« あけがたの夢 | トップページ | 「バルテュス」展 見てきました »

2014年7月23日 (水)

映画「春を背負って」見てきました

 山が見たくて・・・映画、「春を背負って」木村大作監督を見てきました。

Dscn0889


 
 立山の頂上を越えて少し下がったとろにある山小屋「菫小屋」
父と母が建て、育てた小屋に息子がやってくる。遭難者を助けようとして岩に頭をぶつけて死んだ父の代わりに山小屋の主になろうとして・・・

遠い日の思いでの山はあまりにも美しい

Dscn0886


Dscn0886_3


Dscn0887


 一昨年、立山の室堂から一の越まで人の倍ほどの時間をかけてヨチヨチ登りましたっけ。スケッチ雷鳥荘…左の山の鞍部に見えているのが一の越

 Dscn0883


|

« あけがたの夢 | トップページ | 「バルテュス」展 見てきました »

コメント

山は良いですよね。
若い頃はなかなか本格的にのめり込まれたようですね。

投稿: もうぞう | 2014年7月30日 (水) 19時46分

kazuyoo様  くりかえしアップして恥ずかしいです。今、こうして病気になると過去へと思いが飛んでいくのかもしれません。


おばさん様   ありがとうございます。まだ少し辛抱しなくてはなりません。でも、ある人いわく「もう73才にもなってたら癌細胞もそう早く増殖はせえへんのやから、治療は頑張らんかてええ・・・ですって


tomoko様  そう「点の記」の方がよかったです。会話が古くさかったしね。「人生って・・・」とか説教されるのはあまりうれしくないタチなもんで・・・でも、松山ケンイチの魅力にはゾッコン。参りました。


くちかずこ様  お元気そうでなにより。お孫さんもかわいいらしい!!!写真のアングルがとてもユニーク!!!才女ですねえ。なんでもできるお方なんですねえ。

投稿: 山口ももり | 2014年7月28日 (月) 08時00分

山女ですか?
くちこは海女。
海辺で生まれ、育ったのでね。
本能的に海に足が向きます。
くちこの家は海の側ですが、山も近いです。
で、夢、くちこもいっぱい見ます。
登場人物って、相手もくちこの事を考えていることが多いらしいですね。
やっと、ブログ、更新しました。

投稿: くちかずこ | 2014年7月26日 (土) 20時18分

登山の苦しみと楽しみを知っていらっしゃる!
危険も伴いますが自然の中に自分を放りだす感じで、良いなあ~~ 私は学生時代、学校の遠足が登山だったんです。
年1回、八甲田山、上高地・・・?あとは忘れましたが。
山が好きだと思えるのはそのためです。
私も早々とこの映画、観てきました。
剱岳・点の記の方が印象深いかな? 

投稿: tomoko | 2014年7月25日 (金) 07時50分

厳しい自然の中で父の遺志を受け継いで
山小屋の主になるストリーですね
厳しい環境だからこそ人の優しさもまた
強く感じるのでしょうね
ももり様
映画鑑賞できるまでに
良かった良かった

投稿: おばさん | 2014年7月25日 (金) 00時18分

沢山の素晴らしい思い出、その途中の苦難まで愛おしく思われてるでしょう。
感動を再びでしたね。

投稿: kazuyoo60 | 2014年7月24日 (木) 10時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「春を背負って」見てきました:

« あけがたの夢 | トップページ | 「バルテュス」展 見てきました »