« アトリエ桃源展会場便り  1 | トップページ | 「アトリエ 桃源」展 会場便り »

2017年6月29日 (木)

桃源展 会場便り

 桃源展・・・快調にすすんでいます。古いお友達がたくさん来てくださいます。いろんな人生・・・この年になって何も問題のなかった人生なんて・・・ないのかもしれません。みんなそれなりに悩みをかかえて懸命に黙々と生きてる・・・素晴らしいなあ!!!


 下は、若い方の作品。自分で編み出した新しいテクニック。独特のリズム、色彩、応用範囲の広い創作ですよね。これからの展開が楽しみです。


Dscn4442

 どうですか・・・彼女は音楽家。音楽って究極の抽象ですよね。形、象ってものはないのに、限りない奥行を持つ空間、永遠へと続く時間的な広がりを・・・絵具に託すとこうなるのでしょうかねえ。間もなく北欧へと旅たつという彼女、又、新しい空間を紙上に再現してくれるでしょう。

Dscn4439


Dscn4441

 たくさんのお友達が来てくれます。まず、エッセーのお仲間・・・・もう・・・30年くらい前???ももりも朝日カルチャーセンターのエッセー教室に5年間在籍。10年間「京都エッセー」年2回・・・に参加していました。


 若かった私は、怖い姑や小姑との戦いの日々。も・お・お・お・・不足で不足で、体中がパンパンにふくれていましたっけ。その毒抜きをしてくれたのがエッセー。口にも出せないような不足不満を文章にすると???スーッと他人事になるのです。ある意味、客観するっていうか???傍観者になれたのでしょうか。今でもイヤなことがあっても、どこか傍観者的???になれるのはエッセー教室のおかげかも???カメラももっていたのに、撮ることも忘れておしゃべり・・・は・は・は・・・・あ・り・が・と・ね。


 すごいお方もいらしてくださいました。日本人が世界で初めてヒマラヤのマナスルに登頂した、というニュース。もう、古い話ですが、日本山岳会会長であられた小西壽夫氏は、余りにも有名です。、その方のDNAを濃厚に受け継いだ、さすらいのカメラマン???お許しを得てないので、あえてお名前はだしませんが。アフガニスタンやパキスタン、トルクメニスタン・・・麻薬の三角地帯とか・・・へき地、危険地帯???で、素晴らしい写真を撮られます。山の写真が凄い!!!当然、へき地の旅のお話に・・・・ももりも旅は好きでしたが、下痢には悩まされました。シルクロード、エジプト、ペルー、メキシコ・・・旅はある意味、下痢との戦いでもありました。つらいんですよね。キューっと差し込んでくる下腹の痛み。トイレで出すとずいぶん楽になるけど、そんな土地に限ってトイレってもんがないんですから・・・
 ところが・・・・彼「コップの中を何気なく見たら何かがうごめいている・・・ボーフラなんですよ。外の馬が飲んでる水をバケツでザーッと汲んできてる・・・それでも、お腹は下さない」・・・やっぱり!!!チ・ガ・ウ!!!巨人はチガイマス。とてもとても面白いお話に時を忘れました。



 祇園の舞子ちゃんみたいなべっぴんさんやった彼女・・・・今、もう80才近いというのに、ものすごく美しい!!!ご主人をみとった壮絶の介護、息子の同級生の母親同士・・・お互いに・・・3人の息子、娘の話・・・・呉服屋の社長夫人で何不自由なかった彼女もいろいろ苦労したんやねえ。それにしても???その美しさは???

|

« アトリエ桃源展会場便り  1 | トップページ | 「アトリエ 桃源」展 会場便り »

コメント

自由な人それぞれ独自の色々な表現方法、きっと無限に
あるのでしょうね。 それを引き出してくださる先生が
身近にいらしてとても羨ましいです。

心の中のモヤモヤを文章にすると、自分の状況が客観的に
整理できてすっきりします。 多かれ少なかれブログを
書いている人達は、そのお気持ちに共感できると思います。

美しい人、きっと生き方がお顔に現れるのでしょう。
ももり先生もいつも溌剌と輝いてらして美しく眩しいです!

投稿: 山桜 | 2017年7月 8日 (土) 19時35分

音楽を色で表現?、楽しい印象が伝わります。綺麗で繊細です。
エッセー、なるほどです。いろいろあって今ですもの。
>旅はある意味、下痢との戦い
それ以上に魅力だったのは分かりますが、お辛いことでした。
ももり様は美しい方、美しく年を重ねられて、何1つ、不満のない人生なんてないはず、そう思いながら拝読しました。

投稿: kazuyoo60 | 2017年6月29日 (木) 11時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101420/65470869

この記事へのトラックバック一覧です: 桃源展 会場便り:

« アトリエ桃源展会場便り  1 | トップページ | 「アトリエ 桃源」展 会場便り »