« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月28日 (金)

衆愚とマスコミ

Pari_006
   


 次に行く旅はフランス。パリで一日ゆっくり出来そうですから、フランス革命の跡を歩き回ってみたいと思っています。もう1日あったら中世のパリの遺構をめぐりたいのですが、とりあえずは革命のパリを。


 改めて、何冊かのフランス革命の歴史を読み返しています。膨大な人物が登場する激動の80年間です。ルイ16世処刑で絶対王政崩壊、革命政府の血みどろの主導権争い。そして未曾有の混乱と飢餓。今こそとばかりの外国の侵入。ナポレオンが出なかったら、今、フランスと云う国が存在したか。ルイ16世がギロチンの露と消え、ルイ18世が王位につくまでの21年間の革命の恥部。そして復活した立憲君主制とは名ばかりの反動の王政の恐怖政治。7月革命、2月革命、ルイ・ナポレオンの第ニ帝政の崩壊、パリコミューンまでを大雑把にでもつかみたいと、これは、又、大きすぎる望みです。


Pari_007

 シュテファン・ツバイクは「マリー・アントワネット」の中で書いています。

 フランス革命においてはーーー他の全ての革命とひとしくーーーあきらかに二つの型の革命党員が際立った対照を見せている。理想のゆえに革命を奉じた者と、怨恨から革命に走った者とである。大衆の水準を抜いて豊かであった前者の側の人たちは、大衆をおのれの水準にまで引き上げようとし、これに反して、久しく不遇の境のあった他方の人たちは、自分より上の暮らしをしていた連中に対して復讐をしてやろうと言うのであった。中略・・・胡散臭い過去の持ち主で、劇場の金を横領のかどで公然罰せられたことがあり、無職無節操の彼は、追いつめられた獣が皮に飛び込むように「カメレオンが色を変えるように革命の激流に身を踊らせたのであるが・・・時代の潮流が彼を載せて運んでいく。・・・革命時、声高にフランスのありようを罵倒し、大衆に媚びた不潔な人非人、この尤も凶暴な大言家・・・・ツヴァイクが暴露する一革命指導者の人物描写です。 


 低級下劣な大衆誌・・・革命の生んだ尤も低劣な大道新聞紙上、彼のペンは益々赤くなる「まるでセーヌ川がパリの大汚水渠ででもあるような・・・下劣極まる調子で、最下級の、どん底の階級のいとうべき本能にへつらい、こうして革命の国外に於ける名声を一切うしなわしめた・・・・フランツ・シュテファンは怒りに震えてこう書いています。


 革命のありようは、すぐに理性を失う大衆の怖ろしさ、低俗なエゴ、まさに血で血を洗う・・・怖ろしい大衆の意識操作。これは何も、フランス革命だけではないにちがいありません。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年9月27日 (木)

大雪山・・・登りたい

Sin_016


Sin_012


Sin_013


 大雪山系旭岳・・・ロープウエーで登って周辺を1時間程ハイキング。あ・あ・あ・・・・口惜しい!!!若い頃ならとっとと登ってる。山頂はすぐそこに見えてるのに・・・パックツアーって結構つらい。


Sin_019


 大雪山系赤岳の登り口。少しは紅葉しています。


 今回、泊まったのは然別湖畔と十勝岳のふもとの白金温泉。どちらも温泉地の雑踏とは程遠く、人影もまばら。ホテルも二つ三つくらいしかない。やっぱり静かなのがなによりでした。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2012年9月25日 (火)

紅葉はまだまだ・・・北海道

Sin_014


 先日、北海道へ。大雪山周辺のハイキングのパックツアーです。九州は台風がいるようで・・・さ・あ・あ・・・どうなる???初日は霧の中、然別湖畔のホテルの窓から


 Sin_021


 「高気圧背負って歩いてる」って自慢してる相棒の念力???翌日は晴れて然別湖遊覧船に


Sin_020
 

 広大な樹林を抜けて十勝岳のふもとへ。三国峠 

Sin_017


 これは「青池」と云う、なんの面白みもないネーミングが惜しいほどの不思議な湖面の色の人工池。ダム湖の一つですって。それにしても、北海道は暑い。異常気象なんですって。

  

Sin_015


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年9月24日 (月)

だぁかぁらぁ・・・捨てられない

Eigo_002


Eigo_001


秋、少し涼しくなって、とたんに気になるのが家の中と外。年も取ってきたことだし、出来るだけ物を減らしたいと、手をつけたのが本箱。
 あ・あ・あ・・・とたんに面白そうなのが見つかるじゃないの・・・


 スペイン語も英語も・・・アンナに頑張ってたのに・・・結局この程度か・・・今ではすっかり忘れてしまって、簡単な単語も出てこない・・・クソッ!!!


