« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月30日 (土)

ゆく秋  岩村城址

Dscn0616


Dscn0617


Dscn0618


 美濃の岩村城址・・・三大山城跡の一つだそうです。他の2つの城跡とは、 備中松山城址、大和の高取城址だそうで、相棒の趣味に付き合っているうちに全部行ったことになりました。


甲斐の武田信玄・・・美濃の織田・・そんな勢力がぶつかった交通の要所にあったお城だったそうです。「女城主」というお酒を買いました。

Dscn0643

「女城主」には悲しい物語があるといいます。


 世は戦国、武田の猛将、秋山信友が岩村城を攻めてきました。激戦の末、城主は戦死。残されたのは、妻、修理婦人・・・この方は織田信長の叔母・・・と、信長から養子にもらい受けていた信長の5男御坊丸。未亡人は果敢に籠城します。しかし、食糧尽きて、部下や住民の命を守るため、攻め手の将、秋山信友と結婚します。幼い御坊丸は武田へ人質に送られました。
 信長は激怒、しかし、当時、まだ武田の方が力が強く、ならぬ堪忍を強いられました。やがて・・・信長が力を付け、岩村城を攻め落としますと、城はおち、城主信友、奥方、修理婦人をも逆さ磔にしたといいます。


 お酒のお味は???それは・・・もお・・・

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2013年11月29日 (金)

ゆく秋  東寺さんへ

Dscn0633


Dscn0637_2


 東寺さんへは、家からまっすぐ御前通りを南へ・・・自転車で行けます。特別拝観です。
今、空海に興味を持っている熱心な書のお弟子さんと一緒に行ってきました。西寺跡の石碑をみて・・・知らなかったのよお。今まで・・・羅城門跡も石碑を見て・・・ハ・ハ・ハ…これも、知らなかった。何年京都に住んでいる???


 昔、御前通りを「西大宮通り」と言いましたそうな。今の「大宮通り」と「西大宮通り」の間に御所があったそうな。平清盛のころはね・・・その真ん中に羅城門。門の前から北へ、ドーンと巾60メートルもの朱雀大通りが伸びてましたんやそうな・・・


 ももりの家は御前通りからすぐ近くですよ。華やかな昔があったなんて思えないような下町ですけど。


| | コメント (5) | トラックバック (0)

2013年11月28日 (木)

ゆく秋・・談山神社から明日香石舞台へ

Dscn0640


Dscn0638


Dscn0641

先日、素晴らしい好天にめぐまれて、奈良へ。談」山神社から明日香石舞台へと山道を歩きました。峰を一つ越えた村で、細い山道をあすか川に沿って下っていきますと、約1時間半で明日香石舞台に着きました。
 同行の若いお嬢さん二人は、石舞台が初めてということで「ゆっくり遊んで来たら」といことで、ももりはあたりをブラブラ。イエイエ・・・へたり込んで膝を休めます。石舞台は曽我入鹿の墓という説もあるらしい。

 その後、飛鳥寺へ。曽我馬子が発願になるという飛鳥大仏・・609年で日本で一番古い大仏だと解説の方が言っていました。


 飛鳥寺を出て甘樫丘へ。暮れていく飛鳥を一望にして大満足です。畝傍、耳成、香久山と大和三山、「大和三山に囲まれた平坦なところが藤原京ということやろなあ」頼りない解説です。
 向こうには、くっきりと二上山、続いて葛城、金剛の山塊、遠く生駒もけぶって見えています。甘樫丘は曽我一族の屋敷跡だったと聞きますから、その日は、一日中曽我氏をしのんで歩いたことになりました。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2013年11月26日 (火)

友人の出版した本   「東京駅物語」

Dscn0631

 彼女は大学の同級生。ももりとは同年生まれ。ももりのほうが6日だけ遅い。
彼女の出版は2冊目。「上海ぎほり」は以前にアップしました。2008年7月29日


 作家本人をよく知っているっていうのは、面白いものです。茫洋としたイメージの彼女。あまり口には出さないけれど、苦しみと悲しみに満ちた歳月があったのでした。


 東京駅に恋をした少女、東京駅を話題にした会話というだけでの結婚。やがて、東京駅が新しいビルに建て替わるという計画が聞こえてきます。俄然、張り切って反対運動に加わります。東京駅には興味を失った夫との空虚な生活と決別。シングルマザーとして必死に生きます。
 そして東京駅は復元、完成しました。映画にしてもらえたら。とてもいい素材だと思います。


  
 ももりが東京、中野「嫁菜の花美術館」で、個展をした時、泊めてもらったことがあります。
「へ・え・え・・・・東京の真ん中、中央区中野」にこんな素朴な生活があったんやって、拍子抜けするようなフツウーーの生活。ちっとも飾らない普段のままの素顔の彼女でした。 あのころは、一番苦しい時やったんやなあ。夕食は「あじの南蛮漬け」おいしかったよお。
 「嫁菜の花美術館」は、田中澄江さんのお住まいの離れを美術館にしたもの。三田恭子氏が立ち上げました。田中澄江、千田是也ご夫妻の長男さんの奥様でしたが、今は??さ・あ・あ・・??

