« 「四明展」今日から | トップページ | 泣いてしまったこと »

2016年10月31日 (月)

又々 夢は山へ

 先日、小林一彦氏の写真展に行ってきて以来、マタマタ山の本に逆戻りしています。

Dscn1924_2


 小林一彦氏の一言「マナスルに初登頂した小西壽夫は、ぼくの叔父なんです」って。さ・あ・あ・・・・早速「マナスル登頂物語」を借りてきました。「少年少女20世紀の記録8」です。
 実はこのシリーズ、息子たちのために全部買ってそろっていたのですが、子供たちが大きくなっって、本棚を大きく占領するので、特に残したい5~6冊を残して処分してしまった本の一冊でした。やっぱり・・・本って捨てたら、あ・か・ん!!!

 新田次郎「栄光の岸壁」上下・・・どうも・・・新田次郎氏の山シリーズは、好きになれません。かつて、山大好きだった私にとって山行は、心おどる朗らかで楽い時間でした。会話はユーモアに満ち、朗らかで、思いやりや、友情でいっぱいでした。そりゃあ・・・・私の行った山とは、スイスアルプスの岸壁とは程度が違うといわれそうですが・・・
 同じ、アルプス三大北壁に挑んだ今井通子さんを主人公にした新田次郎「銀嶺の人」上下でも、あまりにも緊張感と攻撃欲ばかりが強調されてやりきれません。でも、ご本人の今井通子氏ご自身が書かれたご「私の北壁」やヒマラヤ山行の「私のヒマラヤ」は感動です。危険で、困難な局面になればになるほど、仲間のために行動し、いたわり、友情にあふれています。危険な局面になればなるほどユーモラスな会話で緊張感をほぐします。エゴをおさえ、仲間をいたわり、登頂に向かう仲間愛こそが、山行の素晴らしさなのです。勿論、刻々に変わる山の美しさ、その神業は…も・お・お・・・言葉にも絵にも写真にもできないほど大きな物です。

 も・お・お・・・・今の私は、膝はガタガタ、山はムリ。相棒は車いす。長い移動もいやがります。私の夢は・・・本の中・・・・それと・・・・おお・・・思い出の中のスケッチブック・・・

Dscn1918_2

Dscn1920_2


|

« 「四明展」今日から | トップページ | 泣いてしまったこと »

コメント

寒いあさですね! 始動出来ずに PCタイムです^^

 冬山もおやりになったのですか? ハイキング程度経験しかありません。

  浅田次郎は読みましたが 今井通子のは読んでいません 今度読んでみますね^^

 スケッチブックの中の山 お二人の思い出ですね。
  ”思い出の スケッチブックで 登山行” 
    
   今日も暇らーや行です。゚(゚^∀^゚)゚。
    
  

投稿: すみとも | 2016年11月 5日 (土) 09時02分

こんばんは。
山の本に山の絵いいですね~。
山の絵、ももりさんの絵が特にいいですね。
わたしは山は登りませんが、ももりさんの絵は
透き通った空気の山を感じさせます。

投稿: 浜辺の月 | 2016年11月 4日 (金) 23時27分

kazuyoo様  学校行事・・遠足の低い山・・・奈良なら・・・いいお山が周囲にはいっぱいですよね。畝傍、耳成、香久山・・・甘樫の丘、談山神社、春日山・・・ゼエンブ・・・私も登りましたよ。エッヘン


もうぞう様  ちょっとしたタレント???あの眉毛の太い人ですか???でも・・・やっぱり強い人でしょうねえ。嫌では行けませんよ。いくら仕事でも・・・ね


おばさん様   間もなく76才・・・端くれだけど女なんです。そろそろ人前からスーッと消えなくっちゃ。あまりにも見苦しいのもねえ。


山桜様 キイーンと引き締まった山の空気・・・そうですよねえ。ホント・・・も・お・お・・・・遠い日々ですねえ。またまた今井通子さんの本を読んでいますよ。何度読んでも本当に幸せになります。


あきみず様  沖縄・遺跡・・・いいなあ!!!滋賀県なら私にもすぐ行けそうですけど・・・昨日「黄金のファラオと大ピラミッド展」みてきました。楽しかったです。

投稿: 山口ももり | 2016年11月 3日 (木) 08時38分

私は山には、行かなかった代わりに 新田次郎氏の
本を読んでは 山行を体験していました。孤高の人が
一番感動した本でした。それからほとんどを読みました。 これから紅葉も始まります 人の少ない
穴場を巡って 満喫してください。

投稿: あきみず | 2016年11月 2日 (水) 17時10分

ももりさんのスケッチを目の前にして、思わず深呼吸!
白い峰々からの雪交じりのキ~ンと引き締まった冷気、
初夏のお花畑からの溢れんばかりの新しい生命の息吹、
懐かしい山々の空気が伝わって来て嬉しくなりました。

投稿: 山桜 | 2016年11月 1日 (火) 16時09分

↓ ももり様
少しスリムになられたのかしら
お肌のすべすべ感が素敵
このお顔はももり様が生きてこられた
全てを映し出しているんですね
理知的で尊敬しちゃいます
お父様
確か教師だった記憶していますが
素晴らしい書家でもあったんですね
良い環境の中で成長されたことが
伺われます

投稿: おばさん | 2016年10月31日 (月) 20時33分

ちょっとしたタレントでもチョモランマに登れる時代とは言え、なかなかどうして、わたしなど論外です。

投稿: もうぞう | 2016年10月31日 (月) 18時08分

マナスル登頂ですか。子供の頃の記憶では、日本隊が成功したニュースを強烈に覚えています。そのあたりから、大勢の方が登頂に成功され出したような。
小学校だったか中学だったか、学校行事の低い登山でもヒーヒー言っていたのを思い出します。

投稿: kazuyoo60 | 2016年10月31日 (月) 10時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101420/64418220

この記事へのトラックバック一覧です: 又々 夢は山へ:

« 「四明展」今日から | トップページ | 泣いてしまったこと »