 新しい本は買ってもなかなか読めないけど、一度読み込んだ本なら頭に入ります。だぁ・かぁ・らぁ・・・・どうしよう???捨てる????


 今でも語学はやってみたいですけど・・・本を読むか、語学か・・・どちらかしかできないよねえ。時間は限られてるんだから・・・ということで結局、本を読みましょう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年9月23日 (日)

「カインの末裔」

Sin_001


 先日の日本水彩関西支部展に出したものです。タイトルは「生きる」。実は、この絵をクドクドと説明するのがイヤだったから、このタイトルにしたのですが、本当は、不毛の大地をさすらう人間ども、「カインの末裔」を描きたかったのです。 


 「カインの末裔」有島武郎にこの題名の作品があります。
旧約聖書に出てくる「カインとアベル」は兄弟。ほんのちょっと些細な出来事、嫉妬と憎しみから、兄アベルを殺してしまった弟、カインが、神の怒りに触れて楽園から追放されるお話です。

 有島武雄は北海道の不毛の大地にうずくまるように生きる人間を描いていたと記憶しています。働いても働いても貧しい救いのない生活。

 シリアは今、酷く荒れています。ももりが行った時、やっぱり、どこか荒んだ感じはありました。街が汚いのです。

 シリア、ヨルダンと旅をした時、その荒涼たる大地に驚きました。地中海から吹き付ける湿った空気に潤う西海岸から一歩離れると、そこは、荒涼としたバラ色の砂漠。つまり・・・カインはエデンの園から砂漠へと追放されたと実感しました。


 なんだか・・・理屈っぽい絵を人様に説明するのもイヤで、しかも、のんびりとこの平和ボケの日本にのうのうと暮らしながら、残酷な状況を描くことに偽善みたいなものを感じてしまったものですから・・・


 見てくださった皆様には、本当に有難うございました。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2012年9月15日 (土)

寄付はどうなる???

Pari_002

相棒は、以前、東京都庁へ出かけて尖閣諸島買い取りのための寄付をしてきたと云っていました。


 なんでも、10万円以上は別口の窓口があって、「いかがなさいますか」と聞かれて、「もう、年金生活やから」というと、ではこちらへと案内されたのが、たしかぁ・・・三和銀行の窓口だったとか。


 尖閣諸島は国が買い取るんですって????そんなのないよお・・・石原慎太郎の心意気に感じたから寄付したんやでえ。国になんか、もう既に一杯税金取られてるんやから・・・


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年9月14日 (金)

老い二人

Pari_003


 相棒74才。まだ働いています。でも・・・・もう止めるとか・・・
ヨック頑張りました。

 相棒、最近食べ物がむつかしい。でも、ヒョット気がついたんですけど・・・77才で亡くなった姑も、本当に食べ物には難しい人でした。と云って、ご馳走がいるというわけでは全然無い。でも、ガンコにいやなものは食べない。まあ・・・極端に云えばお漬物とご飯だけ???。


 その息子の相棒、若い頃は実に豪快な食べっぷり、働きぶりでした。「そんな事してたら絶対死ぬ」と思ったこともある程働いた人です。それが・・・最近、食べない。考えてみたら姑の年になってるんですよねえ。


 一方、私も食べない。相棒の食べ残しを食べるのがいやで、ツイこの間もチョコッとやりあったばかり。かと云って捨てるのもつらい。

 お互いに、年よってきたんやねえ。


 姑が寝ついて、8ヶ月。必死に受け入れてくれる病院を探したのは、姑がまるで食べなくなったから。「私の手の中で死んでもらうのはイヤです」とお医者様の前で叫びました。
 その時、若かりし相棒は、厳として云いました。
「食べられへんようになったら死ぬ。それが人間の自然や」


 もう、相棒が食べないことについては言いますまい。自然に食べなくなって死にそうな・・・ヒョットして離れ島へ行ってのたれ死にかも???そんな死に方もありそうな・・・


 ところが・・・外国へ行ったらとたんにアドレナリンが出まくるせいか???食欲もりもり・・・飲み欲もりもり・・・特にももりは、ネ。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年9月12日 (水)

見られたくない絵

Hurannsu_002


 今、京都市美術館本館2Fにて開催中です。二つの展覧会、どちらにも出品しています。
最近、・・・あまり自分の絵を見せたくない・・・発表しておきながら見せたくないというのは矛盾してますけど・・・

 つ・ま・りぃ・・・人様に見てもらって楽しくなってもらえる絵柄じゃない・・・んです。最近描いているのはまあ・・・乞食、というか路上で観光客相手に細々と物を売って必死に生きている幼い母子とか・・・タイトルは「生きる」です。


 でも、他に人のは、素晴らしいのや考えさせられる絵も一杯ありますので、ゼヒゼヒ・・・


Hurannsu_001


 お向かいの国立近代美術館では「高橋由一展」やっています。江戸から明治に変わる時、もう40才だったという由一・・・絵も興味深いですが、今と昔の景色の違いが面白い!!!京都の平安神宮が、柳の馬場から丸見え・・・なんて、今では考えられないスケッチが展示されています。江ノ島も、ももりはまだ行ったことがないんですけど・・・今では考えられない風景になっているのでしょうねえ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年9月 6日 (木)

あ・あ・あ・・・・旅したいっ!!!

