« トップに立つ人 | トップページ | 大きなおおきな淡雪 »

2017年2月 7日 (火)

光かがやいたか 光明子

Dscn4282_2

ッタクーー、全く・・・本って面白い!!!。先日書いたももりの記事をどうやら訂正しなくてはならなくなりました。光明子について・・・
・・・・確かに頭がいいとは言っているが、美人とは一言も書いてない。法華寺の十一面観音は、光明子を写したと言われるが、これは嵯峨天皇の妻の檀林皇后と混同されて生まれたのであろう・・・・と手きびしい・・・日本の歴史ーー奈良の都ーー青木和夫より

 ももりも思います。光明子は、ともかく深く仏教に帰依して、全国に国分寺、国分尼寺をたて、多くの写経をさせ、仏教に夢中でした。でもねえ・・・彼女が皇后になるためにはれっきとした皇位継承者であった長屋王の粛清がありました。王の息子4人、奥方も後をおいました。奥方は天智天皇の後裔ですのに。おなじ、長屋王の子供4人、不比等の娘、光明子の妹から生まれた4子は、おとがめなし。
 しかし・・・その後、恐れていたことが起こります。彼女を聖武の妃の座に送り込んだ藤原不比等の息子、4兄弟。あの鎌足の孫が次々と天然痘にねらい撃ちされて死んでいったのです。4月17日、次男房前、7月12日、4男麻呂、7月24日、長男武智麻呂、8月5日、三男宇合(うまかい)
 そりゃあ・・・仏教にでもすがらなくっちゃ、心の平安はえられない!!!

 

4兄弟の死んだ737年(天平9年)は5月11日、日触。この夏は旱(ひでり)で田植え時に水もなかった。
そして・・・聖武天皇の朝廷では病魔は朝廷の重臣たちにも次々にもおそいかかりました。
 おそろしい!!!

 光明子と聖武の間に阿部内親王がうまれたのは二人が18才の時。二人は同い年で、光明子をどうしても皇后の座に確定しなければならなかったのは、聖武の別の妃が同じころ、皇子を生んだからです。どうしても一族から次期天皇を出すためには、光明子を皇后にしておかなければならなかったのです。


下の「宜」の字、聖武天皇と光明子、二人とも19才、の時に生まれた第一子。阿部内親王、後の孝謙女帝のサインです。「薬が必要。もう買うこともできないから正倉院から持ちだします」「よろし!!!」とサインしてますよ。

Dscn4280_2

 長屋王は天武天皇の第一子、高市皇子の息子です。もっとも皇位に近かった人物でした。朝廷では左大臣でもありました。729年、2月10日、左道をした・・・という・・・のろいのまじないをかけたから、光明子の第一子が死んだのだ、といういいがかりをつけられて、誣告のあった翌日に殺されました。尋問したのは舎人親王と新田部親王。この二人、後の皇位継承争いに登場しますから、どうして身内をおとしめたのか??という事情もおいおいわかってきます。 
 

 光明子は、聖武天皇が死んだあと、紫微中台という部局を作ります。皇后、皇太后つきの権力基盤を確立し、それにのったのが藤原の仲麻呂。孝謙女帝の跡をついだ淳仁天皇の時、恵美押勝の名をたまわり、権力を確立しますが、あっというまに、淳仁天皇は皇座をおろされ、孝謙女帝は称徳女帝として再び玉座にもどりました。やがて、女帝の寵愛は道鏡にうつり、仲麻呂は叛旗をひるがえしますが、敗れました。
 下は道鏡、一切経を請うているようです。

Dscn4281_2


 長屋王の住まい跡は、奈良そごう百貨店ができた場所で、発掘当時、多くの木簡がでています。それらは、平城宮跡の博物館に展示保存されているそうで、ずーっと前から行きたくてたまらないのです。もう少し暖かくなったら、相棒をほったらかして、行くことに決めました。


 ももりが子供だった頃、父は毎夜、黙々と書の臨書をしていました。その前の墨だらけの真っ黒な机で、宿題などをするのが毎日でした。ある日「それ、なんて書いてあるのん???」ってききましたら「さ・あ・あ・わからん」というような返事。「わからんでもええのん???」ってききますと「ええ」って言う返事でした。
 以来、ずーっと、わからなくても読めなくてもいいと思ってやってきたのは、実に、実に、もったいないことでした。読むべきでした。お・そ・か・り・しぃ・い・い・・・

|

« トップに立つ人 | トップページ | 大きなおおきな淡雪 »

コメント

我が相棒は、なにかもう、痛みと不安感からでしょうけれど、
すっかり甘え子のようになってしまい、
「傍に居て」「ここに一緒に居て」
と言われてしまって動けず、外出もままなりません。
まるで、また子育て生活が始まったようです。

投稿: 山桜 | 2017年2月15日 (水) 17時31分

たまにはお休みをいただかれてもです。
権力欲はすさまじいものです。手の届くところにあれば尚更でしょう。ポストは限られますものね。

投稿: kazuyoo60 | 2017年2月 7日 (火) 12時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101420/64857823

この記事へのトラックバック一覧です: 光かがやいたか 光明子:

« トップに立つ人 | トップページ | 大きなおおきな淡雪 »