« どうぞ、お気楽に・・・・スルー・・・スルー | トップページ | わかげのいたり »

2015年10月26日 (月)

中世の町 奈良、今井町へ

 さる23日、京北町、府立京北ゼミナールハウス「あうる」主催のツアーに参加してきました。奈良、橿原市「今井町歴史的町並み」見学です。


 お空はピッカピカ。秋風もさわやかです。なぜか、このサークルの旅は必ず晴れるんですって・・・・


 まずは、今井町についてすこし・・・・
今、人気ふっとうの朝ドラ「朝が来た」の撮影地でもあります。狭い路地をはさんで立ち並ぶ風格のある古建築群。そういえば・・・・昨日のシーンはたしかに・・・・あ・そ・こ・・・
 信長とも戦いましたが降伏。その後、太閤検地にも記録があるそうで、周囲を掘で囲った環濠集落です。町内の団結は固く、防火意識も高く守られた町で、江戸後期には金融業でも大変栄えたということです。

 京都駅から参加。奈良へ・・・二上山が見える!!!あ・あ・あ・・・うれしい!!!高速道路からは畝傍山、耳成山が遠望でき、やがて、バスは橿原市、今井町へ。すぐそばには畝傍山!!


 今、黒岩重五「小説額田王  茜に燃ゆ」を読んでいて、まさしくその舞台!!!イメージがふつふつとわきこります。


Dscn1563

 下、スケッチは「旧高郡群教育博物館」 今は交流センター「華いらか」というそうです。


Dscn1559


Dscn1560


 河合家住宅とその内部


Dscn1558

 建築にたずさわっていた相棒は、今、病んで、参加はできません。でも、今井町の話はよく知っていまして「ぜひ 行ってこい」って言ってくれました。お弁当とおやつをベッドの横において、一日、のんびりノンノンのゴールデンアワーです。内部の空間は柱がなく、建築的、構造的に非常に興味があるのだそうです。

Dscn1564

 やがて、奈良へ・・・・元興寺・・・何度おとずれてもいいのよねえ!!!!


Dscn1557

 「あうる」のスタッフの方々、ありがとうございました。このサークルは地元に残る城跡とか、鯖街道とか、興味しんしんの旅の企画があるのですけど・・・膝がイマイチで・・・残念ながら、指をくわえて横目でみています。

 

|

« どうぞ、お気楽に・・・・スルー・・・スルー | トップページ | わかげのいたり »

コメント

kazuyoo様  最近、古代史の本ばっかり読んでいます。古代史って新しい学問で熱いんですよねえ。次々に遺跡がほり返されて、諸説紛々・・・カンカンガクガクってこういうのをいうんでしょうか。作家、学者、素人、漫画家・・・いいたい放題です。私もかきたいくらい!!!面白いです。お近くなんですねえ。奈良へは、相棒が病気になってからはちょっと行きにくいです。


ちゃぐまま様   黒岩重吾と井上靖の「額田王」。やっぱりまるでちがいますねえ。最近、そのあたりの本を何冊か読みました。いま、一番面白いのは斉明天皇です。女帝って面白いですねえ。

玉井人ひろた様   もう少し膝がしっかりしてたらねえ。何ぼでも歩きにいくんですけど。サバ街道は何本もあるんです。


あきみず様  この頃、余り発掘現場の記事がでませんねえ。このところ私は古代史の周りをうろうろ。本の上でだけですけど。あなた様の発掘現場のレポートは貴重です。自分は行けないんですから。

すみとも様   今井町へお出かけでしたか。もうちょっと時間をかけてゆっくり見たかったです。又改めて、一人で行きなおしたいです。奈良って本当に魅力があります。


投稿: 山口ももり | 2015年10月31日 (土) 09時49分

こんばんは~♪ヽ(´ー`)ノ

  日が短くなりましたね^^ こちら5時には 夕焼け小焼けで日が暮れて~♪ のチャイムが鳴ります。。

 今井町 3年前に行きましたよ~ 河合家住宅も。。

 ご主人様も 一人でお留守番が 出来るようになられたのですね^^ 一歩前進!でしょうか~

 ”お弁当 おやつも添えて 留守頼み” 

投稿: すみとも | 2015年10月29日 (木) 17時25分

今井町も商家のおもむきが残る いい所ですね
人が生活しながら 維持していくことの大変さが
いつまでも残してほしい 街並みです。
あさがきた のロケ地とは知りませんでした
テンポがあって面白いです 

投稿: あきみず | 2015年10月28日 (水) 20時10分

鯖街道、よく耳にする街道ですが、当時は想像を絶する賑わいだったようですね

投稿: 玉井人ひろた | 2015年10月27日 (火) 18時04分

黒岩重吾の作品は、私も「茜に燃ゆ」で相当に感激した記憶があります。
続いて読んだのが「日と影の王子」。申し分なく古代の浪漫の世界へ運び込まれて、以来古代の小説は大好きです。
自由があった、ロマンがあった、エネルギーがあった!
もう一度読みたくなりました。

投稿: ちゃぐまま | 2015年10月26日 (月) 23時58分

今井町がロケ現場だったとは知りませんでした。<あさが来た>を楽しんでいます。すぐ横を通って、叔母の老健施設に何回か通っています。
豪商の家が立ち並んでるとは知っていますが、取り立てて見学をとも思わずに過ごしています。
「旧高市群教育博物館」、古い奈良県庁もこんな建物でした。
ご子息様が連れて下されば、ご主人様がお疲れにならない程度の近場へならですね。
ご主人様の体を支えられるからお膝がなのでしょうか。お辛いですね。

投稿: kazuyoo60 | 2015年10月26日 (月) 11時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中世の町 奈良、今井町へ:

« どうぞ、お気楽に・・・・スルー・・・スルー | トップページ | わかげのいたり »