Burogu_002


 旅・・旅・・旅!!!旅したい。10月には行こうと思っている旅があるのですけど、それを楽しみに生きてるってのは、ちょっと大げさか???

 相棒はフランスが大っ嫌い。フランスはアッチコチに武器を売ってもうけてる、核実験だって一杯やってる・・・商売がすじこい・・・サルコジは品がない・・・サルコジさんは代わったんじゃない???


 は・は・は・・・でもやっぱり、フランスへ行きたい!!!だって・・・フランスを舞台にした小説・・・文学を沢山読んだし、フランスの歴史はわりと理解しやすい。ドイツやイタリアみたい長い小国分裂の時代がなく、わりと古くから王国としてまとまってるから。4回も革命で王様を引きずり下ろした・・・それに・・・やっぱり自然が美しい。


 もう、何回目になるか???次の旅は南西フランス。アキテーヌ地方。ピレネーの近くです。早く来い来い・・・おフランス

 スケッチは先日行った南紀勝浦、「ホテル浦島」の山の上の浦島神社 下はのろし山からの断崖絶壁と南紀の海岸


Burogu_001


Burogu_012


 やっぱり、絵にするには、おフランスなのよねえ。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2012年9月 5日 (水)

南紀 勝浦 浦島

Burogu_004


 お安く宿をゲットして二人で、のおんびりJR特急「くろしお」で行ってきました。


 勝浦「ホテル浦島」スケッチは「忘帰洞」温泉。
その日、台風が奄美大島付近にいて、海岸は凄く波が高く、温泉にもしぶきが入るほどでした。

 Burogu_011


 最近プールにハマっています。早速、ここ「ホテル浦島」のプールへジャボン。お・お・おお!!!!塩辛い!!!息継ぎに口を開けたらとたんに塩水が口に・・・こりゃ、たまらん!!!
海水って・・・カ・ラ・イッ!!!激しい夕立!!!でもぬれたって平気!!!


 Burogu_003


 翌朝、一瞬の朝焼け。雲のダンス!!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年9月 4日 (火)

熱中症???

Hibi_001

 あまりの暑さに2階に上がるのが怖い。パソコンが2階にあるもんですから、ついついサボってしまっています。体が悪かったわけではありませんが・・・
 先日のこと・・・


 プールに泳ぎに行きました。そのプールは設備が古くて、温度を下げることが出来ないらしく、何しろ水温が高い!!!別の日ですが、聞いた時には、33度5分っていうことでした。歩くのが目的みたいなプールですので、大体水温は高い設定のようなのです。ちなみに、府立体育館の競泳用のプールは水温29度で、競泳大会があるときは、もっと水温を下げるとか。


 その日、2時間、2キロ歩いて、1キロ泳ぎました。帰宅は12時頃、大きなコップに100パーセントオレンジジュース、他、お茶やコーヒーを一杯飲んで、水分は補給したつもりでした。昼食もしっかり取りました。


 夜、あまり食欲無く、カレーを少しとスイカを少し。・・・・しばらくすると急におなかが痛み始め、上下からやっとのことで出してらくになりました。その後も、勿論、水分は補給したつもりでした。


 その晩は、夜中に3度もトイレに目覚め、あくる日、朝から喉が激しく渇きます。
「糖尿にでもなったんやろか」とゾッとしましたが、水分は沢山取り、それ以後は普段にもどりました。


 病院勤めの友人に話しましたら
「それって、熱中症や」って云います。
「ええっ!!!熱中症でおなかが悪くなるのん???」
「いろんな症状が出るのんよ」

 その後、別の友人も、やっぱりお腹を壊したといって「とも角、職場が節電でスッゴク暑かったあとやから、あれは熱中症やわ」って云うことです。


 みなさん、熱中症でお腹が痛みませんか???


 上は、最近スッゴク楽しく読んだ2冊。知人が頼山陽の末裔でいらっしゃるんですって。借りた時は「こんな小さな字で、2冊も読めるやろか???」って思いましたけど、グングン読みすすんで、とても面白かったです。文化文政期の文人達の生活が活写されています。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »