« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月31日 (土)

わかげのいたり

Dscn1567


快適なお出かけひよりが続いています。
こんな日は・・・相棒をほっといたって、でかけなくっちゃ・・・ということで、足のむくまま、気の向くまま・・・家を出ました。



 「いつか行くぞ」って気になったいた道・・・・・鷹が峰は然林坊をすぎた裏にあるものすごく急な下り坂・・・・この道は金閣寺に続いていると聞いていました。今日こそは・・・ええい!!!膝なんか痛くたって、死にはしない!!!んだ・か・ら・・・・


 歩き始めました。だんだん森が深くなっていきます。何度か別れ道がありましたが、道標はありません。こうなると若い日の山女の意地がでて、歩き続けるっきゃない!!!

 バイクの女の人に道を聞きましたが、もう、どうやら、とっくに曲がり角を間違ってきてしまったらしい。「ええい!!!まだ日は高い!!!」案外、膝ももっています。今日は、携帯も時計も地図もない。それでもコンクリート道だから、どこかの村には出るハズ・・・・歩き続けて、やおら山がきれて、家の屋根も見え、集落に着きました。 原谷でした。お・お・お・・・はるかに北に入っています。


 原谷にはスケッチポイントもなし。1時間に1本のバスを待って・・・やれやれ 人里・・・京都の町中に入りました。

 バス停「船岡山」で下車。船岡山って????行ったような気もするけど・・・・登ってみました。100メートルちょっとの山ですが京都の南北が美しくみえます。ここから見る比叡山は富士山みたいにきれいに裾野を伸ばしています。


 すぐお隣は「建君神社」明治天皇により、織田信長をまつったといいます。上スケッチは建君神社

 下スケッチは「今宮神社」ここの道は、間もなくイチョウの落ち葉でまっ黄色になるでしょうけど・・・


Dscn1566


 下は有名なあぶり餅屋・・・おやおや、ポツッと雨が・・・・・・・・時雨をいそぐ もみじがり・・・・しぐれをいそぐ もみじがり♪♪♪
 さ・あ・あ・早くかえりましょう。相棒が待ってる!!!
 次回は地図くらいは用意しましょう。


Dscn1565


| | コメント (7) | トラックバック (0)

2015年10月26日 (月)

中世の町 奈良、今井町へ

 さる23日、京北町、府立京北ゼミナールハウス「あうる」主催のツアーに参加してきました。奈良、橿原市「今井町歴史的町並み」見学です。


 お空はピッカピカ。秋風もさわやかです。なぜか、このサークルの旅は必ず晴れるんですって・・・・


 まずは、今井町についてすこし・・・・
今、人気ふっとうの朝ドラ「朝が来た」の撮影地でもあります。狭い路地をはさんで立ち並ぶ風格のある古建築群。そういえば・・・・昨日のシーンはたしかに・・・・あ・そ・こ・・・
 信長とも戦いましたが降伏。その後、太閤検地にも記録があるそうで、周囲を掘で囲った環濠集落です。町内の団結は固く、防火意識も高く守られた町で、江戸後期には金融業でも大変栄えたということです。

 京都駅から参加。奈良へ・・・二上山が見える!!!あ・あ・あ・・・うれしい!!!高速道路からは畝傍山、耳成山が遠望でき、やがて、バスは橿原市、今井町へ。すぐそばには畝傍山!!


 今、黒岩重五「小説額田王  茜に燃ゆ」を読んでいて、まさしくその舞台!!!イメージがふつふつとわきこります。


Dscn1563

 下、スケッチは「旧高郡群教育博物館」 今は交流センター「華いらか」というそうです。


Dscn1559


Dscn1560


 河合家住宅とその内部


Dscn1558

 建築にたずさわっていた相棒は、今、病んで、参加はできません。でも、今井町の話はよく知っていまして「ぜひ 行ってこい」って言ってくれました。お弁当とおやつをベッドの横において、一日、のんびりノンノンのゴールデンアワーです。内部の空間は柱がなく、建築的、構造的に非常に興味があるのだそうです。

Dscn1564

 やがて、奈良へ・・・・元興寺・・・何度おとずれてもいいのよねえ!!!!


Dscn1557

 「あうる」のスタッフの方々、ありがとうございました。このサークルは地元に残る城跡とか、鯖街道とか、興味しんしんの旅の企画があるのですけど・・・膝がイマイチで・・・残念ながら、指をくわえて横目でみています。

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2015年10月18日 (日)

どうぞ、お気楽に・・・・スルー・・・スルー

 平安京・・・794年・・・(なくよ うぐいす 平安京)

 平安京に至るまでの王家の歴史・・・・くうーーー
自分の復習と思ってアップしますが、どうぞ、お気楽に・・・スルー、スルー

 飛鳥に都をおいた天皇たち。舒明、皇極、孝徳、斉明、天智、天武、持統、文武、元明、元正,聖武・・・・濃厚な血脈です。
 現代の目からみれば、なんとも、異様な濃すぎる血脈です。天智の娘たち2人は弟(5才年下)天武の嫁になりました。持統と姉です。持統と結婚した天武・・・・二人の間の息子、草壁皇子の嫁は、なんとなんと、又、天智の娘(のちの元明女帝)。つまり孫、の嫁も又、天智の娘です。わかりますか?????何しろザーッとみて8人のお后から生んだ子供が12人。嫁が若かったら、孫の嫁にも自分の娘をくみあわせられるるわけで・・・・
 何としても、自分の血統を守り抜く強固な意志・・・当時、母親の出自こそが天皇になる資格の最たるものだったようです。


