« 文句のおおい天使 | トップページ | 仁和寺から八幡の八幡さんへかち(徒歩)にて »

2015年6月22日 (月)

東京極通り

 今日はゆっくりとももりペースで、京都をフーラフラ・・・・やさしい次男夫婦の心意気です。
まずは曼殊院へ。曼殊院には「曼殊院古今集」があり、ゆっくり拝見。スケッチはなし。次に詩仙堂へ。下は詩仙堂です。

Dscn1437


Dscn1436

 静かです。観光客もチラホラ。縁側に座って・・・は・は・は・・・・お尻に根がはえた????


Dscn1440


 次は大徳寺、高桐院へ。スピルバーグが絶賛したという、うっそうとした竹林の中の小道が続きます。どこからともなくかすかにクチナシの香りが・・・でも…禅宗寺院って花はほとんどありません。スケッチは大覚寺金毛閣。この3階には「この秀吉を踏みつけにするか」と難くせをつけて、利休自刃の一因となった利休像があるはず。一度見てみたいなあ。



平安京ができたのは「なくよ うぐいす 平安京」で、794年。東の端の大通りが、今の寺町通り。ところが、ところが・・・寺町という名称は、豊臣秀吉が寺をこの通りに集めたためについた後世の名前なんですって。もともとは東京極通りといったんだそうです。今でも、新京極通りは寺町通りの西側にあります。西京極という地名は今も残っています。朱雀大路は当時12メートルもある大通りだったそうですよ。
 ふんふん・・・一条戻り橋・・・西へ西へ・・・さてさて仁和寺へ・・・仁和寺といえば・・・・・次回に・・・・
 


 

|

« 文句のおおい天使 | トップページ | 仁和寺から八幡の八幡さんへかち(徒歩)にて »

コメント

タイトルが、パッと見て「東京」「極通り」に見えてしまいましたァハハ・・(´゚Д゚`;)

こんな話が大好きです。このくらいで切腹とは・・・。
秀吉も気が小さかったのか、お腹の中がどす黒かったのか。
大阪では今でも秀吉の人気は衰えていないそうですね。

投稿: ちゃぐまま | 2015年6月25日 (木) 00時38分

いいなあ~
京都、トンとご無沙汰で・・・ゆっくり行きたくなりました。日帰りは忙しくて、目的の場所だけになってしまいます。せめて1泊でもしてブラブラ歩きもしてみたいです。
親孝行の息子さんとのお出掛けってどんな気持ちなんでしょう?  経験が~~多分…ない!

投稿: tomoko | 2015年6月23日 (火) 05時01分

こんばんは 日差しがきつくないので、まだ過ごすやすい
です。最初東京に行かれたのかと 思いましたよ。
西京極があれば 東京極もあってもいいんですね。
秀吉もお土居や寺町など それなりに京都に貢献
しているような。大徳寺は広くてゆっくり散策できます
お昼は釣りキチさんと久しぶりの会食ですか。

投稿: あきみず | 2015年6月22日 (月) 19時54分

お好きなところでゆっくりとスケッチ、ご次男さんの親孝行ぶりを思っています。良かったですね~。

投稿: kazuyoo60 | 2015年6月22日 (月) 09時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京極通り:

« 文句のおおい天使 | トップページ | 仁和寺から八幡の八幡さんへかち(徒歩)にて »