« ピカソ 20才から24才  青の時代 | トップページ | ピカソ22才・・・そしてバラ色の時代 »

2013年3月 1日 (金)

ピカソ 幼き日のこと 

 ピカソ・・・少し急ぎすぎました。
両親の愛情が不足だったのでは???と云う意味の書き込みもいただいて、やっぱり、ピカソの幼い日々のことにも触れなくてはと思います。


 ピカソを貶めようとは、ゆめ思いませんが、しかし、ピカソを愛した女達の不幸・・・あまりにも際立つ女達の酷い末路はどうしたことなのでしょう。
 正妻オルガは精神分裂病。息子パウロはアルコールと麻薬に溺れ、その枕元では孫が、絶望のあまり父親の枕もとの消毒薬を1瓶丸飲みして3ヶ月後には死。やさしいエヴァは結核。蹂躙されつくしたマリー・テレーズはピカソの死の4年後に自殺。あのキャピキャピだったドラ・マールも神経衰弱。はては・・・最後の妻ジャックリーヌも自殺・・・・
 この男の何が彼女達の命を吸い取ったか???何がピカソをそうさせたか???
 

Pica_003


ピカソの父、ホセ・ルイス、42才。母、マリア・ピカソ、25才は1880年に結婚。1ヶ月もたたないうちに身ごもった。やがて出産。死産・・・かと思われた。産婆は赤子をあきらめて母親の世話に移ったが、評判の医者であった叔父、(父の弟)がすっていた葉巻の煙を、赤子の鼻の穴に吹き込んだら反応した・・・という。

 パブリート(パブロの愛称・・パブロちゃん)はつぶらな大きな目の、実に可愛らしい子で、メイドも含めて時間をもてあます5人の叔母や母親からは甘やかされ、欲しいものは何でも与えられ、いいたい放題、わがまま放題、愛情過多???かもしれない。


 パブリートは、言葉を覚えるより前に絵を描くことを覚え、チューロー(スペインの丸く円を描きながら、油で揚げる菓子パン)を要求し、「ピス、ピス」といって鉛筆を欲しがったし、切り紙細工も実にたくみだった。


 ピカソが生まれる4年前、ピカソ家は一家を支えていた実力者の兄を失った。兄、パブロ・ルイスは聖職者、神学博士、マラガ大聖堂の参事会員だったが、その叔父が46才で急死して、一家の経営は、現実的能力にはハナハダ心もとないピカソの父ホセの肩にかかってしまったのだった。父は、マラガの私立美術館に職を得る。しかし、1890年には失業。美術館が閉館されることになったから。次に見つかった仕事は、スペインの北西端、ラ・コルーヤの美術学校の教師の椅子だった。

 ラ・コルーニャにて、ピカソにとって学校はつらい処だった。落ち着きがなく、好きな時に席を離れ、本にはびっしりと落書き。ひわいなロバの交尾まで描いている。おまけに、詩までそえている。


  はじめましてとも言わないで   雌のロバは尻尾を上げる
  しつれいしますとも言わないで  雄のロバは注射針を突き立てる


 どうですか・・・10才ですよお。パブリートは父を尊敬し、べったりだったが、父は、ラ・コルーニャの陰気な気候や言葉の違いなどから、塞ぎこんでしまうようになった

 12才。ピカソの初恋。お相手は貴族の娘、アンヘレス。クラスに二人しかいない女子の一人だったが・・・手紙の交換をしたりすることに不安を持った彼女の両親は、アンヘレスをパンプローナへ送り出してしまった。ピカソが貧しさや社会的地位の低さの意味をしっかりつかんだのはこの時からかもしれない。


 妹の死・・・ピカソは死をひどく怖れるになった。ピカソ14才。父はバルセロナへ出ます。
この時期、「死」をテーマにした作品が多く、とても死を怖れた。

|

« ピカソ 20才から24才  青の時代 | トップページ | ピカソ22才・・・そしてバラ色の時代 »

コメント

ちゃぐまま様   とも角、周囲は皆、彼を天才と信じてたようです。傲慢でそのクセいつもイライラ。攻撃的で・・・しかし・・・絵を描く以外に生き方を見つけなかった!!!と云う点がエ・ラ・イ!!!二十歳過ぎたらただの人・・・にならなかったのよお。

投稿: 山口ももり | 2013年3月 5日 (火) 09時39分

天才のこのような屈折した履歴。でも、割と普通にあるといえばありますよね。

それを乗り越えたエネルギーは、大人になってもバランスのとれた精神状態にはしてくれなかったようですね。

投稿: ちゃぐまま | 2013年3月 2日 (土) 21時39分

kazuyoo様   ピカソをグダグダ書いていると、どうやら読者には飽きられる???でも・・・・一度は書いてみたかったから・・・しばらくお付き合いの程を・・・お願いします。


玉井人ひろた様   私が習ったスペイン語の先生によれば100くらい・・・その気になれば言えるんですって。大体ご先祖様の家系図が書けるそうです。

投稿: 山口ももり | 2013年3月 2日 (土) 08時42分

ピカソのフルネームは↓

「パブロ・ディエゴ・ホセ・フランシスコ・デ・バラ・ホアン・ネポムセノ・マリア・デ・ロス・レメディオス・クリスピン・クリスピアノ・デ・ラ・サンディシマ・トリニダード・ルイス・ブランスコ・ピカソ」

という長い長い名前ですが、妹のローラさんのフルネームも長いんでしょうね。

投稿: 玉井人ひろた | 2013年3月 1日 (金) 19時59分

良い服を着て可愛い兄妹です。運命と言えばそれまでですが、やっぱり一定の収入が保証されなければ不幸ですね。描くととよりほかの収入の道は求めなかったでしょうから。

投稿: kazuyoo60 | 2013年3月 1日 (金) 13時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ピカソ 幼き日のこと :

« ピカソ 20才から24才  青の時代 | トップページ | ピカソ22才・・・そしてバラ色の時代 »