞はもらえないんです。わたしの場合、初出品が佳作で、次の年、日本水彩で三宅賞・・・そんな賞もらったらもういいでしょうとか言われて、5年ほどたっていきなり知事賞。それで審査員になってしまって、それ以来賞はなし。今年から審査員が2部制になったんです。やれやれ。何やかやと一生懸命やってきたのに、何もかも遊びにしてしまったという思いがあったのですが、これで、すこしは結果がでた・・うれしいです。

おばさん様  相棒を介護する生活は、穏やかで静かではありますが、変化の少ない日々です。海外旅行どころか国内旅行すらムリ。おいしい食事でも、ホテルへ???行きたくないっていうんです。3食、枕元にはこんで、片づけて・・・そんな中、パーッとお日様が差し込んだみたいでうれしいです。 

投稿: 山口ももり | 2018年3月21日 (水) 11時23分

文部科学大臣賞 おめでとうございます。
ほんとうにうれしいです!!
ももりさんに、えにしある人たちのお喜びが、
大きく、とても深いことでしょう。
私もうれしい知らせに感謝しております。

投稿: 花子 | 2018年3月21日 (水) 10時22分

おめでとうございます
大きな受賞にご主人様も喜ばれた
事でしょうね
4年の間におきた辛く哀しい出来事
それでも
ももり様は筆をおくことなくいつも
描く続けたその姿こそ賞に値すると
思います
絵画に造詣のない私ですが
嬉しいお知らせに喜びました

投稿: おばさん | 2018年3月20日 (火) 23時49分

先生 文部科学大臣賞おめでとうございます。
先生にお会いし8年。既にとっくに受賞済みしておられると、思っていました。
みる者の心を惹き付ける画。未熟な私でも又私の友人達もいつもしばらく立ち止まり見入ります。
ここ4年余り先生の身辺にあまりにも大きな出来事。
悲しみ苦しみの中でも描いておられる姿を見せて戴き、描き続ける事の意味。大切さを学ばさせて戴いています。
あらためておめでとうございます。有り難うございます。

投稿: スーちゃん | 2018年3月20日 (火) 18時43分

ももりさま、文部科学大臣賞、おめでとうございます!!

やはり、大きな心の動きは作品のエネルギーですね。
それを作品として表現できる才能が羨ましいです。
ほとばしるもの、伝わってくる波動が大きくて
心をつかまれます。

主人の一年目の命日(19日)にこんなに素敵なお知らせ、
とてもとても嬉しくてたまりません!
\(^o^)/ \(^o^)/ \(^o^)/ 万歳三唱です♪

投稿: 山桜 | 2018年3月20日 (火) 14時23分

おめでとうございます^^
嬉しい春になりましたね~
文科大臣賞 凄い! ですね。。 
今、 「あてどない旅」2作・・・並べて見ています。。
な~んか 広い所に抜け出しましたね~
なんて 鑑賞眼も無い癖に 生意気な事を言ってすみません。
   嬉しいです^^
春ですね~  

投稿: すみとも | 2018年3月19日 (月) 15時20分

文部科学大臣賞、おめでとうございます。目利きの方が選ばれた賞です。ホントに嬉しいです。
生きていたら、事故や事件に遭います。良いこと嬉しいことにも出会ってますよね。差し引きゼロ、少しは良いようが多ければと思いながらです。

投稿: kazuyoo60 | 2018年3月19日 (月) 10時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101420/66487825

この記事へのトラックバック一覧です: 喜びの時  「文部科学大臣賞」:

« 春を訪ねて・・・醍醐寺 | トップページ | 今日から 「京都水彩展」 »