« 全山燃えるつつじ  葛城山 | トップページ | パメン ペレオラさんのすごいキャリア »

2017年5月24日 (水)

76才のやぶこぎ

「やぶこぎ」って言葉・・・古いかも???山のぼりで、道に迷ってヤブの中を歩く。まるで船を漕ぐこぐみたいに・・・・



 今日、76才のももり、やぶを漕いできました。本物の竹やぶです。ちょっと、出かけましょう。さ・あ・あ・・・どこへ???一度「お土居」を歩いてみたい・・・と、地図と共にシュッパーツ!!!


Dscn4401

 豊臣秀吉が京都の周囲にお土居を築いて、京都のまもり、水害への備えにしたことは知っています。ももりの住む中京にも、「壬生土居の内」って言う地名もあるくらいです。

 その朝、相棒を送り出して、コチョコチョしてたらもう11:00.3時には戻らなくてななりません。まず、JR二条駅にママチャリを預けてバス。


 史跡お土居公園②は無事・・・にぎり飯で昼食も快適。史跡お土居2⃣から③まではエッチラオッチラ。ま・あ・あ・・・ただの小山なのでスケッチはなし。さ・あ・あ・・・これから④へ・・・ここで道を間違えました。



 このあたりのお方に道を聞きまして、確かに・・・左へ行って・・・と言われたました。「行けんことはないんですよ。私たちが通行路として造った道がありますよ。もう少し先に、左へ行く道があります」と言ってくれました。でも、もっと先に左へ???と思って、前進!!!おやおや・・・・しっかり藪の中、やぶ漕ぎです。道はもうありません。後戻り???でも・・・歩くのはいややし・・・・先には木々が途切れた明るい空間も見えてる・・・「ええい!!!行け」

 先にあったのはしっかりしたフェンス。さいわい、有刺鉄線ではありません。高さは、おへそくらい。う・う・・・・・・ん
 でも・・・「ええい」荷物を向こうに投げて、フェンスをまたぎました。しかし・・フェンスの網目は細かくて、くつを押し込めません。でも・・・荷物はもうフェンスの外「ええ・・・い!!!」なんとかなるやろ・・・・ブ・ジ・・・・公園の中へズルリと落ち込めました。ひっそりした公園は、犬を連れた若い女性一人。「なんか、音がしてびっくりしました」ですって


 その後も、大きな墓地へ出てしまって、何とかクリア。招善寺。このお寺は地図にあります。やれやれ。静かな大きないいお寺です。ウグイスが鋭いほどの声で鳴きかわしています。何とかバス停に出て帰宅。2時過ぎでした。やれやれ・・・この年で、やぶ漕ぎするとは思わなかったし、何より、この西賀茂の町中にやぶ漕ぎするような竹やぶが残ってるなんて・・・・京都!!!面白いなあ!!!


 スケッチは招善寺

Dscn4402


 今ほど運動量が多い生活は今までなかったくらいです。みっともないくらい下手クソの限りの泳ぎを臆面もなく1時間、プールで歩き1時間。帰宅して相棒の食事を用意して2時間ほどグータラ・・・それから、それから、又、ママチャリでフーラフラ。実際、体のあちこちは衰えを訴えていますから、じっとしてるとダメになりそうな気がして、追いかけられてるのかもしれません。グータラしてるとついつい口の運動するし・・・でも・・・???それがぁあ・・・夜の熟睡で消えるのです。疲れは、充足した眠りで消すのがイッチバン!!!


今からみると・・・・トイレマークのあたりの藪の中をうろついて、招善寺の墓地へと出たんやねえ。

|

« 全山燃えるつつじ  葛城山 | トップページ | パメン ペレオラさんのすごいキャリア »

コメント

kazuyoo様   皆様ブラタモリっておっしゃいますが私はその番組を知りませんでした。きれいに整備されて史跡公園になっています。でも・・お土居、つまり土を盛りあげた小山なんで・・・つまり上り下り・・・足には結構きついんですよ。


山桜様   荷物を放ったから・・・取りに戻るには、大回りですのもね。は・は・は・・・私が、道案内できないことはよくお分かりになったでしょう。それに…迷子になることはとても愉快です。

すみとも様   昔から・・・道があったら先へいってみたい。山があったら登りたい・・・こわがるよりも好奇心が先。でも・・・京都も知らない所がへってきて、それが・・・・時間さえもう少しあったら遠出がしたいです。


ちゃぐまま様   「飛べ」ないんです。膝が心配で。グシャッと潰れそうな膝ですから。もう6才若かったらなんでもなくポイッと飛べたんですけど。そのくせ気だけが若いってのは困りものです。


おばさん様   うれしいお言葉。自分でもその時のブザマな姿をイメージするとおかしいです。時間にすれば・・ホンノ5分???いや、もうちょっと???ブ・ザ・マ!!!ですよお。


あきみず様   健脚なんて・とんでもない。そろそろ杖でもつこうかって感じです。水の中なら自由自在…それが嬉しくてプールが大好きなんです。それと・・・ママチャリも平気。でも・・・もう、日に焼けて真っ黒ですよ。

投稿: 山口ももり | 2017年5月26日 (金) 08時20分

お土居は、ブラタモリで初めて知りました
TVでは特別の許可をいただいて 普段は入れない所に
が 多いです 藪漕ぎは、山言葉ですね
まだまだ健脚ぶりを、知りました。

投稿: あきみず | 2017年5月25日 (木) 20時57分

やぶこぎ・・・初めて知りましたが
ももり様やりましたね
御年76歳にしてこの心意気
驚きですそしてそんな
ももり様が好きです

投稿: おばさん | 2017年5月25日 (木) 19時43分

ももりさん、大拍手です!
70代主婦の愉快な冒険。人生の面白きことを
実践してますね。
フェンス越えには思わず「飛んで!」と声が出そう。
秀吉の土居、テレビで見たことがあります。
ブラタモリだったかな。
京都は面白いとこばかり。
人生を退屈させないところですね。

投稿: ちゃぐまま | 2017年5月24日 (水) 21時54分

イノシシもビックリの猪突猛進型藪漕ぎ姫!
あっぱれです(^O^)/
いやいや踵を返しての・・・芸もお持ちでしたね(^_-)-☆
 
二条城までチャリで行けるのですか! 良い所に住んでらっしゃいますね まだまだ未踏の地がありそうですね^^
楽しみです^^

投稿: すみとも | 2017年5月24日 (水) 15時15分

藪漕ぎで柵にぶつかり、荷物を放って後から柵を攀じ登る…
ああ、まるで我が姿を見るようです!

動物的勘方向は間違えなくても、思わぬ障害物があって
先に進めない事って、結構ありますね。
普通は道を戻るんでしょうけれど、イノシシなので…^^;

こういうことがあるので、笹竹の切り口は水平にしておかねば
いけません。 飛び降りてグサッとはオソロシイ。

投稿: 山桜 | 2017年5月24日 (水) 11時01分

やぶこぎ、なるほどの言葉ですが、初めてです。
>お土居
ブラタモリの時に初めて知りました。
滑り込みセーフ、良かったですね。とは言う者の荷物とはぐれられてもでした。ご気力も体力も、真似しなくてはとハッパを掛けられた思いです。

投稿: kazuyoo60 | 2017年5月24日 (水) 09時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101420/65318667

この記事へのトラックバック一覧です: 76才のやぶこぎ:

« 全山燃えるつつじ  葛城山 | トップページ | パメン ペレオラさんのすごいキャリア »