« 井上靖の絶筆「孔子」 | トップページ | 京都と東京で »

2016年5月31日 (火)

多事多難

Dscn1708_2

 ももりは東京へ行くとき、新幹線から富士山が見えたら、「きっとうまく行く」と信じます。ずーっと、これはもうジンクスで、信仰でもあります。その日は、ぼーんやりした晴れ。
 でもでも・・・・富士川のうえには、くっきり・・・???とはいかないものの富士山の全貌が見えてるじゃありませんか。

 相棒をショートステイの送りだしたら、もう用事はありません。東京でゆっくりしようかと家を出ました。2時過ぎにはホテルにチェックイン。不忍の池、水上音楽堂の前の静かなホテルです。のおおんびりと周辺を散策。その後、息子の家と、事務所を訪問。お嫁さんのお手間入りのごちそうもいただいて。うーっとり。
 明日からは、緊張の3日間です。


Dscn1709_2


 Dscn1710_2


 3日間、何とか至らないままにつとめまして、できるだけ早く帰宅。相棒を迎えたのは、午後4時過ぎだったでしょうか。
 機嫌よく、あちこちに電話したりして、夕食の準備にかかった時、相棒が急に激しい痛みを訴え、車いすですぐに病院へ。そのまま緊急入院、手術となりました。

 あんまり、楽しい話でもないし・・・・でも・・・手術は無事におわり、後は傷口がふさがるのを待つばかりです。ご心配かけてまして、すみません。

 東京であまりよく眠れなかったから、今夜こそはと帰ってきたその夜、真夜中の12時から手術は始まりました。
待合室で待つ時間はのろのろ。「何にも言ってこないということは生きてるってこと。相棒のために、こんな真夜中に、何人もの先生が、頑張ってくださってる」と思いながら待ちました。2時間半くらい???「手術は無事、終わりました。あとは管を抜いたり事後処理です」との先生のお言葉です。

 相棒ときたら、気がついて最初に言った言葉 「又、死にぞこのおた」ですって。憎まれ口は死ぬまで・・・でしょうかねえ。皆さまにこれだけやっていただいてるのに、まああ・・・

 その、後一日おいて、息子の100か日。お骨も土に・・・・みいんな無事に終わりました。あ・あ・あ・・・・・

Dscn1707_2

 病院の待合室にあった本。これが・・・・面白かったのよねえ。
芥川龍之介の自殺前後の、昭和初期の有名な作家たちとの風景。三島由紀夫、志賀直哉、菊池寛、佐藤春夫・・・・。井上靖は・・・まだ出てこないなあ。ちょっと年代的に新しいのかしら。


 どうしても、文字を拡大できません。どうもどうも・・・

|

« 井上靖の絶筆「孔子」 | トップページ | 京都と東京で »

コメント

ももりさま
自分の身の回りのことに追われて暫くお伺いできない間に、
東京にも来られ、ご主人様の手術に、ご子息様の百か日…
想像するだに大変な日々を過ごしていらしたのですね。
どうかももりさんにお疲れが出ませんように…。
目まぐるしい日が続きますと、一杯のお茶にお菓子のような
小さなひとときの幸せをしみじみ思います。

昨日は、奥多摩の山々の向こうに一瞬だけ富士山が頭だけ
のぞかせてくれました。 ほんの一部だけでも富士山だと
分かるところが、やっぱり不二のお山ですね。

投稿: 山桜 | 2016年6月 5日 (日) 23時14分

ももりさん こんばんは
東京ではお疲れ様でした!
無事にお勤めを果たし帰宅してご主人様の緊急手術・・
本当に大変でしたねぇ。
無事に終わってほっとなさったと思います。
ゆるゆるお過ごしください。

投稿: nyar-nyar | 2016年6月 5日 (日) 19時36分

心から御慰労いたします。
短い間に劇的なことがあったんですね。
ひとつひとつのことに正面から向き合う姿に
深く感銘を受けています。
ここにアップされるときはもう平静さを取り
戻された時で、どんなにか大変だったことでしょう。
読む側も、最終的に落ち着きました。
ひとつひとつの山を乗り越えるたびに、人生に深みが
増していくことは確かのようです。
こういう場面に直面したら私はどんなになるか・・・、
対処の仕方でその人の価値が決まる気がします。

投稿: ちゃぐまま | 2016年6月 4日 (土) 15時59分

この場をお借りします。
私、すごいドジをして自分のブログのURLが変わってしまいました。

http://tomoko-kisi.cocolog-nifty.com/heibonnna/

これを右クリックしてコピーし、アドレスバーに貼り付けてお使い下さい。 
申し訳ございませんが、他の方法はこれから考えますので、取りあえず、宜しくお願いいたします。

投稿: tomoko | 2016年6月 3日 (金) 06時59分

こんにちは。

お帰りなさい、
東京での、お仕事お疲れ様でした、、、。
人生には、色々な事がありますネ、、、、。?
暑い日が続きます、
お身体お自愛下さい、、。

投稿: umebati2492 | 2016年6月 2日 (木) 15時13分

大変ですね。。 お大事になさって下さい。

投稿: すみとも | 2016年6月 1日 (水) 23時44分

色々なことがありましたね
ご主人様はももり様が帰ってくるまで
待っていたんですね
お一人では心細く不安だったと思います
やはりお二人は信頼し合っているんですよ

富士川橋から上流に8kmぐらいのところに
わが家があるんですよ

投稿: おばさん | 2016年5月31日 (火) 21時11分

またまた大変でしたね!  でもでも、お帰りになってたので良かったですよ。 東京のお疲れも吹っ飛んじゃったかもしれませんが、今はご自分のお体も休めて下さいね。

富士山が見えると好いことがある・・・私もそんな風に思いますよ。

投稿: tomoko | 2016年5月31日 (火) 16時46分

お帰りなさい きっと帰ってこられるまで 心配を
掛けないでおこういう、優しさです
病院に任せられるときは そのままで ご自身の
体力を養ってください。
私は富士山 二割くらいしか見れてないです。
  

投稿: あきみず | 2016年5月31日 (火) 16時18分

東京は無事にお過ごしになって、ご馳走も美味しかったでしょう。
なんとなんと、お帰り直後に、ご主人様の緊急手術とは、深夜でも手術してくださって良かったです。
憎まれ口、奥様にならですよ。それだけしゃんとしておいでなら大丈夫、
お骨納めもお済ましですか。両親のは3回忌にお寺に納めました。叔父叔母も高齢、ずっと仏壇に置いて、1人で納めるのもいかがかと思いましたので。

投稿: kazuyoo60 | 2016年5月31日 (火) 14時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101420/63709349

この記事へのトラックバック一覧です: 多事多難:

« 井上靖の絶筆「孔子」 | トップページ | 京都と東京で »