« ハマりました  たかのてるこ | トップページ | 「愛妻記」 進藤兼人 »

2012年12月22日 (土)

又2冊借りてきました・・たかのてるこ

 Buru_001


 ジプシー・・・私のイメージはまずヴィクトル・ユゴー「ノートルダムのせむし男」。せむしのカジモドが恋する娘、エスメラルダ。エスメラルダって、エメラルドの意味だと知った時のうれしかったことといったら。
 映画では、ジーナ・ロロブリジダが演じました・・・ヤギとおどるエスメラルダの異様なまでにくびれた細い腰。彼女はしかし、赤ん坊の時にジプシーにさらわれたのでした。狂ってしまった母親が洞窟の中で、世を呪い、娘ともしらずエスメラルダを呪いながら生きています。


 もう一つ、シューマンの「流浪の民」


 ぶなの森の はがくれに うたい ほがい にぎわしや
 ねぐら 離れ 鳥なけば・・・いずこゆくか 流浪の民
 これぞ 流浪の人の群れ まなこ光り 髪清ら
 
 ニイル(ナイル)の水に ひたされて・・・・キララ キララ 輝けり
 燃ゆる火を 囲みつつ 強く たけく♪♪♪


 私はと言えば・・何年も前、パリで一人スケッチをしていて囲まれたジプシーの子供達。「あっちイケー」って大声出して無事・・・やっぱりイヤやったなあ。

 たかのてるこはジプシーにあこがれて ブルガリアへ出かけます。相棒はカメラマンのボーイフレンド。行き当たりばったりの旅は、ともかく軌道にのるまでは、七難八苦続きです。白タクにはボられ、有名な映画スターにも恐喝マガイでたかられます。夜中に泊まったところではすんでのことで、マタマタ強姦されそうになる・・・


 しかし・・・彼女は、懸命に相手の立場を理解しようとつとめます


 インドから、世界各地へと放浪の民となったジプシー。持てる者からは盗っても当然。ウソもつき放題。感情は獣じみて激しい。夜ッぴて踊るタフネス。しかし、これだからこそ生き残れた・・・・10代前半で結婚し、30代では孫もいる・・・自分と1才しか年が違わないおばあちゃんにびっくりします。しかし・・・ユダヤ人と違って特定の宗教が無い・・・だから民族としてのまとまりには欠けて・・・この当たりの洞察は鋭いなあ。


Buru_003

 ももりが行ったブルガリア。カラフルな家・・・という表現がアチコチに出てきます。

Buru_004

 とてもとても・・・ももりにはこんな旅は真似しようにもできません。
ともかく、彼女はお腹が丈夫です。こちとらは、エジプトでもシルクロードでもペルーでも、散々・・・
 旅先の下痢ほどつらいものはありません。キューッと差し込んできたら上からも下からも・・・出さないことには収まらない・・・そんなところに限ってトイレがない。


 まあ・・・年も年やし・・・旅行社が連れて行ってくれるたびで満足しましょう。スケッチを一杯して・・・ネ 下、スケッチはブルガリア

 Buru_005


|

« ハマりました  たかのてるこ | トップページ | 「愛妻記」 進藤兼人 »

コメント

kazuyoo様・・・すっかり年も押し詰まりましたね。とも角ジプシーにはあまり良いイメージはないのですけど、その反面、自由奔放。強靭な野性味と思いっきり激しい衣装や気質のイメージがありますよね。無い物ねだりでしょうけど、それはそれで魅力です。

玉井人ひろた様・・・・上手くコメントがはいらなくなりました。他にもそんな方がいらっしゃいます。アドレスが正しくないっていうのですけど・・・でも・・・わかりません。差別用語って誰がきめたのかしりませんけど、意味の無いのも多いようです。

投稿: | 2012年12月25日 (火) 09時24分

「ジプシー」って差別用語になっているので放送禁止用語になっているのを、ついさっき知りました

投稿: 玉井人ひろた | 2012年12月24日 (月) 22時22分

勝手な倫理観などぶっ飛ばせなのでしょうね。ジプシーたちの集団ではそれなりのルールがあるはずでしょうけれど。
たまたまノロウイルスなど病原菌に出会わなかっただけかもしれません。昨夜見たテレビ1円玉大でノロウイルスが100億個もだそうです。10個で発病だそうです。
よほど安全と分かる場所以外は1人旅はなさらないほうがです。
動物、植物、人レベルまで行けば、怖いものなんてなのでしょうか。
ジプシーで思い出すのは、激しいダンスと、金物の修理で年中旅をしてる姿です。テレビ情報です。

投稿: kazuyoo60 | 2012年12月22日 (土) 13時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 又2冊借りてきました・・たかのてるこ:

« ハマりました  たかのてるこ | トップページ | 「愛妻記」 進藤兼人 »