« 嫮生(こせい)さんの朝顔 | トップページ | 「遥かなる身延への道」  死と対峙した安永の旅 »

2017年8月 6日 (日)

日本水彩 「京都支部展」 火曜日から

Dscn4469_2


Dscn4468_2


 展覧会は火曜日からです。「衰えたり ももり」の日常ですが、出品は続けています。大体、病気の間も、展覧会となると新しい絵を描こうと思って制作をはじめたものですが、ももりの場合、心象風景を絵にするという進めかたなものですから・・・も・お・お・・・・自分でも見たくない病的な画面になってしまって、見るのもイ・ヤ!!!になりました。結局、以前の未完成に手を入れて、何とか仕上げて出品にこぎつけるという状態です。死んでしまった息子をさがしてる???のかも???

 会場のお当番は???なかなか多用で・・・・できるか???

|

« 嫮生(こせい)さんの朝顔 | トップページ | 「遥かなる身延への道」  死と対峙した安永の旅 »

コメント

猛暑のなかの展覧会 大変ですね! 
体調にお気を付けください^^ 
 今年も出品なさって 頑張ってらっしゃいますね。
 心象風景・・・の作品 彷徨う心 胸に響きます。。

ご心配ありがとうございました。 やっと本人も落ち着いてきましたが・・・頑固益々!です。
 

投稿: すみとも | 2017年8月10日 (木) 20時07分

ももりさんのラビリンスはどこまで続いているのでしょう。
でも、明るい光が溢れているのが嬉しいです。
人間、ぜ~んぶ明るくって元気一杯!なんて筈ない。
どこかに闇を抱えながらも生きているから素敵なのだと思います。

心象風景…確かに絵に表せるって凄い才能です。 
私には到底出来そうにない。 
せいぜい拙い文章か歌かでしょうか。 

投稿: 山桜 | 2017年8月10日 (木) 16時42分

私、ももりさんのこういう絵、大好きです。
心象風景をこんなに素敵に描けるなんて、尊敬します。

人生長く生きて来ると、色んな事がありますねぇ~
これからは益々、嫌なことが降りかかって来るのだと
思うのですが(自分や、夫や)逃げられないですよね。
そういう中で、少しでも自分らしくあるためには???
皆さんのブログからヒントを頂いたりしたいです。

投稿: tomoko | 2017年8月 8日 (火) 20時34分

心象光景ですか・・・
これって、きついなあ。
自分の心の中と真摯に対峙するのですね。
息子さんを探し求める自分との対峙。
重いなあ。

投稿: くちかずこ | 2017年8月 7日 (月) 21時28分

会場までの往復が暑いでしょう。お疲れ過ぎになられるのもですから、若い方になるべくと思います。希望の光に見えます。

投稿: kazuyoo60 | 2017年8月 6日 (日) 10時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101420/65624176

この記事へのトラックバック一覧です: 日本水彩 「京都支部展」 火曜日から:

« 嫮生(こせい)さんの朝顔 | トップページ | 「遥かなる身延への道」  死と対峙した安永の旅 »