« 緑陰で読書・・・ | トップページ | あっちもこっちも家出 »

2012年8月21日 (火)

へくら島

Hekura


 「へくら島」って聞いたことがおありでしょうか。ももりは全く知りませんでした。
相棒が「行くか?」って聞いてくれてた記憶はあったんですけど、「ノン」・・・だって、今年は地蔵盆のお世話役です。それにぃ・・・このクソ暑いのに、イ・ヤ!!プールにでも云ってる方がよっぽどまし。


 さて、カレンダーには8月13日と14日に赤丸がついています。どうやらこの日に行くらしい。


 当日の朝、「どこ行くのん???」
       「能登半島の北の方にある島」
       「なんていう島???」
       「○△×☆◎・・・・」

 お仲間とお地蔵さんのお買い物なんかを済ませて、やれやれ・・・さあて、14日の夜。11時、12時・・・午前1時・・・帰ってきません。


 「何やらこの頃、機嫌がわるいしなあ???」
 「どっかで心臓プッツンちがうやろか」


 日が変わっても、ねっから帰ってきません。
 「こらぁああ・・かなわんなあ。お地蔵さんはせんなんし、警察に捜索してもらわなあかんやろか・・・なんちゅうとこへ行く云うてたかいなあ??たしか、能登半島の北のほうの小さな島やとか云うてたなあ。×△◎☆???思い出せません。「えらいこっちゃ!!!」


 夜があけて、朝、10時頃、とぼけた声で電話あり。
「2時頃帰るから、鍵かけんといてや」普通、2泊3日なら、赤丸は3つつけませんか???


Hekura2

 一方、「15日に帰る」って云ってた息子、こちらも帰らず。その方は「15日に日本に
帰ってくる」ということやったらしい。「なんや電話くれてたみたいやけど、なんか用やったんか???」ですって。


 釣りキチは四国、室戸まで遠出。普段、お互い自律した人間同志の下宿屋みたいな感じ、お互いに好きなことしあって、あまり干渉しない我が家ですが・・・ちょっとねえ・・・

|

« 緑陰で読書・・・ | トップページ | あっちもこっちも家出 »

コメント

ちゃぐま様   それがああ・・・・釣りキチは不漁だったんです。まあ・・・一軒の分はありましたが、張り切って兄を招待するってほどは・・・は・は・は・・・


山桜様  そう言ってもらってうれしいなあ!!!トルコへはお元気で・・・トルコも暑いやろなあ!!!

投稿: 山口ももり | 2012年8月23日 (木) 10時05分

ももりさんへ
 表には「笑之門」と沢山の仏様?の笑顔、内側の底に「遊」の一文字があります。
ニコニコ笑いながらお茶を戴くと、最後には「遊」の文字が表れて
ふわっと気持ちが軽くなります。 
いつもももりさんが傍で笑って励ましていて下さるような気持ちがします。
ありがとうございます。

投稿: 山桜 | 2012年8月22日 (水) 22時34分

ふふふです。
「ノン」で自己主張したようでも、結局はあれやこれやと「待つ身」で拘束されてしまいましたね。 
それにしても「○△×☆◎・・・・」が写真の島だったんですか?
ちょっと「後悔」の匂いがしますが・・・o(^-^)o 

でも室戸からのシェフ付のお土産がどっさりあったのでは???

投稿: ちゃぐまま | 2012年8月22日 (水) 21時04分

ももり様
先日の大雨の心配はなかったようで安堵いたしました。

嗚呼
わが家とは余りにかけ離れた日常で
心底羨ましいなあ~
少しでも帰りが遅いと、高齢の母が大騒ぎ。
まだ帰らないの・事故にでもあったのではないか
電話をしろとそれはそれは口うるさくって
空気はきれいな田舎町ですが、母のコウガイからは
逃げられません

投稿: おばさん | 2012年8月22日 (水) 10時32分

kazuyoo様  知らないのが普通ですよね。釣りキチは今回不漁でした。でも旅は楽しかったようです。

浜辺の月様  京都、しかも中京・・・地蔵盆って一体何時頃からあるんでしょうねえ。無事終わってくれて嬉しいです。

miwako様  「地獄の窯の蓋も開く」この言葉、今の子供達は知らないようですよ。教室では誰も知りませんでした。は・は・は・・・同じ頃の年ですねえ。

山桜様  ひょっとして「笑之門」と書いたのではなかったかしら??良寛さんがこの言葉を書いていたのをお借りしたのでは????どんな図柄か忘れてしまって・・・ね。でも、なかなかいいでしょう???なあんて。喜んでもらえて嬉しいです。へくら島は島民は漁の時期しかおらず、さ・あ・あ・・15人くらい親子連れとかがいたそうです。自転車も車もなんにも無いんですって。そういうとこって、熱中症で倒れたらどうなるんです???

nyar-nyar様  心臓にも脳にもちょっと問題が・・・ね。何時何処でプッツンするかと心配なんです。でも、やがて何時の日か「行き倒れ」ってなことになりそうな感じの人間なんです。布団の上で死にそうにない。人のいうことはまるでききませんしね。

投稿: 山口ももり | 2012年8月22日 (水) 09時01分

良かったです
ご主人様もご子息さんもご無事で
どうしても自分に興味のないものは覚えていられませんね。
一人旅の相棒さん 想いが叶って楽しかったでしょうね。

投稿: nyar-nyar | 2012年8月21日 (火) 23時11分

能登の舳倉島ですか~もうきっと涼しいのと違いますか?
家でヤキモキされるのでしたら同行された方が楽だったかも…
でもお地蔵様のお当番だったのですものね。
お務めはどんなことをされるのでしょう?
事の次第をブログに書いてくださるのを楽しみにしています。

我が家も以前友人の占い師さん(やゆよさん)から、
「あまりべったりしない方が長く円満でいられる」
とお達しがありましたし、元々干渉しあわない気風ですし、
ホント、食事つき下宿屋みたいなものです。

心配事もおありでお忙しい中お返事ありがとうございました。
本日、早速次の便を出してしまいましたが、またお時間のある時に
ゆるりとお願いいたします。 「遊笑」のお茶碗でお茶をいただくと、
自然に笑顔になって、今日も遊びをせんとや~♪と嬉しくなります。

投稿: 山桜 | 2012年8月21日 (火) 18時39分

地獄の釜の蓋が開いている時期に、無事のご帰還良かったですね。
幾つになっても、暢気で・・・(でも家に居るものはねぇ。)
「忘れっぽいのは我が家の伝統や」の名言をつと思い出しました^0^へ???

投稿: miwako | 2012年8月21日 (火) 18時34分

ご家族ご無事でよかったです。
お地蔵さんの支度大変でしたね。
お地蔵さんもお守りして下さる方々の尽力もあってその土地に長くいらっしゃるのですよね。

投稿: 浜辺の月 | 2012年8月21日 (火) 17時48分

うふふふ、ご家族ですもの、いつもの時間に家にいらっしゃらないと、どうなってるのになりますよ。
へくら島ですか。お住まいの方には申し訳なくても地理音痴です。
お地蔵さんのお支度、お忙しいことです。
ご子息は何時ものように大漁でお戻りになるでしょうね。

投稿: kazuyoo60 | 2012年8月21日 (火) 16時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: へくら島:

« 緑陰で読書・・・ | トップページ | あっちもこっちも家出 »