« 泣いてしまったこと | トップページ | 明日から「日本水彩京都支部小品展」 »

2016年11月11日 (金)

錦秋の古都 京都

Dscn1941_2


Dscn1942_2


 上 2枚は国宝、銀閣寺東求堂、秋の特別公開を見てきました。お天気はバツグン。相棒はデイケアーです。

 銀閣寺、ご存じ足利義政の別邸です。この人物、室町時代、7代将軍、東山文化を作り上げた人物ということですが、京都の民にとっては、実につらい為政者でした。11年とも、いや、もっとぐずぐずと長く続いた戦いの中の民・・・飢饉、疫病、つむじ風、火災・・・実に京都の1/3は燃えたといいます。何度も何度もの火災の後、焼け残った寺院は、今の千本釈迦堂だけだったといいますから・・・・賀茂川は数知れぬ死体で流れもとどこおり、腐臭はたえがたかった・・と、言います。


 将軍を取り巻く野心家達の対立は、遠い治行地の兵をよびよせて京都で戦います。他国者同志の戦いが京の都を舞台に繰り返されました。都は凌辱をほしいままにされたのです。その中で鬱勃と起こった町民の力が、祇園祭を復活し、今に至っています。


 日野富子・・・この高利貸しは義政の妻。敵味方を問わず高利で金を貸し付け、米を買占めました。そもそも・・・義政が将軍に位を譲ろうと、高野山で僧になっていた弟、義尚を還俗させます。そのとたん、日野富子が男児を出産・・・つむじをまげた義尚は、さっさと敵方へ・・・も・お・お・・・・自分の利害しか考えていない足利将軍家の優柔不断、日和見が戦いを増幅させていったのです。

 今の、日本人の生活は、ほぼこの室町時代にでき上ったといいます。一日3度の食事、お茶の文化、書院つくり、障壁画、たたみの生活・・・・特別公開の東求堂は、美しい銀閣寺山のふもとに端然とたたずんでいます。しかし・・・完成を見る前に義政はなくなったそうです。



  下、2点は旧三井家別邸・・・ホラ、あの「あさが来た」の、あささんの三井家の別邸です。あささんの手紙もショーケースの中に展示されていました。これがぁあ・・・読めないのよねえ。


Dscn1939_2


 この、屋上の3階で、三井家の人々は大文字を楽しんだのですって。

Dscn1940_2


|

« 泣いてしまったこと | トップページ | 明日から「日本水彩京都支部小品展」 »

コメント

kazuyoo様   そういえば・・・・大文字はいつ頃から???又また新しい疑問・・・調べてみますね。海外へ旅ができた間は、ついつい西洋史の華やかさ???華やかって言葉は問題ですけど…それはそれとして・・・今は国内旅行もできなくなって京都の面白さに救われています。


あきみず様   京都ってまだまだ知らない所が一杯あるようです。今、特別公開のポイントを訪問しています。昨日は八瀬へ・・・ちょうど大原行きのバスがきたので、大原へ足を伸ばしましたが、大原より八瀬のほうがまだ田舎で、良かったです。


すみとも様   大文字・・・の歴史も調べてみますね。11月いっぱいは人がいっぱい。でも・・・まだまだ人知れずひっそりした穴場がありそうです。


山桜様   何もなければ・・・ですって・・・ひょっとして・・・京都へいらしてください。汚いセマセマした中京ですけど・・・あなたのところは自然がいっぱいのようで、羨ましいです。

くちかずこ様   あなたのエネルギーに派いつもいつもびっくり。でも・・・やっぱり年がお若い・・・いいなあ!!!でも、無理しいないでくださいね。

投稿: 山口ももり | 2016年11月14日 (月) 09時17分

三井家別邸、行ってみたいなあ。
でもさ、実際には、妾を囲って、そこに子供が三人、長男も妾腹・・・
そんなこんなも時代なのかなあって思っているくちこです。

投稿: くちかずこ | 2016年11月13日 (日) 23時45分

ああ、錦秋の京都、良いですねぇ 
何も無ければ、今年こそ11月の下旬はケロと錦秋の京都へも
遊びに行く予定でしたが、反対にケロが東京へ来るようなことに
なってしまいました。 

投稿: 山桜 | 2016年11月13日 (日) 00時38分

お晩です^^
 今日はこちら小春日和でしたよ。 固まった身体もほ~っと 融けるようです。

 京都の秋 良いですね^^  
  
  三井家の別邸 すみともは行ったことがありませんよ! 屋上の三階は 十文字を楽しむために造られたのしょうか^^ 

  

投稿: すみとも | 2016年11月12日 (土) 17時13分

もう紅葉の季節 華やか装いに出かけたくなります。
三井家別邸は日本風にアレンジした建築で
スケッチを見るだけで、目に浮かびます。

投稿: あきみず | 2016年11月11日 (金) 18時11分

銀閣寺に行かれましたか。母の晩年に行きました。
わが家に畳の部屋も有りますが、メインの場所は板間にしましたから、更に自分に都合良くになっています。
三井家ですか。瀟洒な建物ですね。商才、頭の良さの血が受け継がれたのですね。大文字の歴史も古いのですか。紅葉が綺麗です。

投稿: kzuyoo60 | 2016年11月11日 (金) 11時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101420/64473113

この記事へのトラックバック一覧です: 錦秋の古都 京都:

« 泣いてしまったこと | トップページ | 明日から「日本水彩京都支部小品展」 »