« ピカソ 16才から20才 早熟な青春 放蕩無頼 | トップページ | ピカソ 幼き日のこと  »

2013年2月28日 (木)

ピカソ 20才から24才  青の時代

 失意のピカソは、パリからバルセロナに帰ろうとしますが金がありません。父親の送金を待ちかねています。やっと金が届きました。バルセロナへ帰った彼は一層落ち込みます。みんなに嘱望されて出て行った彼、成功はおぼつかないとは・・・つらいよなあ!!売春宿かカフェか、友人のアトリエか???しかし、女達の絵が沢山残っています。
 1902年、再びパリヘ


Picaso_021


Picaso_027


 パリの生活は相変わらず貧しく食べ物もない。友人の留守宅のパンを食べてしまったりもしました。どん底の暮らし、友人マックスが一緒の生活を誘ってくれ、マックスが昼間、働いている間には一つしかないベッドでピカソが眠り、夜はマックスが眠る間、ピカソは絵を描く。自殺も考えたといいます。結局4回、バルセロナとパリを往復。何処にも落ちつける処のない暗いピカソの青春です。又、バルセロナへ

 1904年。ピカソはパリヘ。そして、そして・・・・開けゆく「バラ色の時代」・・・

|

« ピカソ 16才から20才 早熟な青春 放蕩無頼 | トップページ | ピカソ 幼き日のこと  »

コメント

ちゃぐまま様  ていねいに読んでいただいて本当にうれしいです。友人から言われました。「もう、今はやらへんピカソばっかり書いて」ってね。ピカソ、知れば知るほど、腹立たしく、どうしようもなく屈服されるのですよ。

投稿: 山口ももり | 2013年3月 5日 (火) 09時41分

自分の行き場、落ち着き場所がないことほど不安なものはないですね。
華やかなはずの青春時代が、「青」の時代だったとは。
でも、ここを通り越したからこそ、ピカソがあるのかもしれません。
この青の時代に絵好きなんです。
人間の根底に流れるさみしさ、孤独感が伝わってきます。

「絵」入りの連載小説ですね。
とてもわかり易いです。

投稿: ちゃぐまま | 2013年3月 2日 (土) 21時32分

kazuyoo様  ピカソがあのまま貧しかったら・・・ひょっとして、もっと凄い作品ばかりが残ったかもなあんて。不幸は芸術を育てるって言いますから。

投稿: 山口ももり | 2013年3月 2日 (土) 08時44分

目の力が凄い、見透かされてる気がするほどです。
極貧の暮らしですか。貧しくても粗末でも、食べるものが無い生活は、親や祖母のおかげで免れてきました。どんなにか苦しかったでしょう。ドラマで一端は見ましたので。

投稿: kazuyoo60 | 2013年2月28日 (木) 10時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ピカソ 20才から24才  青の時代:

« ピカソ 16才から20才 早熟な青春 放蕩無頼 | トップページ | ピカソ 幼き日のこと  »