« あけましておめでとうございます | トップページ

2018年1月 4日 (木)

六波羅いまむかし

Dscn4603

 初もうでは六波羅蜜寺へ。初穂をいただいて皇福茶もいただきました。祇園に近いのですが、案外ひっそりとしています。


 六波羅といえば、平清盛のころ、平家一族が豪華な甍を並べていたといいます。そもそも、このあたりは公家や貴族が住む土地ではなかったのです。処刑地に近く、
鳥辺野の墓地の地で、検非違使の平家は、場末の取り締まりにも手近なこの土地を開いたようです。六波羅蜜寺はお正月の今はテントや人波でスケッチはできません。



Dscn4617

ここの宝物館には、清盛の姿を映した像があります。口から「南無阿弥陀仏」と唱えていらっしゃる空也上人のお姿もあります。



Dscn4613


Dscn4614


 平清盛が体を焼きつくすような高熱にころげまわって苦しみながら死んだ年、京都は大飢饉。加茂の河原には死体が累々。鎌倉や九州、木曽、越後、各地に反平家の旗をかかげた源氏が京都にせまります。いよいよ平家が都おちするというその夜、たった一人の家来を連れて法王は逐電。あわててかけつけた清盛の跡継ぎ、宗盛は必死に探し回りますが女官たちすら誰もゆくえを知らない。このあたり、この法皇様の真骨頂やなあ。徒歩で鞍馬山から比叡山へ。やむなく平氏は幼帝、安徳(8才)と母、建礼門院をようして、西へとおちていきます。



 昨日、平家に源氏の義仲を討てと命令を出したと思えば、今日は、平家を討てと命じる。1年4か月も清盛に幽閉されていた法王は「これみたことか」って快哉をさけんだやろうなあ!!!



木曽義仲が都に入ってきた・・・京都には、もう食料はない!!!地獄やねえ。

 六波羅蜜寺から10分ほどで、「六道珍皇寺」へ。ここには地獄とこの世をつなぐという井戸があります。小野篁は夜な夜な。冥途とこの世を行き来したといいます。こわあいお顔の閻魔さまにもお会いして、初もうでは無事でした。




|

« あけましておめでとうございます | トップページ

コメント

こんにちは、ももりさん。
実際にはこの像は見たことがないのですが、
教科書で見た気がします。
像がそれぞれ優しい表情になっているのが
いいですね。

投稿: 浜辺の月 | 2018年1月18日 (木) 12時23分

くちかずこ様  そう・・・観光スポットです。あのあたり、今もなんとなく陰気な土地ですよね。六畳河原は処刑地、山のほうへ上がっていくとそこは火葬場、墓地でした。鳥辺野は今も墓地です。

投稿: 山口ももり | 2018年1月15日 (月) 09時40分

あら、どちらも、くちこが行ったことがあるお寺だわ。
スケッチも流石!
京都の歴史って激動だわ・・・と。

投稿: くちかずこ | 2018年1月13日 (土) 22時20分

ちゃぐまま様   コメントありがとうございました。時々あなた様のページに伺っています。どうやらコメントは入れられないようですけど。最近は旅行も無理になって本の世界にどっぷりつかっています。プールは別として。あなたの読んっでらっしゃる本の世界に興味を持っています。古文書は続けられていますか???私が今、受けている教室はとってもとても面白いです。そのうちにまたアップしようと思っています。

投稿: 山口ももり | 2018年1月13日 (土) 08時44分

明けましておめでとうございます。
久しぶりに訪れて、ももりさんの軽快な文章に
「ももりさん、健在!」と喜んでいます。
前向きに、ひたすら前向きに・・・というももりさんの心が伝わってきます。
やっぱり「わろてんか」はいいですね。

投稿: ちゃぐまま | 2018年1月 9日 (火) 00時22分

おばさん様   良かった!!!よかった!!!本当に人間の体ってほんの一部でも悪いと全部が機能しなくなりますね。段々いろいろアチコチと衰えるのでこけたりつまずいたり。私も気をつけます。


kazuyoo様  今日は朝から雨。あまり寒くありません。成人式の方々はかわいそうですが・家でゴロゴロするのはうれしいです。やっとお正月から抜けました。やっぱり…何事も起こらない平常が一番楽ですね。

玉井人ひろた様   念仏踊り…各地にあるのですねえ。盆踊りとはまた違うのですか。

すみとも様   あ・ら・ら・・・おはつ様   いいお名前ですねえ。実は私明日77才。は・は・は・・・今年も5・7・5でよろしくお願いします。

あきみず様   吉川英治は私も折に触れ読み返しています。彼のは・・・文学的というか創作的というか???作り出した登場人物が多く、どこまで本当か、創作かよくわからないところがあります。当時の宮廷の貴族たちは義務のように日記を書いていたようで、それをにらみながら読みたいと最近は思うようになりました。宮尾登美子氏の「平家」ぜひぜひ・・・・女を主軸に語っていますが、説得力があって面白いです。


山桜様  今日は雨・・・あまり寒くはありません。ゆっくりどこか歩きたいけど‥やっぱり家の中で亀みたいに首をすくめて静かにしましょう。こんな時は本こそが我が親友です。

投稿: 山口ももり | 2018年1月 8日 (月) 11時08分

ももりさんの清盛像、空也上人のスケッチ、優しい面差しで大好き! また拝見出来て嬉しいです。 描いた人の心持が映るのでしょうね。

空也上人像といい、顔が割れて中から仏の顔が現れている宝誌和尚像といい、彫刻にアニメのような要素、日本独特でしょうか。 

投稿: 山桜 | 2018年1月 7日 (日) 12時01分

平家物語は吉川英治著のしか読んでないのですが、
読み比べるのも面白そうです。
応仁の乱も主人公を替えた目線で見ると良くわかると
TVで見ました 見方を変えるのも いいかもしれません。

投稿: あきみず | 2018年1月 6日 (土) 20時51分

今年もよろしくお願いいたします<(_ _)>

 >初もうでは六波羅蜜寺へ。初穂をいただいて皇福茶もいただきました・・・お初ってこれなのですね。。
 ナイショデスガ 私の名前これなのですww


投稿: すみとも | 2018年1月 6日 (土) 13時27分

実物は視たことが無いですが、空也上人の口から仏様出た像はあまりにも有名ですね。

空也上人と言えば「念仏踊りの元祖」、念仏踊りと言えば福島県で最も有名なのがいわき市に伝わる「じゃんがら念仏踊り」、そして「じゃんがら念仏踊り」と言えば沖縄の伝と芸能「エイサーの元祖」なのです。

昨年、じゃんがら念仏踊りとエイサーの交流イベントが福島県いわき市で行われました

投稿: 玉井人ひろた | 2018年1月 6日 (土) 08時12分

初穂、こちらが原型かな、と拝見しています。沢山ご用意されるとしたら、かなりの稲束が必要でしょう。
元は処刑場近くだったのですね。栄華を極めたら、誰もが六波羅詣でをしたことでしょう。
権力者は自身の意のままにした、それでも意のままとは思ってなかったのでしょうね、きっと。法王も清盛さんも。
食べ物が溢れてる今の世が未来永劫続くかどうかはですよね。感謝、感謝です。

投稿: kazuyoo60 | 2018年1月 5日 (金) 09時24分

やっと訪問できるようになりました
今年もよろしくお願いいたします

投稿: おばさん | 2018年1月 4日 (木) 21時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101420/66240308

この記事へのトラックバック一覧です: 六波羅いまむかし:

« あけましておめでとうございます | トップページ