« 友人の出版した本   「東京駅物語」 | トップページ | ゆく秋  東寺さんへ »

2013年11月28日 (木)

ゆく秋・・談山神社から明日香石舞台へ

Dscn0640


Dscn0638


Dscn0641

先日、素晴らしい好天にめぐまれて、奈良へ。談」山神社から明日香石舞台へと山道を歩きました。峰を一つ越えた村で、細い山道をあすか川に沿って下っていきますと、約1時間半で明日香石舞台に着きました。
 同行の若いお嬢さん二人は、石舞台が初めてということで「ゆっくり遊んで来たら」といことで、ももりはあたりをブラブラ。イエイエ・・・へたり込んで膝を休めます。石舞台は曽我入鹿の墓という説もあるらしい。

 その後、飛鳥寺へ。曽我馬子が発願になるという飛鳥大仏・・609年で日本で一番古い大仏だと解説の方が言っていました。


 飛鳥寺を出て甘樫丘へ。暮れていく飛鳥を一望にして大満足です。畝傍、耳成、香久山と大和三山、「大和三山に囲まれた平坦なところが藤原京ということやろなあ」頼りない解説です。
 向こうには、くっきりと二上山、続いて葛城、金剛の山塊、遠く生駒もけぶって見えています。甘樫丘は曽我一族の屋敷跡だったと聞きますから、その日は、一日中曽我氏をしのんで歩いたことになりました。

|

« 友人の出版した本   「東京駅物語」 | トップページ | ゆく秋  東寺さんへ »

コメント

ちゃぐまま様   十三重の塔なんです。本当に大好きな土地です。来年の春には桜の頃に、室生寺へみんなと行こうと思っています。大野寺の磨崖仏をみて室生寺へ、そこから、仏隆寺へ。仏隆寺には桜の古木が見事な花を咲かせると聞いていますが・・・足がねえ???

投稿: 山口ももり | 2013年12月 5日 (木) 11時45分

昨年も談山神社、訪れていますよね。
ももり先生、ますますチャーミングですよー!
若い女性を引き連れて歩くのはいいですね~。
快感ですね~。
紅葉の中に埋もれるような塔(何十の塔ですか?)が
九州では見られない構図です。

投稿: ちゃぐまま | 2013年12月 3日 (火) 01時22分

もうぞう様  そうなんですよ・・・「タダで写真撮りますよお」なあんンて言っといてね。「写真はあちら」っていうから行ったら小さな小さな写真。「拡大したのは1000円」ですってサ。撮ってもらっておいて誰も買わないのもいかんかと思ってこの際奮発・・・ハハハ


kazuyoo様  もう写真は撮りたくない年です。でもこの際引き立て役ということで・・・ね

投稿: 山口ももり | 2013年11月29日 (金) 08時25分

上の写真は、プロがお撮りになったものでしょうか?

投稿: もうぞう | 2013年11月28日 (木) 19時25分

帽子がお似合いです。おしゃれさんです。
十三重塔が好きです。何と石舞台まで歩かれたのですか。痛いとおっしゃってたのにびっくりです。最高に綺麗な時期だったでしょう。良い時に行かれました。

投稿: kazuyoo60 | 2013年11月28日 (木) 11時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゆく秋・・談山神社から明日香石舞台へ:

« 友人の出版した本   「東京駅物語」 | トップページ | ゆく秋  東寺さんへ »