« いのちみょうが | トップページ | 日本水彩京都支部展  京都府立文化芸術会館 »

2016年7月19日 (火)

てこね寿司

Dscn1811_2_2



お友達がきてくれるっていうので・・・朝顔を生けました。
この壺が・・・ももりのご自慢の壺です。お手製。丹波の陶芸家のところへ遊びに行って土をもらってコネコネ。焼いてくれました。何しろ竹の灰釉なんですって。「サグラダ・ファミリアみたい!!!」って言ってくれた人もいて、ご機嫌です。


 ともかく、よそにはないってのがいいのよねえ。一人自慢のホメテなしですって???は・は・は
お昼は、てこね寿司と釣りキチのお魚のカルパッチョ。写真はなし。


 相棒は車椅子で、もう遠い外国にも行けなくなったし、国内すらなかなか・・・です。だぁかぁらぁ・・・絵を描きましょう。ももりは一枚出品作をつくるのに、途中で気が変わったりして2~3枚描いてきたものですから、描きさしの絵はいいっぱいあります。それを・・・当分、なんとか仕上げましょうか。

 


 なんだか、もう、立ち直りました。癌からも、息子の死からも・・・息子はもう私の子宮の中に戻りました

|

« いのちみょうが | トップページ | 日本水彩京都支部展  京都府立文化芸術会館 »

コメント

kazuyoo様  朝顔は先へ先へとつぼみをつけるので、切ってしまったらその先がパーですよね。今年、去年の種がふんだんにあったので、切っても大丈夫です。次の日も一輪、その次の日も2輪、小さくなって咲いてくれました。かわいいねえ。


tomoko様  息子のことは、もう結論がでてしまったって感じで・・・どうにもならない。相棒が脳溢血で後遺症に苦しんでいて、介護の私も大変です。息子も生きていてくれていて、こんな状態になってたら、どうなったやろかと思ったりもします。


すみとも様   わたしは、基本、粗食です。冷蔵庫にあるものも使いたい。何か工夫もしたい。ま・あ・あ・ある意味押し付けですよ。は・は・は・・・


umebati2492様   結局、いただいたりした花瓶よりも自分の作ったのを使うことが多いです。食器もカップもね。


おばさん様   朝顔って、花は一つですし、何かに巻き付いているものですから、結構切りにくい、しかも先のつぼみは、ダメになりますしねえ。ことし、たくさん朝顔あるんですよ。


nyar-nyar様   自作の器はたくさん家にゴロゴロしています。。花瓶もお皿もコーヒーカップも・・・お客にはそれらを強要するのよね。息子のこと・・・・可愛いかったなあ!!!けど・・・もお…結論がでてしもたしぃ・・・


ちゃぐまま様   私もいつも利休と秀秀をおもいだします。朝顔って、案外水揚げがよくて、先についてるつぼみも咲いてくれますよ。ま・あ・あ・種類によつのかもしれませんけど。もし、よかったら・・・「永遠をさがしに」音楽ふんだんのお話です。原田マハ・・・肩もこらないし・・・


あきみず様   描きさしの絵・・そうそう私もたくさんあります。今、カーッと絵に立ち向かえるという状況にないので、未完成の絵を仕上げて出品しています。それなりに新しい展開も思いついたりして楽しいです。

投稿: 山口ももり | 2016年7月26日 (火) 10時02分

若い頃に赤膚焼の窯で、土をこねこねして
コーヒーカップを作りましたが 今は何処に
行ったか?こんなに上手くかたちにはなりませんでした。  描きさしの絵 同じプラモの作りかけが
私もようけ持ってます。今は新キットを買わない様に
していますが、生涯分は十分あります。

投稿: あきみず | 2016年7月25日 (月) 17時47分

存在感のある花瓶を見てすぐ自作だとピンときました。私は何故が旧市街を思い出しました。
朝顔、利休と秀吉の床の間の一輪挿しを思い出しました。
ももりさんの一期一会ですね。
スマホでバスの中からです。

投稿: ちゃぐまま | 2016年7月25日 (月) 10時46分

ももりさん こんばんは
世界に一つ!ここにしかない作品sign01
素敵ですね、朝顔も誇らしげに見えます。
今までの描きかけの作品に新しい風を当てるのも素敵な事かも知れません。
きっと作品から勇気をもらえると私は信じています。
息子さんのことも乗り越えられる日はきっと来ます。

投稿: nyar-nyar | 2016年7月24日 (日) 21時51分

オリジナルって良いと思います
何といってもこの広い世界にたった一つ
素晴らしいことですね
またアサガオの活け方も感動的
躍動感が伝わります
活け方ひとつで花も生きてきます

投稿: おばさん | 2016年7月24日 (日) 10時49分

自慢の花瓶良いですネ、、、、。
色合いも、花瓶の姿も、味わいがあります、
其れに、この世に一つしか無い作品、、、。?
益々作品に愛情がわいて来ますネ。

投稿: umebati2492 | 2016年7月22日 (金) 17時19分

素敵な生け花になりましたね^^
  自作の花瓶 竹の灰釉なのですか良い色が出ましたね!

  去年も今頃朝顔を生けられましたよね。 朝顔が切り花になるのを知ったので 印象に残っています。

 今年のは数倍 かっこいい~~

 お写真の撮る間もなくの御昼ごはんオシャベリ付きで 美味しかったでしょうね^^

投稿: すみとも | 2016年7月20日 (水) 16時17分

息子さんは、ご自分の体の中に!
この感覚、とてもよく理解できます。私は父、母が亡くなった時にそれまで遠く離れていた距離感が無くなって、自分の胸の中に両親が居る感覚を覚えました。それまでよりぐっと近い存在になったのです。
もう立ち直った!
やはり強いお人ですね!  その調子で・・・と言っても無理をなさいませんよう、ご自分らしくお過ごしくださいませ。

投稿: tomoko | 2016年7月19日 (火) 17時25分

アサガオ、綺麗ですね。ヨウジロアサガオなら、日陰で夕方まで持ちますものね。
>サグラダ・ファミリアみたい!!!
なるほどです。珍しい花器と思いましたら。
意欲がお出になりましたが、暑いですからご無理なさいませんように。

投稿: kazuyoo60 | 2016年7月19日 (火) 17時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101420/63937287

この記事へのトラックバック一覧です: てこね寿司:

« いのちみょうが | トップページ | 日本水彩京都支部展  京都府立文化芸術会館 »