« 悪魔が聞き耳を立てる時 | トップページ | ヨーロッパの王や女王と日本の天皇たち »

2012年6月 7日 (木)

寛永の三筆

Kiyomori_010

 去る5月23日のことです。「オオヤマレンゲ」と云う花が咲いているという新聞の記事を見て、フラリと八幡市の松花堂美術館へ行ってきました。


Kiyomori_011


Kiyomori_012


 松花堂昭乗・・・男山(石清水八幡宮)の社僧で、本阿弥光悦、近衛信尹(のぶただ)と並んで寛永の三筆の一人です。男山にもケーブルで上り、住居跡も見てきました。スケッチはお茶室


Kiyomori_007


 「八幡のはちまんさま」って平家物語にも登場しますし、「徒然草」にも書かれていますし、寛永といえば江戸・・・そこへ平成のおばんも参加って嬉しいじゃありませんか!!

|

« 悪魔が聞き耳を立てる時 | トップページ | ヨーロッパの王や女王と日本の天皇たち »

コメント

kazuyoo様  それは5月の話。まだ膝が今ほど痛くなかったもんですから。出歩いてアップする間がなかったケースも多いので、これからちょっとづつ。自転車で走れないし、歩くのもヨチヨチとゆっくりいうことになって、世界が凄くスローペースに変わりました。

投稿: 山口ももり | 2012年6月 8日 (金) 07時17分

深山の女王と呼ばれる花、オオヤマレンゲです。この頃は庭上で楽しまれてブログで拝見したりしていますが。紀伊半島の高い山にひっそりと咲いてるそうです。
お出かけしてみようと思われたのです。お元気ですね。

投稿: kazuyoo60 | 2012年6月 7日 (木) 12時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 寛永の三筆:

« 悪魔が聞き耳を立てる時 | トップページ | ヨーロッパの王や女王と日本の天皇たち »