 難波に都をおいた孝徳帝、白村江の戦いの徹底的な敗北の経験から朝鮮半島から新羅と唐の連合軍がせめてくるとおそれたからといいます。そのあと天智は大津に都を遷しました。大津京です。下は京都市山科にある天智天皇陵。天智の死後、天武は元の飛鳥に都をもどしました。さらに都は藤原京へと遷ります。

Dscn1554


 しかし・・・濃すぎる血は、やはり問題があったようで、草壁は28歳で死にます。後には7才の息子(持統から見たら孫)を残して死にました。せっかく、ライバルの大津の皇子を殺したのにね。大津の皇子は持統の姉と天武の間の子です。つぅ・まぁ・りぃ・・・・天武は姉妹を嫁にして、草壁と大津という息子・・・宿命のライバルを生んでしまった・・というわけです。

Dscn1555

 天武の嫁、持統。せっかく、ライバルの大津(姉の子)を殺して、さ・あ・あ・・・天皇にしようと思ってた凡庸な息子、草壁が28才で死んだから、幼い7才の孫の成長を待って天皇にしようと持統は覚悟をきめました。天の孫・・・ここが大切!!!天孫がこの豊葦原瑞穂(とよあしはらみずほ)の国へ天下った・・・天皇は神々の孫・・・孫・・・ここが大切!!!日本書記や古事記が主張する天孫降臨の説話が作られたらしい・・・・孫は成長して文武天皇になりました。


 しかし・・・・孫、文武も25才で死ぬのよねえ。持統から言えばひ孫、7才がのこりました。
仕方なく、文武の母、天智の娘をつなぎに女帝にしたてました。元明女帝です。元明の死で、位は草壁の子、文武の姉が即位しました。元正女帝です。やっと成長した孫は聖武天皇として即位しました。ここからは・・・まあまあ、ももりが言うほどのこともありますまい。


 全く・・・敬称略で・・世が世ならももりの首はすっとんだやろねえ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年10月14日 (水)

長岡京歴史散歩

このところ快適なお出かけびより。も・お・お・・・・・もんもんとしておりましたが・・・・

 次男がお仕事休みとて連れ出してくれることになりました。
さ・あ・あ・・・・どこへ????それなら、ぜひ長岡京の歴史ポイントに立ちたい!!!次男も歴史大好き人間ですから・・・うれしい!!!!

 「なくよ うぐいす 平安京」794年に京都に都が移り、平安時代がはじまります。その前、ホンの10年ですが、長岡京と呼ばれる都がありました。勿論、興味はありましたけど、ママチャリではムリ。歩いては、ちょっとポイントがバラバラということで、未だ手つかずの歴史地区です。


Dscn1553


 先ずは長岡天神さまへ・・・・その後は長岡京の大極殿あと。でも、そこは、ただの広い公園で、スケッチ心はおこらず。朝堂院あとも、スケッチポイントとはなりません。でも、公園のよこにあった小さな集会所には、当時の貴族の服が・・・・いいのよねえ!!!やっぱり唐の朝廷にぞっこんだった当時のありさまがしのばれます。

Nagaoka


 桓武天皇という人・・・・平安京に移る前に、ここ長岡に都を置こうと考えました。平城の都は寺院が力を持ち過ぎ、先の孝謙、称徳(同じ人物)の時代に、水ぶくれしてしまった官僚機構や政治体制を、整理し、無駄を省き、一から出直そうというおもいだったでしょう。

 このところ、家にこもりっきりで、ひたすら本の世界で夢を見るのが楽しみという生活でした。相棒の介護も、それなりに落ち付いてはいるのですが、なかなかお出かけはしにくい。家にあった本をじっくり熟読。
 なんと・・・・昔、しっかり読んだらしく傍線や書きこみも多いのに、頭の中はまあっサラ。

Dscn1546


Dscn1547


 長岡京については、のちほど・・・・のちほど・・・

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2015年10月 7日 (水)

森を歩きたい

 空は真っ青…こんなに青い空は久しぶり・・あ・あ・あ・・・・木々のなかを歩きたい!!!森の中の小道がいいなあ!!! 

 この道は いつかきた道  あ・あ・あ・・・・そうだよ・・・♪♪♪


 今日は相棒をデイケアに送り出して、6時間フリー。久しぶりに植物園へ、ママチャリで・・・・


 足は軽い!!!ルンルン・・・♪♪♪

 大腸癌の手術をしたのが、去年の5月だから、もう1年4か月。先日の定期検査では異常なし・・・は・は・は・・・・改めてウ・レ・シ!!!先日は1キロ500泳いだのよねえ。「あ・・・うーれし!!!もう、死んでもいいわ」なあんて、ネ。元気でいたいから泳いでるのに、元気とわかって死んでもいいってほざくなんて矛盾・・・は・は・は・・


 植物園は高齢者バス乗車証でタダ。おやおや・・・温室もタダですって・・・うれしいなあ!!!

Dscn1549


 モンキー・オーキッドですって。京都市植物園で初めて咲いたとか・・・・下から見上げるとお猿さんの顔にそっくり。さ・あ・あ・・直径4センチくらいの蘭です。

Dscn1550


 植物園を出て、賀茂川へ・・・・・まだ秋には少し・・・・その変わり人出もまだで静か。


Dscn1548


| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »