« 又々 夢は山へ | トップページ | 錦秋の古都 京都 »

2016年11月 6日 (日)

泣いてしまったこと

 先日は、卒業60年、中学校3年のクラス会・・・最後のカラオケで泣いてしまった・・・というのは・・・・ 
ご存じ、岩崎宏美さんの歌「マドンナのララバイ」
   

 ♪♪♪・・・そう・・・眠りなさい  つかれきった体を投げ出して
 青いそのまぶたを  唇で  そっとふさぎましょう

 ♪♪♪・・・そう・・・できるのなら  生まれかわり
 あなたの  母になって  私の命さえ  さし出してあなたを  守りたいのです



 ♪♪♪・・・・このまちは戦場だから  おとこは みんな 傷を負った戦士
 今は 心の痛みをぬぐって  小さな子供の昔にかえって・・・・・あつい胸にあまえて・・・

 ♪♪♪・・・そう    わたしにだけ  みせてくれた   あなたのその涙
 あの日から決めたの  その夢を支えて  生きていこうと・・・・
    


 ♪♪♪・・・・恋ならば  いつかは消える  けれども  もっと深い愛があるの・・・♪♪♪


 これって、まさしく今の私の歌・・・傷を負った激しい戦士であった相棒は・・・・今、車椅子・・・
次男の死・・・人前ではあまり泣かなかったのに・・・フ・カ・ク・・・下、スケッチは、先日ちょっくら足を伸ばした嵯峨野

Dscn1937_2

Dscn1935


Dscn1934_2

Dscn1936


 そうそう・・・エジプト展も見てきましたよ。今、秋たけなわ・・・特別公開のお寺とか、行事とか・・・行きましょう。

Dscn1928


|

« 又々 夢は山へ | トップページ | 錦秋の古都 京都 »

コメント

山桜様   「守ってあげたい」・・・この歌は知りません。カラオケもほとんど行ったことなし。歌謡番組にも興味なし。どちらかと言うと静かな方が好き・・・でも、マドンナ・・・の歌はテープを買いました。でも、その時は主人の前で歌ったりしてたもので、本当にウルルときたのは初めてです。


玉井人ひろた様   やっぱり・・・息子が死んだ時も人前では泣くかなったのにねえ。   


kazuyoo様   晩年って、新しい出会いの時…悲しい出会いの時かもしれませんね。


もうぞう様   素人の歌ですって???自分でうたったのよ・・・


おばさん様   半世紀って言うけど・・・60年ですよ・・・長く生きたものです。


tomoko様   中学3年生の時の同級生。みんなそれぞれいろんな問題を抱えているようです。元気で長生きしてほしいものです。

投稿: 山口ももり | 2016年11月14日 (月) 09時29分

涙は心の汗だよ。
汗かくことは、悪くない。

投稿: くちかずこ | 2016年11月 9日 (水) 23時00分

同級生って特別な仲間ですもの
ご自分の心の鎧を取り外せたのでしょう
ご主人様を思うお心が涙となって溢れたのですね
涙を流すことは心を清める作用があると思います

齢を重ねれば、誰でもが生きにくさを持つことになると思うのです。助けが必要になることも、助けなくてはならないこともあるでしょう。それがこの世の定めでしょうか。

素敵なスケッチに私は慰められていますよ!

投稿: tomoko | 2016年11月 8日 (火) 20時49分

中学時代のお友達と会われたのですね
懐かしさも手伝って一層 歌詞が
心に刻まれたことでしょう

投稿: おばさん | 2016年11月 7日 (月) 20時18分

プロの歌声ではなく、素人の唄で泣けたとは・・・
もっともカラオケは、歌詞が表示されますからね。
わたしは「駅」で泣けそうになあったことがあります。
竹内まりやの唄ですが・・・

投稿: もうぞう | 2016年11月 7日 (月) 18時18分

深いところで思いやられて、この歌のようにですね。
お辛いのはご主人様、それを支えられる、ももり様も不条理をお感じだと思います。晩年になるほど、諦めなくてはいけないことが増えますね。自分に言い聞かせて書いています。
あちらもこちらも紅葉が始まって、良い色に染まってきましたね。
黄金のマスクは、発見されてから未来まで大事にされ続けますね。

投稿: kazuyoo60 | 2016年11月 7日 (月) 09時57分

考え方を変えれば、「同級生によって心が解放された」とも言えるんじゃないでしょうか?

投稿: 玉井人ひろた | 2016年11月 7日 (月) 08時58分

今、すごく、分かります。
いつも通り変わらず、いや2割増しくらいは明るめに暮らそうと
思っていたこと自体、気が張っていたのでしょうか… 
ふとTVから流れてきたユーミンの「守ってあげたい」の歌詞に
心がつかまれ涙が止まらなくなりました。

So you don`t have to worry, worry
守ってあげたい
あなたを苦しめる全てのことから
'Cause I love you…

乗り越えてゆかねばならない厳しい現実の為にも、美しいものに心が
揺り動かされる時間も持ち、エネルギー充填したいですよね。

投稿: 山桜 | 2016年11月 6日 (日) 23時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101420/64451506

この記事へのトラックバック一覧です: 泣いてしまったこと:

« 又々 夢は山へ | トップページ | 錦秋の古都 京都 »