« 高峰秀子と岸恵子 | トップページ | 富士のお山  世界文化遺産 »

2013年4月26日 (金)

生きる・・・

 「センセ、なんやな???このきたない絵!!!」
 「きたないなあ!!!ちっともきれいやないやん!!!」

Kame_011

 本棚に貼り付けた描きかけの3~4枚の絵を見て子供達が言います。


Kame_012

 「ええやん。きれいな絵を描きたいと思てへんのやから」
 「なんできれいに描かへんの??? 家もきたないし・・・」
 「ほっといて。それとも、お月謝値上げして家きれいにしょうか???」
 「あかん、あかん。汚いままでええっ・・・」

Kame_013


 ホント・・・今、描きかけの絵は全くきれいでも愉快でもありません。4月、お誘いを受けていた個展もお断りして、ホッ。
 まったく、人様をお呼びして見ていただくような、きれいでも楽しい絵でもないのですから。


 間もなく出品予定の絵・・・こんなの???でもぉお・・・どれにしようかなあ???

|

« 高峰秀子と岸恵子 | トップページ | 富士のお山  世界文化遺産 »

コメント

kazuyoo様  子供って実にストレート。楽しいんですよねえ。私には孫はいないけど、まあ、孫と同じ・・・ホント可愛いですよお。

あきみず様 絵を描く立場に立ってみると、絵の解説者ほど不愉快な存在はありません。美術評論家なんて、まったく・・・好き勝手言ってる。「お前描いてみろよ」って言いたいです。大体絵は結局、芸術は何でも「好きか嫌いか」ですよね。世間の評価とは違ってるのがうれしいのですよ。

玉井人ひろた様   お・お・お・・・うれしい!!!玉井人さまがこんなお言葉をくださるなんて・・めずらしい!!!

山桜様  そんな事言ったか???もう忘れています。結局「好きか嫌いか」「自分がどう思うか」と云うことに尽きるわけで、既成の評価に囚われるのは一番チンプで面白くないことでしょう。


nyar-nyar様  そうなんですよお・・・先日もある人にいわれました。「抽象から具象に変わる人は初めて見た」ですって。もう、何にも欲は無いから描きたいものを描きたいように描こうと思っています。

投稿: 山口ももり | 2013年5月 4日 (土) 09時07分

art今までのももりさんの画風から考えると・・・
全然違っていますよね~
生徒さんたちが驚くのも無理ないと思います(´,_ゝ`)プッ

投稿: nyar-nyar | 2013年5月 3日 (金) 20時42分

以前ももりさんに「あなたは芸術に何を求めますか?」と問いかけられて、コメント欄に自分なりの気持ちを記入したのですが上手くアップされずに消えてしまいました。

 自分が何を求めるかと言うより、何が創作をさせるのかということになりますが、
 「自分の心を強く動かしたものを誰かに伝えたいという強い衝動」
でしょうか。 それは見た目に美しいものとは限りませんけれど、その人にとっては強く引き付けられる何かの「美」を持っていたに違いありません。 その「美」を受け入れる感性の持ち主が少ないかも知れないからと言って、自分の表現したい伝えたい気持ちを抑える理由にはなりません。

 ももりさんが惹かれたのは、光と闇の狭間で力強くこちらを見据えて光る眼…? どの絵でも目があった人物の目は光り、その他の人はぼやけて…。 お母さんに焦点があたった絵より子供の方が可愛らしくていいか?と迷われているのでしょうか? 私は一枚目の絵で寧ろお母さんはやや柔らかな表情なのに対し、その右の子の全身から出ている緊張感に惹きつけられます。 

投稿: 山桜 | 2013年4月27日 (土) 12時39分

私はこういう絵がなんともひかれるんです。最初の一番上のはいいですね

最初にアップしたということは、たぶんももりさん的にも一番上の最初のが無意識にその絵が良いと思っているんじゃないでしょうか?

投稿: 玉井人ひろた | 2013年4月27日 (土) 08時29分

私もこの絵が、何を訴え作者の意図が分からないんです。
きれいな絵はきれいだなぁーで終わります
作者ががどう考えているか何を訴えようとしているのか
 先日ベネッセ美術館で 国吉康雄氏の作品解説鑑賞
しましたが そうゆわれてみればそうかなぁと
感じる程度でした。特に日本との戦前から戦後の
作品は解説してもらえるとそうかな と感じる
次第です。

投稿: あきみず | 2013年4月26日 (金) 19時27分

子供たちの反応が面白い。月謝は親に負担が掛かると思ってるのですね。
奥深く表現なさってるのですから。シリーズ作品になさってるのですか。

投稿: kazuyoo60 | 2013年4月26日 (金) 09時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101420/57236954

この記事へのトラックバック一覧です: 生きる・・・:

« 高峰秀子と岸恵子 | トップページ | 富士のお山  世界文化遺産 »