« フランス革命  内の風 外の風 | トップページ | セーヌは流れる・・・アンリ4世通り »

2012年10月18日 (木)

フランス  4回の革命

Pari_005

 ルイ16世処刑後の革命政府は乱れに乱れ、1ヶ月半でギロチンが1300人を処理。もはや、革命の理想などはどこかに雨散霧消です。諸外国からも攻めたてられて、気息奄々のフランスに登場したナポレオン。ナポレオンについては以前大分書いていますので、省略しましょう。 


 ナポレオンの治世はなかなかのもので、フランスは国威を発揚し、大いに意気盛んだったのですが、1814年にはワーテルローで負けて没落。退位しました。
 そこへ、オメオメと亡命先から帰国して王位についたルイ16世の弟二人、ルイ18世とシャルル10世。シャルルは激しく革命派だった人々を逆襲して、貴族社会に戻そうとします。再び民衆が暴動を起こしたのが、7月革命。1830年のことです。上スケッチは100年間もイギリスと戦って、もうダメかという時にフランスを救った、300年以上も前のジャンヌ・ダルク、かの聖女が処刑されたルーアン

 シャルルはベルギーへ逃亡。その跡へ傍系のオルレアン家のルイ・フィリップが王様になりました。改革派を装っていた彼もやがて反動化。再び民衆が暴動を起こしたのが2月革命です。王様はイギリスへ逃亡。1848年

 
 そこから、又、革命政府がとりし切りましたが、全て上手くいかず、やがてナポレオンの甥、ルイ・ナポレオンが選挙で大統領に選ばれ、やがて、クーデターにより王様に居座ります。ナポレオン三世です。1852年のこと

 どうですか・・・このナポレオン3世が、プロイセン・・・当時有名なビスマルク・・・との戦争にこっぴどく負けて、屈辱的な講和を呑み、パリを包囲する砲台を解体するとの報に憤慨した民衆は、4度目の暴動でパリを守ろうとしたのが、パリ・コミューンです。 


 フランスの国旗、赤、白、青の三色旗は赤と青の間にブルボン家の白をはさんだものだそうです。
面白いことに、第2次世界大戦後の1950年、再び王様に戻ってもらおうという話もあったのですが、ブルボン家の後裔、アンリ7世(1933年生まれ)が、この三色旗を国旗とすることを頑として拒否。王政復古はならなかったといいますから、歴史って面白い!!!。

|

« フランス革命  内の風 外の風 | トップページ | セーヌは流れる・・・アンリ4世通り »

コメント

フランスへ行かれているのですね、
事前にこれだけの学習をなさって(イヤ もともと何でもご存知のももりさんですけど)素晴らしいですね。
お帰りになられたらもう博学になられていますね。
楽しいお話聞かせてください。

投稿: nyar-nyar | 2012年11月 2日 (金) 20時15分

日本の場合の革命をあえて4つ上げるならば、戦国時代の幕開け、鎖国開始、明治維新、そして太平洋戦争の4つですかね

投稿: 玉井人ひろた | 2012年10月24日 (水) 21時22分

青白赤は自由・平等・博愛を表すと昔教わりましたが、
本当は、青赤の旗はパリの旗でパリ市と王家の和解の
象徴だったのですね。 知りませんでした~

今の某国だったら、不自由・暴動・迫害でしょうか…

もうフランスへ旅立たれてしまわれたかもしれませんけれど、
やっと米芾のレポートと仮名の分を本日投函しました。
米芾はすっかり面白くなってキリがないので、適当な所で
なんとか打ち切りましたが、A4で10頁になってしまい、
お忙しい中読んで戴くのにお時間割いてしまうのは、
とても申し訳ないので、どうか帰国後ホッとされてから
よろしくお願い致します。

投稿: 山桜 | 2012年10月20日 (土) 17時52分

1300人もですか。日本の磔や斬首でも見物人は多かったと見聞きのうちですが。
可哀想なのは民衆ですが、これで、民主主義が磨かれたということでしょうか。
アンリ7世は賢明な方だったのでしょう。何度も起こった動乱を繰り返したいとは思われなかったのでしょうね。

投稿: kazuyoo60 | 2012年10月18日 (木) 11時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フランス  4回の革命:

« フランス革命  内の風 外の風 | トップページ | セーヌは流れる・・・アンリ4世通り »