« 古都初冬 鹿ケ谷 (ししがだに) | トップページ | 吉田山登山 標高105,12メートル »

2016年12月 3日 (土)

ぶっ飛んでた江戸時代の女流画家 玉蘭

 この日も又、フラフラ。相棒をデイケアーに送り出してフラフラ。無料パスで「真如堂」下車。いつもは正門から入っていましたが、今回は裏門から。急な階段を登ります。

 真如堂をゆっくり拝観して、人けのない墓地をのーんびり。もう、足がダメで、急ぐこともできませんから、お墓の方が近道。おや??おンや???

 「おンや????」草仮名で「池玉蘭の者可」とあるような???「へ???あの玉蘭のお墓???」
 玉蘭はたしか・・・池大雅と共に住んで、祇園石段下で絵を売ってたという奔放な女流の文人画家のはず。でも・・・江戸時代でも亭主の姓を上につけるのかしら???それにぃ・・・ひとりぼっちで、道端に石碑が傾いてあるのはやっぱりお墓???ちょっと疑問に思って、スケッチもせず、帰宅してパソコンに聞きますと、やっぱり「池玉蘭」でバッチリ出てきました。

 玉蘭、池玉蘭(1727~1784)祖母、母ともに、歌人。池大雅29才、玉蘭25才で結婚。祇園石段下に扇子屋をひらき、絵を売った・・・とあります。「亭主の墓になんか入るもんか」と言ってたとか・・・いつか何かで読んだ覚えがあります。亭主の池大雅も旅が大好き。家はほったらかして遊んでた・・・というか・・・当時って、行く先々で豪農とか、商人の家とかお寺とかに泊まって一宿一飯のお礼は絵で残した・・と言う時代だったようで、旅先の各地で絵を残しています。ある意味、庶民にも豊かな文化に手が届く時代やったんやねえ。真如堂の墓地に、亭主と離れてほおむられてる。噂にたがわぬ、しっかり独立した女性やったんやなあ!!!、

 

Dscn2011_2

Dscn2008_2


 ひっそりした境内は、紅葉は少しさかりをすぎて、でも、まだ十分に美しいです。
もう一つ。面白い石碑をみつけました
 

 
 「多天可波さ九朗」・・・草かなで、「たてかわさくら」です。

Dscn2012


 横の解説板によりますと、春日局が、父、斎藤利三の供養のために植えた桜で、幹は1メートルほどもあったが枯れて、今のは新しく植えられた木だとあります。春日局はおなじみ、徳川3代家光の乳母。父、斎藤利三は明智光秀の重臣。山崎の合戦で秀吉に敗れ、近江堅田で斬首。母親は稲葉一鉄。
 楷書や篆書で書かれた墓碑は、見過ごしてしまいますが、かな文字のお墓となると、ついつい読もうとおもいます。ええもんやなあ。

 

  これはこれは・・・・楽しいなあ!!!もう海外も、国内旅行すらできなくなったももりですが、京都中京に住まう限り、ほとんどお金も使わずに、楽しみは無限にありそうです<

|

« 古都初冬 鹿ケ谷 (ししがだに) | トップページ | 吉田山登山 標高105,12メートル »

コメント

お蔭様で、美しい草仮名が少しは読めるようになりました。
暗号が解読出来た時のような喜び、古人の心に近づけたような気持、
ドキドキします。

嗚呼、張り切ってスタートした今年も早や終わろうとしています。
何というこの一年、予想外の事が目白押しで、今でも本当のことか
信じられない気持でいます。

ももりさまは、私などよりもっともっと…
それでも新しい喜びを見つけて生きていけること、
教えて下さりありがとうございます。

投稿: 山桜 | 2016年12月 7日 (水) 18時08分

玉蘭さんの意志が墓の位置にまで届いた、墓を作られた方はちゃんと守って下さったのですね。その時代にあってもです。逆に池一族から見放された?。どちらにしても本人の望むところなのでしょう。
流麗なかな文字、素晴らしいです。よほど馴染まれないと読めないです。活字が有って良かったと思っています。
何か新しいことを始める限り、年は取らないとか。

投稿: kazuyoo60 | 2016年12月 4日 (日) 08時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101420/64572787

この記事へのトラックバック一覧です: ぶっ飛んでた江戸時代の女流画家 玉蘭:

« 古都初冬 鹿ケ谷 (ししがだに) | トップページ | 吉田山登山 標高105,12メートル »