« チチェンイッツァ・・・馬もなく車輪もなくすべて人力で | トップページ | ムイ スワベ・・・・とても上品 »

2014年4月11日 (金)

この気味悪い顔  チチェンイッツァ 千本柱の神殿

Dscn0783


 もう、頭がくらくらしてきました。この宮殿の最上段、柱の中央に横たわる人間の顔した石像。チャックモール。下は先に博物館で見た本物。この胸の上に生きた心臓をのせて太陽のエネルギーをもらおうと祈ったんだそうです。血の滴る首を並べていたとスペイン人が記録しているそうです。しかし、ここに再びスペイン人がきた時、人影はなかった。セノーテと呼ばれる泉を守る数人がいただけだった・・・といいますから・・・・寒くなるお話ですが・・・暑いっ 熱い!!!


P1070600


 いけにえを獲るために常に戦争をしていた・・・とか・・・集団ヒステリーやったんヤロか???
馬もいない、車輪もない…すべては人力で作られたこの膨大な遺跡群

Dscn0788

 上はメキシコの国立人類学博物館の図録から・・・・下は天文台

Dscn0781


|

« チチェンイッツァ・・・馬もなく車輪もなくすべて人力で | トップページ | ムイ スワベ・・・・とても上品 »

コメント

天照大御神も太陽を崇めるところから来たものだし、
祖母は朝日に向かって手を合わせ、夕日に向かって感謝の
手を合わせていました。
同じ太陽を崇めながらも血塗られたいけにえを差し出すと
言うのは、やはり民族の違いとしか言いようがないかも。

投稿: ちゃぐまま | 2014年4月24日 (木) 01時00分

kazuyoo様  人間って恐怖心に取りつかれると何をやるかわかりませんね。部族同志、常に戦っていたといいます。戦争をしないということほど素晴らしいことはないのですね。


nyar-nyar様   おぞましい・・・ホントです。今回の旅、でもメキシコの文化はまだまだ検証されていないようです。いろんな人が好きなように言ってるというのが本当らしいですよ。そのスケールの大きさは驚きを通り越してミステリアスです。

投稿: 山口ももり | 2014年4月12日 (土) 08時38分

なにやらおぞましい・・・
怖いと言う方が私らしいのかも!
昔々の話でも
高度な知能を持ち合わせているのに、
このような事もあったのですね。

投稿: nyar-nyar | 2014年4月11日 (金) 22時26分

心臓が動いてるから生きていると本能的にです。心臓だって頭だって、大事なものだから神に捧げるのだとしても。それなら支配者や神官が捧げれば良いのです。
他人だと構わない、本質的に人が持ってる残酷さなのでしょう。だから戦争も紛争も無くならないのですね。
精巧な暦を作るほどの能力、あの絵文字も。残酷すぎるから神様が消し去った?!かな。

投稿: kazuyoo60 | 2014年4月11日 (金) 10時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: この気味悪い顔  チチェンイッツァ 千本柱の神殿:

« チチェンイッツァ・・・馬もなく車輪もなくすべて人力で | トップページ | ムイ スワベ・・・・とても上品 »