 それに、驚いたことに「伊藤桂一」に師事と書いています。伊藤桂一なら、ももりの本棚に2~3冊はあったはず。ノモンハンの戦場で生き残ったお方ですから、もう相当のお年のはずですねえ。ももりも会ってみたいなあ。いいえ、怖れ多いから、ちょっと見るだけでいいから・・・・ね。


Dscn0630


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年11月25日 (月)

マッタクモッテーーー

 こんなことってあるんでしょうか???私のパソコンのヤツ、「このページを表示できません」って頑固に拒否するんです。ホームページは勿論、ブログもグーグルも・・・


 え・え・え・???ひょっとして???ウイルスに感染してるとか???もしも、それだったらコメントくださる方にもうつす???


 コンピューターを仕事で使っている若いお嬢さん方も見てくれましたが、「分からんなあ」ということです


 もう、こうなったら仕方がない!!!マタマタ、パソコン教室のやさしい校長先生にすがるしかありません。


 土曜日、日曜日、こちらがおアソビで出ずっぱり。やっと、今日、月曜日、午後6時に来てくださることになりました。


 「さ・あ・あ・・・間もなく先生が・・・」5時半ごろ、パソコンに電源を入れました。画面は真っ暗です。
「あ・あ・あ・・・一段と悪い・・・・」画面をにらんでいますと、ア・レ・レ???

・・・・インストールしています。(1/1)
 WINDOUZ更新のプログラムの構成中  15%完了 コンピューターの電源を切らないでください 30%完了
WINDOUZを構成するための準備中 コンピューターの電源を切らないでください 68%
WINDOUZの更新プログラムの???中


 結局、先生が来てくださった時には治ってたんですよお。こんなことってあり???皆様方も経験なさいましたか???


 長く、パソコン、ほったらかしで申し訳ありませんでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年11月11日 (月)

暗がり峠…暗峠

 いつのころからか???一度行ってみたいと思い続けていた峠。そもそも、峠って言う響きには憶いをそそられます。奈良に住む友人が連れて行ってくれました。奈良は生駒山・・・その暗部から河内へぬける峠です

Dscn0608


 昔、街道筋であった道って、なんとなくわかります・・・重厚な田舎屋敷、屋敷の前には古いお庭があって、さざんかなんかが咲いてる。少し曲がった峠道、


 これでも国道308号線・・・「酷道」という人もいるくらい狭くて、谷が切れ込んでいます。すれ違えないほどの細い道。小学生の遠足に出会いました。全校遠足でしょうか。相当な人数です。ブレーキが、キッと、急な坂なのに車を止めてくれているのが不思議なくらい。怖かったですよお。峠の頂上には茶店が2軒。大根の中抜きのお漬物を買いました。

 ハイキングの人が二人。「大阪から上がってきましたよ。1時間半です」・・・ということでした。


Dscn0607


 その後、宝山寺へ。お寺の後ろは峨々たる断崖絶壁。
「親に孝行するか」とか、半身身をのりだして聞かれるとかいう大峰山。大峰山は女人禁制ですが、ここも修験道のお寺ですって。それにしても、こんな所に寺を建てる人の情念・・・一番最初にことを起こした僧の情念の激しさ。修験道って、そも、何???人間の不思議を思います。

Dscn0609_2


| | コメント (5) | トラックバック (0)

2013年11月 6日 (水)

チンクエ・テッレ  そのかわいらしい五つの村

 リグリア海のギザギザの崖っぷちに、小さな村が入り江ごとに点在します。「チンクエ・テッレ」は五つの村という意味で、そのかわいらしい村を訪ねました。今、とても人気のスポットだそうです。このあたりはサヴォイア王国の領土だったところで、今は仏領になっているニース、カンヌあたりまではイタリア領だったといいます。領土返還運動は今もあるそうですよ。

