« 東京極通り | トップページ | アトリエ桃源展のお知らせ »

2015年6月23日 (火)

仁和寺から八幡の八幡さんへかち(徒歩)にて

Dscn1422


Dscn1421
 

アップしなかったのですが、先日、八幡(やわた)男山の八幡さんへ友達3人で参ったばかりです。というのも、その中の一人が「まだ、八幡さんへお参りしたことないねん」といいます。そこで思い出したのが仁和寺の法師「徒然草」です。スケッチは男山の上の石清水八幡神社


 ・・・・・ある年老いた仁和寺の法師が「みんなが八幡さん、八幡さんというのを聞くにつけても、一度はお参りしたいものだ」と歩いてでかけます。この歩いて…というところがミソ・・・


 


 八幡さんに着きまして、「えらく人が山の上にばかり上っていくなあ。しかし、自分はともかくお参りに来たのだから」と山にはのぼらず拝んで帰りました。仁和寺に帰って「年頃 おもいはべりしこと はたしはべりぬ。それにしても、たくさんの人がみんな山へ登って行ったのはいったい何があったんやろ???」って話しまして、みんなに笑われた、というお話。


 何ごとにも 先達はあらまほしきもの・・・・という段です。ほんに仁和寺から八幡の八幡さんって、かち(徒歩)では、ちょっとやそっとでは歩けない距離ですよぉ。改めて一条通りを走ってもらってわかりました。仁和寺街道ともいいます。

Dscn1420


 それにしても・・・木津川、宇治川・・・やがて高野川が、そして、桂川が流れ込んで淀川となる・・・・目で見る地図です。

|

« 東京極通り | トップページ | アトリエ桃源展のお知らせ »

コメント

玉井人ひろた様   真言宗・・・東寺と同じですか。あまり宗派って知らないっていうか、覚えられません。

kazuyoo様   私たちは350円奮発してケーブルで、下りは歩いてです。何度行っても表参道を歩かないって言うのはいけませんねえ。昔の人の心を知るために一度は歩いて登りましょう。


くちかずこ様   次男夫婦と書くべきでした。とても仲が良いんです。というか・・・お嫁さんが息子を大事にしてくれてるのですねえ。


山桜様   旅行は一度行ったのではダメですねえ。最低3度・・・は・は・は・・・ゆっくりしたいものです。ということで・・・今まで行った海外の町へ・・・又ま行きたああ・・い!!!


nyar-nyar様   仁和寺の法師の話は徒然草にはいくつかあるようです。吉田兼好は、ホントに人を喰った坊主です。人は40になるまでに死んだ方がいい。それ以上生きても見苦しいとか4言って自分は80才頃まで生きたヤツなんですから・・・


すみとも様  リハビリでお散歩・・・・は・は・は・・・頑張ってください。仁和寺から八幡の八幡さんのてっぺんまで・・・歩くなんて????昔の人の足は本当に丈夫だったのですねえ。仁和寺は有名ですが応仁の乱で丸焼け、宝物はないようです。

投稿: 山口ももり | 2015年6月28日 (日) 09時35分

八幡の八幡さん 徒歩にて行くには遠そうですね。
  眼で見る地図・・・京都は結構広いですね~~

  仁和寺は 私でも行った事がありますよ。。
   
  リハ散歩で 毎日同じコースを 歩く生活ですが、
  毎日少しずつ 風の香りが違うのを知りましたよ^^
    

投稿: すみとも | 2015年6月27日 (土) 17時29分

ももりさん こんばんは
仁和寺 行った事がありますよ、
信心からではなく その頃は観光オンリーでしたが!
法師の話も知りませんでしたし
タイトルの「徒歩」(かち)・・時代劇の話ではよく出てくる言葉ですね。
スケッチが素敵です、涼しさも感じられました。

投稿: nyar-nyar | 2015年6月24日 (水) 20時50分

ほんに旅には下調べか良く知った案内役が必要ですね。
折角近くまで行っていたのに…と後から知って悔しい思いをするのは残念です。

目で見る地図、素敵ですね!
高い所から広々とした景色を眺めると、何でああ気持がよいのでしょう♪ 

なかなか一段落とはいかず、待っていたら日ばかり経過してしまうので少しずつブログを更新することにしました。

投稿: 山桜 | 2015年6月24日 (水) 18時42分

次男産とのデート、良かったですね。
しかも、素敵な処へお二人で(*^_^*)
くちこも、目黒を長男てデートしてきましたよ。

投稿: くちかずこ | 2015年6月23日 (火) 22時02分

仁和寺の法師の話は知っています。お寺も神社も石段を上ってとか、山の上とかに建てられるのもでしょう。
俯瞰できる場所なのですね。綺麗に見えて絵心も満たされたことでしょう。

投稿: kazuyoo60 | 2015年6月23日 (火) 08時51分

「仁和寺」は真言宗寺院、八幡の「八幡神社」も真言宗の行教上人が建立した、真言宗(=両部神道)の僧侶が建立したものなんですね。

やはりそちらの寺社仏閣は、歴史と由緒が凄いです。

投稿: 玉井人ひろた | 2015年6月23日 (火) 08時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仁和寺から八幡の八幡さんへかち(徒歩)にて:

« 東京極通り | トップページ | アトリエ桃源展のお知らせ »