« 古い時代 | トップページ | 古代史謎解き紀行 関裕二 »

2015年8月26日 (水)

レオナルド・ダ・ヴィンチ

 京都文化博物館で公開中の「アンギアリの戦い  レイナルド・ダ・ヴィンチ」を見てきました。


 台風の影響か、朝イチで案外人も少なく、ゆーっくり、のんびり のんのん


 フィレンツェのベッキオ宮殿、今も、市役所として使われているその建物の壁に描かれていたレオナルドの「アンギアリの戦い」その向かい側の壁面には、ミッケランジェロの「カッシーナの戦い」が飾られていた・・・・今はどちらもない・・・・しかし、何人もの画家が模写をしていて、レオナルド自身のエチュードもたくさん残っている・・・・あのルーベンスの模写もある。何年間か未完の壁画が飾られてあったことは間違いない。ひょっとして・・・・今は、ヴァザルリの絵になっているその壁面の奥に、レオナルドの絵が残ったたままなのでは???たぁしぃかぁ・・・当時の建築設計図はあって、今より20センチほど壁は広いとか・・・ヴァザルリの絵の壁面をはがしたら後ろはレオナルド???


 この話は有名なミステリーです。今も研究されているらしい。でも、当時、1500年前後は油絵具の研究開発段階で、レオナルドは使用したメディウム(溶剤、溶き油)がよくなくて絵を途中でほっぽりだして、未完成のままだったとか????ミケランジェロの作品も下絵の模写はのこっています。でも、教皇様から別の依頼を受注して、フィレンツェをほっぽって行っちゃった・・・とか・・・
 


Dscn1500


 上はミケランジェロの「カッシーナの戦い」の下図


Dscn1503

 フィレンツェの町を一人でふらふらしてたのは、一昨年前・・・あ・あ・あ・・・・・自由な日々は遠くなった・・・


Dscn1496_2


Dscn1497

 下2点はレオナルドのスケッチ。やっぱりぃ・・・す・ご・い!!!

Dscn1502


Dscn1501


|

« 古い時代 | トップページ | 古代史謎解き紀行 関裕二 »

コメント

kazuyoo様   お返事遅くなりました。申し訳ありません。メールは迷惑メールに入っていました。なんでやろ???文化博物館はママチャリ範囲です。結構、遠いけど・・・


玉井人ひろた様   そう・・・今の壁面をめくったら・・・・は・は・は・・・剥落だらけのレオナルド???こんなことならはがさなきゃ良かったなあんて、ね


tomoko様   何度行っても、行ったら行くほど行きたくなるのがイタリアですよね。スイスも・・・・フランスも・・・・は・は・は・・・・行きたいなあ!!!


nyar-nyar様   ご主人もあなたもお元気な間にううーーーんと行って下さいませ。わが家・・・もう最終局面かもしれないと思うと手をぬけないんですよね。おやおや・・・こんなこと言ってる割には手抜きです。


くちかずこ様   東京で「最後の晩餐」???ちょっと何かとのかん違いじゃないでしょうかしら???「最後の晩餐」は壁画です。動かせないとおもいますよ。


おばさん様   北大路魯山人・・・いいなあ!!大好きです。押しの強い人でしょうねえ。最近のデザイン問題・・・私の大学の学科は意匠科・・・今のデザイン科です。デザインにしても絵にしても・・・全く新しいものなんて、そうあるものじゃないんです。とうより、身の周りすべては吸収すべきヒントなんです。日本人みんなで楽しく力を合わせてオリンピックをしてほしいのに、みんなで足を引っぱるばっかり。気になる風潮です。


山桜様   ホント、うっとり夢を見るのが大好き・・なのに・・・現実は・・・ま・あ・あ・・・・もう、人生最終局面なんでしょうから・・・ね。   

投稿: 山口ももり | 2015年9月 3日 (木) 13時59分

フィレンツェの街を一人でふらふら…そんな旅って素敵ですね。

「冷静と情熱の間」という映画の舞台がフィレンツェで、絵を学びながら暮らす日本青年が自転車で小路をサーッと駆け抜けて行く姿に生活感があって、いいなぁと憧れました。

フィレンツェを訪れた時も、あぁこの道、この橋、あの塔、この川辺…と映画のシーンと音楽(エンヤの歌)に浸ってうっとり…こんな後、ふと鏡を見るとガッカリして現実に戻ります。あ〜あ、残念。

投稿: 山桜 | 2015年8月31日 (月) 00時10分

フィレンツェ
行ったことはありませんが
ももり様のスケッチ観ていたら
行ってみたい気持ちになってきました

振り返る思い出があるって素敵です
昨日 北大路魯山人の遺品作品を
観に行ってきました

投稿: おばさん | 2015年8月30日 (日) 16時00分

既に、チャンスの後ろ髪なのですね。
でも、振り返る思い出があるだけでも幸せなのかも、ね。
いつか東京で最後の晩餐を見ましたが、凄い人でした。
上野公園の近くだったかな?
くちこもね、スケッチは結構、上手かった、筈。
但し、根気が無いので、色を塗り始めると・・・
だんだん面倒になって、ね。

投稿: くちかずこ | 2015年8月29日 (土) 18時34分

ももりさん こんばんは
海外旅行も沢山なさったでしょうが、
それだけに行きたい虫がムズムズするのでしょうねsign01
相棒さんの事を思えば・・・
ももりさんは偉いですhappy01
私だったら出来ないかもsweat01

投稿: nyar-nyar | 2015年8月28日 (金) 20時21分

やっぱり、ももりさんのスケッチは素敵です!
フィレンツェへ行ったのは随分遠い昔のことになりましたが
懐かしいです。
行きたくなります! 

投稿: tomoko | 2015年8月28日 (金) 13時09分

 フィレンツェ 思い出します もう一度行ってみたい
ものです。 今は海外に出なくても 向こうから
来てくれる時代になりましたから 楽しみに
するのも一つでしょう。

投稿: あきみず | 2015年8月27日 (木) 19時41分

新旧の壁の間に(絵画が入るくらいの)1~3センチの隙間が有るそうですね。そこからダヴィンチの絵具は見つかったとなっていますが、それ以上の調査はどうなったのでしょう?

投稿: 玉井人ひろた | 2015年8月26日 (水) 14時17分

京都文化博物館ですか。ご自宅からはさほど遠くないところですね。地図を見ています。
遠いとはいえ台風でしたのに。お時間が出来た時になのでしょう。
フィレンツェのデッサン、この思い出は消えませんもの。メール届いてたか教えてくださいね。

投稿: kazuyoo60 | 2015年8月26日 (水) 08時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101420/62158083

この記事へのトラックバック一覧です: レオナルド・ダ・ヴィンチ:

« 古い時代 | トップページ | 古代史謎解き紀行 関裕二 »