« 76才のやぶこぎ | トップページ | つゆ空の淡い虹 »

2017年6月 7日 (水)

パメン ペレオラさんのすごいキャリア

 パメン ペレイラさんから本が送られてきました。添えられたお手紙には
「私は今、Museo de Arte Contemporaneo de Castilla y Leon(カスティージャとレオンの近代美術館)のコーディネーターおよびキューレーターとして、この本を送っています」と、書かれています。

Dscn4414


 彼女が日本にきて、ももりの家に泊まっていたのは・・・さ・あ・あ・・・・多分・・・1997年か1996年・・・
と、言いますのは、パメンさんに会いにバレンシアの火祭りに行ったのが1998年ですから

 彼女は、当時、新進気鋭の若い作家でした。大きなコンペティションで、ろうそくの煙で絵を描いた作品で、最優秀賞を取り、その奨学金で日本へきていたのです。当時は、私もまだ頑張ってたから、友人から、京都にしばらくとどまりたいという希望を聞いて、わが家に受け入れたのです。


 その当時がももりが一番テリ???かがやいて???いた時期かも????
お正月には、ご主人も来日。相棒の車で、雪の京都を案内しましたっけ。三十三間堂、伏見稲荷、琵琶湖・・・当時はスペイン語もかなりの線いってて、楽しいひと時を過ごしました。


 彼女が帰国して、何度かスペインへ行きました。特に、バレンシアの火祭りの日程に合わせて、スペインを訪ね、彼女の家族と一日を楽しく過ごしました。お母さんの手料理も凄くおいしかったし、お祭りは夢みたいにステキで、闘牛も見ましたっけ。町ではかわいい娘さんたちや子供たちが着飾ってパレードします。娘さんたちは、その日はキリストの花嫁なんですって。


Dscn4409_6


Dscn4410

Dscn4407


Dscn4411_3


 そうかぁあ・・・彼女は、たしか、その時、お腹が大きかったなあ。そういえば、「息子はとてもやんちゃです」って言う手紙ももらってました。その息子さんも、もう・・・20才くらい???
 あ・あ・あ・・・・・行って会いたいなあ!!!レオンといえば、スペインで一番好きな町かも。レオンのカテドラル、なんて魅力的なこと!!!



Dscn4407_2


 下はパメンさんの作品です。コンテンポラリー(今日的とでも訳しますか??)で少し難解かもしれませんが、哲学的で宗教的、深いです。


Dscn4415_2

Dscn4416

Dscn4417_4

 そうそう・・・バレンシアの火祭りといえば・・・町中に一杯作られている木の人形。大きなものですよお。深夜に小さい順から火をつけて燃やします。石造りの町ならではの催しです。身動きもできない人混みの中、消防車がやってきて、建物にも人間にも水をぶっかけます。肩も腰もぬけそうで息も絶えだえ、人の背中の中で揺れてるばかり。その内にボッと火が灯って、バアァーッと燃え上がります。終わるのは日が変わってから。深夜、燃えカスがあちこちにいぶっている道をホテルへ。いいお祭りやったなあ!!!
 

Dscn4412

Dscn4419


|

« 76才のやぶこぎ | トップページ | つゆ空の淡い虹 »

コメント

ちゃぐまま様   あなた様のブログ拝見!!!すばらしいなあ!!!ヨーロッパ。今ではもう遠い日の夢みたいです。お元気な間におおいに行きまくってください

投稿: 山口ももり | 2017年6月20日 (火) 15時34分

お久しぶりです。
楽しい記事でした。今までのブログ記事には出なかったような・・・。
まだまだ、ももりさんの引き出しからはなんでも出てきそう!飽きませんね~。
20年前なのにこんなに憶えられて、記憶を新たにするだけでも楽しめて活性化させられますね。
「乞う!想い出の記事を!」をです。

投稿: ちゃぐまま | 2017年6月18日 (日) 08時28分

皆様 お返事書いてなくてすみません。ちょっとバタバタ。間もなく始める「アトリエ桃源展」の準備やら、プールやら、お出かけやら・・・忙しくってスミマセン。それにぃ・・・・パメンさんへのお返事も書かなくっちゃ。もちろん、これは英語かスペイン語か????も・お・お…すっかり何もカモわすれちゃてまして・・・お許しくださいね。

投稿: 山口ももり | 2017年6月13日 (火) 08時47分

クルージングから戻りまして
まとめ読みしています
ももり様
何と素敵な生き方をしてこられたのでしょう
人生を謳歌し輝いている姿が写真を通して
伺えます

投稿: おばさん | 2017年6月12日 (月) 21時06分

世界を闊歩されていたのですね。
そして我が家に逗留してもらうなんて凄い懐の深さ!
器の大きさを感じますよ。
はい、輝いて!!!

投稿: くちかずこ | 2017年6月 8日 (木) 21時59分

20年も 外国の方とお付き合いされている 
ももりさんが、スペイン語が堪能なことも ここに
由来するわけですね。若い頃の記憶を 呼び戻して
もらう お便りです。バレンシアの火祭りは
人形の組み上げている頃に 行きました 当日は
ホテルが取れないんでしょう。
私も1948年に出会った方と そのYHに関連して
開かれている 集いに参加してきました。

投稿: あきみず | 2017年6月 7日 (水) 19時40分

ももりさんのお写真、丁度今の私くらいの筈・・・
なんて若々しくて可愛らしいのでしょうshine
本当に、人生を楽しみ、照り輝いてらっしゃいます!
私もショボクレている場合じゃあない、今蒔いた種が
育って思いがけない幸せを運んでくれる日が、
いつの日かやってくるかもしれまものね。 

投稿: 山桜 | 2017年6月 7日 (水) 17時24分

良いことが続きますね・・・今度は20年前に ホームステイでお世話なさった 新進気鋭の作家さんが 今は一流美術館のコーディネーターおよびキューレーターになられて ご活躍のお便りですね^^ 
当時 ご家族ぐるみで行き来なさった思い出! 
バレンシアの火祭りの お写真! 素晴らしいですね^^
20年前のももりさん・・・お若いこと^^

また彼女との再会が 近い…様な気がしますよ! 

パメン ペレイラさんの作品も 幻想的でいいですね~あら、哲学的で宗教的なのですね^^

投稿: すみとも | 2017年6月 7日 (水) 15時11分

小さな花嫁さんたちと一緒に写されてますね。
ご家族同士での交流もですね。良い本を送ってくださって、楽しい思い出をいっぱい、バレンシア、良い響きです。

投稿: kazuyoo60 | 2017年6月 7日 (水) 11時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101420/65378039

この記事へのトラックバック一覧です: パメン ペレオラさんのすごいキャリア:

« 76才のやぶこぎ | トップページ | つゆ空の淡い虹 »