« 六波羅いまむかし | トップページ | あの日 京の都では »

2018年1月23日 (火)

「京都水彩展」にむけて

Dscn4618



  日曜日、京都水彩画会の作品研究会・・・・久しぶりに指導をおおせつかりまして、なんだかぐったりくたびれてバスで帰宅。ボーンヤリしていましたら聞いたことがないバス停が続きます。「あ・れ・れ・・・・乗り間違えた」もう一度戻って、乗りなおす気力もなくタクシーで帰宅。



 でも、なんだか描けそう・・・描き始めました。「お・お・お・・・・なあんて色って美しい!!!」久しぶりです。


 展覧会のたびに新しいのを描こうとはするのですが、心象風景を描いているせいか、出てくる絵はなんとも暗く、イヤラしい。病的です。結局、古い描きさしに手を入れて出品だけは続けていました。



 自分の病気が4年前、相棒の病気が1年後、そして次男の死・・・やっぱり打ちひしがれてたのか????おヘソもつむじも曲がっていて、泣き言をいうのは大嫌い、そしらぬふうに装っていたけど…やっぱりこの4年間は絵は描けなかった・・・ら・し・い・・・・


 久しぶりの高揚感!!!さ・あ・あ・・・・・又、描けるようになれるか???
 



|

« 六波羅いまむかし | トップページ | あの日 京の都では »

コメント

今迄の色調も良いですが、新しい色に挑戦なさるのも一興と思います。
我慢して生活なさってると想像しています。芯からの喜びって無くなってる?、父母が逝ってから20年経っても、そんな気持ちなのですよ。

投稿: kazuyoo60 | 2018年1月23日 (火) 16時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101420/66313587

この記事へのトラックバック一覧です: 「京都水彩展」にむけて:

« 六波羅いまむかし | トップページ | あの日 京の都では »