« はたちになったぼくへ | トップページ | ひょっとして???新種??? »

2016年9月23日 (金)

種が島と鉄砲伝来

 今、山本兼一・・・・・面白い!!!


Dscn1868_2


 種が島に鉄砲がもたらされて2年。イエズス会宣教師ザビエルは日本にやってきた。しかし、やってきたのはザビエルだけではない。日本の銀山をのっとろうと虎視眈眈の策士もいた。
 薩摩藩藩士、アンジロウ・・・・性格破綻者である父を殺し、ポルトガル船で日本を脱出。ゴア、インド、中国・・・・流浪の末、クリスチャンになった。ザビエルにつかえ、彼の命ずるままに、日本へ帰ってきた彼の目に映った、日本の為政者達???大内、陶、尼子、大友・・・それぞれの領土への私欲の間にひそむ列島の亀裂。ここにくさびを打ち込み、銀山のポルトガル領有をたくらむ悪党・・・・・虚々実々・・・・おもしろい!!!


 銀の島・・・日本はかって豊富な金や銀を産出したんですから。


  ・・・・シャビエル神父ハ ウソツキナレバ 夫ノコトバヲ 信ズルベカラズ・・・略・・・サビエルガ 日本ニモタラシタモノハ 厄災デアッタ・・・


Dscn1867


 下、3冊は原田マハさん。「狼藉のゲルニカ」最初、図書館で借りようとしたら、待っている人が224人。「一冊の本をみんなで待ってるの??」「いいえ、8冊あります。まだ購入する予定もあります」ということでしたが、先日図書館で聞きましたら、「まだまだ・・・やっと164人待っています」ですってさ。さっさと読んでよ!!!

Dscn1863_2

|

« はたちになったぼくへ | トップページ | ひょっとして???新種??? »

コメント

kazuyoo様  幕末には日本の金が大変な量、流出したんだそうです。それほど日本では安かったということでしょうか。数字にはとことん弱いんです。


すみとも様   もう少し涼しくなったら、お出かけもしたいです。相棒に朝早く、食事をしてもらい、お昼を枕元においてお留守番をしてもらいましょう。本人は、腰や背中が痛くて、おでかけの気力はないといいます。「さっさと行ったらええやん。誰も行くななんて言うてへんでえ」ですってサ。

ちゃぐまま様   あなたに紹介してもらって読んだ本がたくさんありますね。「安土往還記」ですか。面白そう。ご家老の日記も面白いでしょうね。古文書、人によってくずし方がちがうので、どうしても読めないのに、何度も繰り返して出てくる字とか、一度わかると、途端に全部読めたりして、とても痛快な時がありますね。面白いですよね。歴史に密着ですね。うらやましい!!!


あきみず様   でも・・・・もう゚ちょっと早く読めないのかしら???ね。340人とは・・・・大変ですねえ。


玉井人ひろた様   はっきりわからない部分を作家は空想というか、想像力で埋めていくんですよね。一体、どこまでがホンマなんやろ???と思いつつ引き込まれていきます。それにしても作家って博学なんですよお。

投稿: 山口ももり | 2016年9月27日 (火) 08時41分

歴史の表舞台ではメジャーではない人物は、数限りなく存在しています。
そう言う小説を書く人には、日本は題材の宝庫だと思います

投稿: 玉井人ひろた | 2016年9月26日 (月) 08時06分

図書館の予約は、新刊は一年後くらいに 借りると
いいですが、早く読みたいですね。私も予約は
8点程入れてますが、最長半年以上は待ちます
有川さんの本が、14冊で 340人からでしたから
届くのは来年でしょう。 しょうがないです。

投稿: あきみず | 2016年9月25日 (日) 10時39分

パソコンの画面に思わず手が出そうな本!本!本!
このあたりってすごく面白いですよね。
ももり流集中力と速読で、次々と読んでいますね~!
辻邦生「安土往還記」もお勧めです。ちょっと息が詰まりそうなほどですが、辻氏らしい著作です。
今古文書の方が忙しくて。解読の分担があり大変ですが、
それなりに楽しみもあります。
家老日記なので漢字の草書体・・・。この年になっても
苦しんでいます。

投稿: ちゃぐまま | 2016年9月24日 (土) 20時15分

今日も一日小雨でした。

  明日は 図書館へ行けそうです^^
   また 原田マハ借りてくるつもりです。
   銀の島・・・も 探してみます^^

 リンドウとかるかや・・・素敵!秋ですね。
   

投稿: すみとも | 2016年9月24日 (土) 15時47分

銀と銅を分ける方法を見つけてから、銀の生産量が上がったとテレビで見ました。
>待っている人が224人
凄い登録数です。ただただビックリです。

投稿: kazuyoo60 | 2016年9月23日 (金) 09時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101420/64235640

この記事へのトラックバック一覧です: 種が島と鉄砲伝来:

« はたちになったぼくへ | トップページ | ひょっとして???新種??? »