« いつ???誰が??? | トップページ | トップに立つ人 »

2017年1月31日 (火)

聖武天皇と光明皇后

 

 正倉院のお宝は、光明皇后が納めた当時は740点。現在まで残っているのは、150点ほどなんだそうです。勿論、後の時代にも、多くの天皇や貴族が宝物を追納し、あるいは持ち出し、現在の正倉院のお宝の点数は一万点余・・・破損した、かけらも大切に保存され、正確な数はあげられないんだそうです。

  下は光明子「楽毅論」王羲之の臨書。光明子44才の書です。何しろ日付けがある!!!

>Dscn4263

 下は、聖武天皇「雑記」拡大・・・どうですか!!!31才にしてこの書を書かれたというのです。この天皇の行動は破天荒で、常人ではないようですが、31才でこの書をモノする・・・凄い!!!取り巻いた周囲の人間のレベルの高さをおもいますと、驚異的です。

Dscn4275


光明皇后、光明子。光かがやくように美しく利発だったといいます。ご存じ、聖武天皇の奥方です。仏教に深く帰依し、施薬院を作り、孤児や病人を世話した。病人のうみを、自ら吸い取ったといわれ、これ以上慈悲深い方はいないと、ももりもどこかで聞いていました。今までの知識では、どちらかと言うと神経質で気の弱い夫、聖武、対するに、おしかけ女房のこの強い奥方。尻の下に敷かれていた???イメージでしたが、この書を見ると常人ではありません。天才!!!しかも、非常に強靭な、粘着質な、あるいは強靭すぎる???意志を感じます。その、夫の死に際しては、「これらを見ているとつらく悲しくて、耐えられないから、遺愛に品々を東大寺の献納する」と書き添えています。それらの品々を収めたのが正倉院というのです。

 しかし、一方、彼女は皇族以外から皇后になった、それまでとはちがう出自です。臣下であった藤原不比等の孫娘です。母親は県犬養美千代(あがたのいぬかいのみちよ、後の橘三千代)。皇族以外の血、藤原の血が持ち込まれました。聖武天皇の母親、宮子も、不比等の娘ですから、血は非常に濃いのです。この光明子の皇后位には強力な反対者がありました。長屋王です。長屋王は天武の息子、奥方は天智の娘です。皇位に一番近い存在であった長屋王は、突然の謀反の疑いでうむをいわさず詰問され、2日後に自害します。4人の息子も奥方も自害して果てました。そ・・し・・て・・・10年後・・・不比等の息子4人・・・次々に疱瘡でなくなりました。

 光明皇后と聖武天皇の間に11年目にしてやっと生まれた待望の第一王子、基王(名前もひょっとしたら某・・・なにがし王であったかも???)は、1歳にもみたぬ間になくなり、皇太子は娘、安倍内親王に.、後の孝謙女帝です。聖武が死んだ時はすでに、もう、この一人娘が皇位についていましたが、母娘して自分たちの身近に権力を引き付け、権力もたせたのが、藤原仲麻呂・・・・サインを見てください。この男、やがて自分の押した天皇、淳仁天皇から恵美押勝という名前をもらいます。この男が正倉院遺物の謎を握るキーポイントの人物・・・というのが、「正倉院の謎」の主張するところです。

 聖武天皇は、奈良の都から信楽宮、  恭仁宮、難波津の宮をさまよう歩くこと5年。あげくの果てに、再び奈良に大仏を造ることを実行しました。さまよう間に天皇の玉璽・・・天皇の認め印、権力の象徴・・・がどこに保持されていたのか???聖武天皇の命令によって。、信楽宮にでかけた皇位を継ぐべき安積親王のなぞの死、17才・・・聖武の一生は、実は藤原氏との戦いの生涯・・・というのが、「聖武天皇」中西進です。
 尻にしかれてた天皇様なんて、ももりは不敬罪ですよね。

 

Dscn4278

 結局、民衆の大変な負担の上に大仏は完成し、全国に、国分寺、国分尼寺がつくられました。


 ♪♪♪   そとは 木枯らし きたの風
 さあさ みなさん なつかしい
 おとぎ話の  冬がきた  ♪♪♪

|

« いつ???誰が??? | トップページ | トップに立つ人 »

コメント

この頃の歴史小説は、殆ど読んだことないのです。
奈良に行ってもこの歴史が、わからないので
ただ見て廻るだけで、イメージが膨らみません。
歴史小説を読まなくなっているようです。

投稿: あきみず | 2017年2月 1日 (水) 20時03分

政府によって歴史から消された「東武天皇」というのも調べると面白いですよ。

投稿: 玉井人ひろた | 2017年1月31日 (火) 19時59分

正倉院展は何度か行きました。貴重であっても読めないので、さっと見て通り過ぎていました。
>4人の息子も奥方も自害して
悲劇はどんどん加速したように、権力から見放されては生きていけない時代ですね。
ドラマを見ていて、天皇の被り物が中国や朝鮮と同じ様式だと、次元の低いことを考えています。
違う考えでも生きていける今は良いなと思います。

投稿: kazuyoo60 | 2017年1月31日 (火) 11時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101420/64808762

この記事へのトラックバック一覧です: 聖武天皇と光明皇后:

« いつ???誰が??? | トップページ | トップに立つ人 »