Dscn0496

Dscn0493


 
 上は、「RIO・MAGGIORE」村。
小さな村の真ん中のお土産屋さんの登り坂を上がっていくと、教会がありました。教会をスケッチして、急いで降りようと近道をねらって、急な階段を何度も折れ曲がり下っていくと、よそ様のお宅に入ってしまいました。「オヤオア・・・迷子になっちゃった」集合時間はこの時点で過ぎてしまっています。
 急いで登り直します。すぐそこに大通りは見えてるのに・・・・迷路です。膝の痛いのもどこへやら・・・必死で下り、やっとみなさんと合流できました。

Dscn0497


 上は「MANAROLA」村です。小さな汽車に3分ほど乗って、下の「VERNAZZA」村へ。

Dscn0498

Dscn0499

この村から次の駅まで船に乗る予定だったのが、船は来ず、又、汽車で、次の「MONTE ROSSO]へ行きました。汽車は何度も乗り降り自由です。イタリアって、ホント、ノォーンビリ。快晴で風も涼しいから笑ってられるけど、冷たい風で雨でも降ってたらどうなった???下、向こうに見えているのが、「MONTE ROSSO」村

 

Dscn0500

 下は「MONTE ROSSO」村。五つの入江が見えています。

Dscn0501


 え???一つ足りない???ですって。スケッチできなかったんですよお・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年11月 5日 (火)

ボッティチェルリをダメにした怪僧 サヴォナロラ

今を盛りとルネサンス文化が咲き誇っていた花のフィレンツェ。その凋落の直接の誘因を作ったのが、かの有名な、サボナローラ。朝原彰晃みたいなヤツ。サボナローラはフェラーラに生まれました。下はフェラーラで見たサボナローラの彫像とフェラーラのお堀のある城塞 

Dscn0523_2


Dscn0528


 先日ふれたイル・マニフィコ(偉大な男)と呼ばれたロレンツォは1492年43才で死にました。1492年と言えば・・・コロンブスがアメリカにたどり着いた年・・・・歴史って面白いですよねえ。


「快楽を追及するフィレンツェ市民には、今に、神の怒りが降りかかる」と民衆に恐怖心を起こさせて、メディチ家のロレンツォを攻撃。何しろ演説がうまかったらしい。アジテーターとした天才的やったんやろなあ???ロレンツォを追放し、攻め寄せてきていたフランス軍の前に市の門を開いたニックキヤツ。


 彼は、あろうことか、シニョーリア広場に美術品を積み上げて燃やしてしまった。特にグヤジイのが、ボッティチェルリ。彼はサボナ・ローラに心酔してしまって、以後、かの有名な官能的なうっとりした絵を描かなくなりました。ダンテの地獄篇など、暗い絵は残しましたが。


 フランスが攻め寄せ、フィレンツェは開城します。しかし、人気を失った彼はたちまち民衆から憎まれました。禁欲的な暗い生活には戻れなかったのです。

 反対する会派も現れて論争。「予言者ならば火の中を歩いても焼けないはず」ということで、両派の僧が歩くことになりましたが、いざ実行ということになって、イチャモン続々。十字架を持つ、持たないという論争だったとか???信じがたいけど、これが中世。ホントは怖かったんでしょう。
 さ・あ・あ・・・・どうなることやらと待ち構える民衆が待ちくたびれたころに雨さえ降ってきました。民衆の我慢はブチ切れ収監。
 ボッティチェルリをダメにした憎いヤツとももりは思いますが、宗教改革の先駆者と認める声もあるそうです。下は火刑になったフィレンツェのシニョーリア広場

Itaria169


 それにしても・・・・「火の中を歩いても死なない予言者」と、ボッティチェルリの、あの駘蕩とした絵が同居する・・・面白い時代ですねえ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年11月 1日 (金)

永遠の美女の生地  リグリア海の絶壁の上の教会

イタリア・・・どっちを向いても美しい!!!海、山も、町も畑も人も・・・なんてったって若い男性がカッケー!!!


 先日アップした「シモネッタとジュリアーノ」。
永遠の美女シモネッタは、この地、ポルト・ヴェーネレで生まれました。ポルト・ヴェーネレって、そっりゃあ、美しいところです。

Dscn0603


Dscn0502


Dscn0504


Dscn0505


Dscn0506


 日本のTV局が取材にきていました。ルグリア海の荒々しい岩山の上の小さなかわいらしい村。間もなく放映されるでしょう。
 夕日も落ちました。この小さな村の人々は、けなげにも、こんな小さな城門をピタッと閉じて、海賊や異族の侵入に耐えたのでしょうか。

 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »