« 花園へ・・法金剛院 | トップページ | 生野銀山・・・ゼミナールハウスのお仲間たちと »

2017年11月28日 (火)

ゆく秋を惜しんで


Dscn4543



 干し柿は大好き。丹波のお山に柿の木を植えてもう30年。秋も終わり、木の葉がすっかり落ちたころでも、いっぱい花がさいたように、真っ赤な実の残っている渋柿!!!その風景が好きで渋柿をうえました。最近はよくなります。



小さなお出かけを楽しんでいます。京都に住んでるからこそと思える秋です。



Dscn4544




Dscn4545

 まずは今読んでいる「平家物語」鳥羽天皇が営まれた鳥羽離宮あと。今は見る影もありません。空には高速道路がうなりを上げ、地には国道が交差しています。でも・・・行かなければなっとくできないんですから。いろいろあったお三方、近衛天皇陵、鳥羽天皇陵、白川天皇陵・・・・今は静かです。



Dscn4534



何人かの作家の書かれた「平家」を読みくらべていますが、どうも・・・・平清盛は憎めません。むしろ腹立たしいのは、白川法王、、後鳥羽上皇、後白川法王こそ・・・・



白川へも行ってきました。当時貴族の別荘地であったといいます。観光地でもなく、静かですが驚くほど山が近く美しいです。


Dscn4554





Dscn4555



下、スケッチは法然院。このお寺の裏山で鹿ケ谷の陰謀が企てられました。福原(今の神戸らしい)へ隠居した清盛をたおすべく、後白河法皇もまじえての陰謀はあっけなく露見しました。首謀者は厳罰にしたものの、法王ご自身には危害を加えず、保護します。う・う・・ん・・・まあ・・・あ・あ・・結局…頼朝の力を使って平家を全滅させてしまうんですから・・・・なんとも・・・腹黒いお方よ。

Dscn4546



 

|

« 花園へ・・法金剛院 | トップページ | 生野銀山・・・ゼミナールハウスのお仲間たちと »

コメント

腹黒いってのがよいですな。

投稿: ぼんたぬ | 2017年12月 2日 (土) 09時19分

干し柿甘くなってきたら食べたくなりますね。
干し柿を干している風景いいですよね。
京都の秋は綺麗ですね。
ももりさんのスケッチでその綺麗な様子が
伺えます。

投稿: 浜辺の月 | 2017年12月 1日 (金) 22時30分

往く晩秋を楽しんでくださいね
干し柿わが家も作りましたが
秋の風物詩ですね

投稿: おばさん | 2017年11月30日 (木) 21時29分

我が家の柿は、枝を切りすぎたので、数えるしか
出来ませんでした。以前和歌山の干し柿作りを見たとき
皮も干してありました 漬物業者が、使うと買って帰る
そうです。平家物語も登場人物個々に焦点を当てて
見るのもいいですね。

投稿: あきみず | 2017年11月30日 (木) 20時49分

御無沙汰しています。
「干し柿」が、軒下に干されている、光景、、、。
冬を感じて好きです、勿論「干し柿」を、食べる方も好きですが、、、。?笑。
流石、ももりさん、歴史はよくご存知ですネ、
勉強になります、
「平家に有らずば、人に有らず」
平家、源氏、と、分けると、悪いのは「平家」と見られますし、「平清盛」は、何と無く悪い人、と、みられて居ますが、作者によって、見方も変わるのでしょね。
勉強させてもらいました。

投稿: umebati2492 | 2017年11月30日 (木) 16時17分

あれこれ楽しまれていらっしゃるようで何よりです。
干し柿、今年は干しませんでしたが、戴きました。
柿巻も、中に柚子皮が入っていて美味しかったです。
お出かけも、心の栄養ですね。

投稿: くちかずこ | 2017年11月30日 (木) 12時22分

毎日、干し柿の簾が下がっているお宅を羨ましく眺めて歩いています。 ももりさんの干し柿、ひとっつ皮がクルクルになってぶら下がってるのかカワイイ!

思うままに政を操れる人には、神祇に関する天性の資質が備わっているのでしょう。 何せ、「祀り事」ですから。

投稿: 山桜 | 2017年11月29日 (水) 15時37分

柿が沢山実って、車で連れて行ってくださって良かったです。かなり乾いてきていますね。
平安時代が終わるころが面白いのでしょうね。
こんな綺麗な紅葉の中でも密儀がさてていたのでしょう。いつの世でもでしょう。

投稿: kazuyoo60 | 2017年11月28日 (火) 15時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101420/66097313

この記事へのトラックバック一覧です: ゆく秋を惜しんで:

« 花園へ・・法金剛院 | トップページ | 生野銀山・・・ゼミナールハウスのお仲間たちと »