« ムイ スワベ・・・・とても上品 | トップページ | 古城と桜 »

2014年4月14日 (月)

消えた偉大なる文明

やっと、メキシコの旅を時系列に編集してホームぺージにアップしました。左、お気に入りの「山口ももりのホームページ」からゼヒゼヒ


 メキシコシティーはアステカ族、その後移動して見たユカタン半島の遺跡はマヤ族の遺跡・・・中々歴史をつかめません。しかし、ユカタン半島にあるウシュマル遺跡などでは、スペイン人がやってくる以前、ある日、マヤ人は忽然と都から消えたとあります。どうしても不幸の影を感じてしまうのは現代人ももりのおせっかいなのでしょうか。華やかな都を捨てて、忽然とどこかへ消えた・・・何故???しかし、だからこそ、破壊をまぬがれて今私たちの前にピラミッドはそびえている・・・・・ということだそうです。
 膨大な紙の資料を焚書してしまったスペイン人の神父もいたそうで、メキシコの歴史は言ったもの勝ち、諸説紛々なんだそうです。
 歴史以前からの暦を持ち、未来をも予言するというマヤの暦とももり


P1070550

 帰りの飛行機の中で、日本人スチュワーデスさんの美しい笑顔にホッとしました。あまり笑わないメキシコ人・・・笑えるってやっぱりしあわせなんやねえ。やっぱり、何か苦しみや悲しみを持ち、つらさを耐えていると笑えないものねえ。


|

« ムイ スワベ・・・・とても上品 | トップページ | 古城と桜 »

コメント

余り資料がなくて神秘的だから、ロマンがあるし
余計に人の心を動かすのかもしれません。

ブログの最後の3行の文章。旅した人しかできない
コメントですね。

写真を拝見するとちょっと元気がないようだけど、
だんだん若くなっていません?
頭上の巨大なビスケットに、なぜか親近感を
持ちましたo(^-^)o 

投稿: ちゃぐまま | 2014年4月24日 (木) 01時09分

よく見るものですが、そんなに大きいんですね。

航空機のフライトアテンダントは綺麗な人が多いですよね

投稿: 玉井人ひろた | 2014年4月18日 (金) 19時15分

マヤ文字が若い学者によって解読されたとか、あの複雑な絵模様が文字なのですよね。
中央の顔、恐ろしいです。巨大ですね。われずに残す技術、凄いです。
笑顔は良い事と教えられてる日本人、笑うと弱みにつけこまれるとでも考えてるのかもしれませんね。
和顔施(わがんせ・わげんせ)、笑顔も布施の1つだそうですよ。顔施(がんせ)と聞いてきましたが、ネットでは和+でした。

投稿: kazuyoo60 | 2014年4月14日 (月) 10時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 消えた偉大なる文明:

« ムイ スワベ・・・・とても上品 | トップページ | 古城と桜 »