« てこね寿司 | トップページ | 無事 »

2016年7月26日 (火)

日本水彩京都支部展  京都府立文化芸術会館

Dscn1816_2

 今日は、会場当番です。間もなく出かけましょう。


 癌2年目の検査で、異常なしと言われて、急に元気になりました。でも、中々、創作の余裕がなく、新しい展開ができません。それでも、今まで、一枚しか出品できない展覧会のために、2~3枚は描いてきたものですから、未完の絵がたくさんあります。当分は、それらを仕上げるつもりです。日本水彩京都支部とは言っても、大阪、滋賀、奈良、香川、徳島と広い地域の作家たちが出品しています。

 本は、今、原田マハ氏にハマっています。
「暗幕のゲルニカ」は今、図書館で82人待ちですって。
「一冊の本を82人が予約してるの??」って聞きましたら「本は14冊あります。まだ、これから買い入れる予定です」ということで予約しました。書架に並んだ作品をとりあえずかりてきています。売れっ子なんですねえ。

Dscn1817_2

 肩が張らず、本がぐいぐい引っ張ってくれます。文体は、全く今風というんでしょうか、少々面くらいます。でも・・・発想の飛躍が、さっすが・・・少女漫画、アニメ世代。今まで読んでた作家とはちがう風を感じています。


Dscn1800

 「翼をください」は、太平洋戦争が始まる2年前・・・って、つまり、ももりの生まれる2年前jのお話。なんだか身近なお話です。毎日新聞社が国産飛行機で世界一周をなしとげました。その2年前、アメリカの国民的英雄女性パイロット、アメリア・イアハート・・・彼女は太平洋上でなぞの失踪をしたのですが、・・・実は・・・というお話。周りは全部事実でかためて、肝心のところを意外な想定をして物語を作りだしています。飛行機、全く無知のももりでも、ぐいぐい引っ張られて読みあげてしまいました。


 「永遠をさがしに」これも、実在のコンサートや演奏家や、楽曲をふんだんに盛り込んだおしゃれな一品。若い人達独特の言葉使いなど・・・フムフム・・・・あっという間に読了。音楽ファンには一読おすすめ!!です。


 以前、アップしました「楽園のカンヴァス」も、NY近代美術館が所有するアンリ・ルッソーの絵が、実は、もう一点、スイスの偏屈な収集家の収蔵品の中にある・・・というお話・・・・世紀末のパリ、売れない絵描きの描いた古キャンバスは新品のキャンバスより安く買えたから・・・その上に新しい絵を描くことは十分にありえます。ももりだって、何度も何度も、上から描きくわえたり、変えていくんですから・・・・実は、この絵の下にはブルーピカソ・・・青の時代のピカソの作品で、現代もっとも高価な価格で取引されているもの・・・・だって???なきに・・・しも・・・あらず・・・ックー・・・何でもありの発想に脱帽!!!です。

|

« てこね寿司 | トップページ | 無事 »

コメント

展覧会だったのですね、
準備なども暑い中 大変だと思います。
ガンの検診 何もなくてよかったですね!安心して製作に打ち込めるのではないかと思います。
この秋の健康診査 採血でがんの検査をするそうです、
やはり何事も無ければと・・・

投稿: nyar-nyar | 2016年8月 2日 (火) 22時02分

「楽園のカンヴァス」、素晴らしいまとめです。さすが物事の捉え方が的確で表現も無駄がなくて!
読んだことがある私でさえ、再度ストーリーを認識し直しました。
展覧会、お疲れ様でした。
常にどこかで脳を活性化していることが秘訣なのですね。

投稿: ちゃぐまま | 2016年8月 1日 (月) 12時31分

あきみず様   暑い中、遠方ですのにお越しくださいまして本当にありがとうございました。ゆっくりお話も聞けてうれしかったです。発掘現場・・・行きたいなあ!!!

くちかずこ様   体が不調なのは本当に心にも響いてつらいですね。中村紘子さんや千代の富士さんのお話も他人事とは思えません。暑い中くれぐれもお大事に・・・ね。

kazuyoo様   植物って熱さには強いんですねえ。朝顔が変なところから咲き始めました。水道管の裏側の隙間をすりぬけて、反対側からきれいな花が二つ・・・・面白いですねえ。

投稿: 山口ももり | 2016年8月 1日 (月) 08時43分

さっそくお返事ありがとうございます。
30日午後2時に そちらに伺います。
無理させてしまったようで 恐縮です。

投稿: あきみず | 2016年7月27日 (水) 20時43分

あきみず様   土曜日30日午後2時ころか、日曜日午後3時ころならどちらかに出かけましょう。他はなんやかやとあります。ホンマ、ひどいおばあちゃんが素敵な男性に会うってのは気恥ずかしいです。でも、心より楽しみにしています。

投稿: 山口ももり | 2016年7月27日 (水) 07時42分

どんな時も、
どんな環境でも、
どんな年齢でも、
自分に正直に、自分らしく過ごせたら良いですよね。
↓の壺、素晴らしい!

投稿: くちかずこ | 2016年7月26日 (火) 20時47分

水彩画展に伺います 次にももりさんが、こられてる
時にあわせればいいのですが、
翼をください ぜひ読んでみたいです
最近面白い本をよく読んでいます。

投稿: あきみず | 2016年7月26日 (火) 20時05分

のちに有名になった巨匠の作品、それをキャンバスの代わりに買って、当人が上に描かれた、あり得たことなのですね。目利きが値段を決める世界ですね~。

投稿: kazuyoo60 | 2016年7月26日 (火) 11時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101420/63968278

この記事へのトラックバック一覧です: 日本水彩京都支部展  京都府立文化芸術会館:

« てこね寿司 | トップページ | 無事 »