« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月30日 (水)

日本水彩の記事から

面倒くさくて読みたくないと云われそうなのは覚悟の上で、ももりの書いた文をここにアップしました。日本水彩会の会誌です。


絵を描くのは子供の頃から大好きでしたが、他に大好きなのが旅です。娘時代の山登りから始まり、今日まで、暇があればスケッチブックを持ってフラフラ歩きまわっています。
 30代の終わり頃から、興味は世界へ。
ラスコー、アルタミラ、ミノア文明のクレタ島、旧約聖書の世界シリア、ヨルダン、エジプト、ギリシャ、ローマ、トルコやシチリア島のビザンチン、中世ロマネスク、ルネサンスと見て歩きました。美術書を見てムラムラとわき起こる好奇心を満たす旅です。アッシリアやヒッタイトはさすがに怖い。イランやイラクには行けません。でもチョコッとだけなら、大英博物館やベルリンで見ました。
 勿論、予算や時間も限られた格安パックツアーがほとんどで、見て歩いたとえらそうに云えるほどではありません。
 しかしまあ!人類、描きも描いたり!洞窟から、岩山、しっくい壁、果ては大聖堂にと、びっしり描き込んでいます。風雨に曝されて摩滅した部分を補完してみると、それらは正しく、すざまじくも激しい生命の饗宴、喜びあり、祈りあり、残酷あり、戦いあり・・・人間のさがの全てが表出されてあります。
 野生動物を賛美したラスコー、アルタミラ。まぼろしの大陸アトランティスもかくやと、わくわくするほど明るくてモダンで健康的なミノア文明のクレタ島やサントリーニ島、死後の生のために、ここまでやるかと驚くファラオたちの奔放なイメージの世界、完璧なることここに極まれりと云うべきギリシャ、油っこいローマ、キンキラキンと永遠に輝きそうなビザンチンのモザイク・・・

 そして、今、私が一番好きなのが中世ロマネスクです。完成しきったギリシャ、ローマを知らないかのような民衆の芸術で、神への憧れにつき動かされた大衆が造り上げた、どこか幼い物語の世界。フランスやスペインの片田舎にひっそりと残るロマネスクの世界が、今後の私の旅のターゲットです。
 ルネサンス以降は、日本にいながらにして相当数を見られます。絵画は縁縁に収まっていて、日本各地の美術館や博物館に宣伝解説つきで来てくれるのですから。
 長い歴史の空間では、様々な技術や画材の革新がありました。例えば、麻のキャンバスはルネサンスの頃、ヴェネツィアで作り出されたといいます。海運業で富をなしたヴェネツィアの丈夫な帆布に、ボロニア石膏とジンクホワイトを地塗りしてキャンバスの既製品ができました。それと、当時、技術革新目覚ましかった油絵の具や水彩絵の具と相まって、それ以前の工房の大仕事、板を完璧に乾燥し、徹底的に平らにし、地塗りをし・・・という徒弟制度による工房の仕事から個人の領域へと絵画は降りてきたのです。私風に云えば、印象派は素人の集団。そして、素人がそれぞれに工夫をこらして創意工夫をしたところこそが魅力なのでしょう。
 面白いことに、ラスコーやアルタミラ、サントリーニ島には発掘された顔料が展示されていました。たまたま、過去にテンペラ画法を習っていた私にとって、過去の画人たちが、急に身近になった瞬間でした。この色の塊りを磨り潰し、接着性のメディウムで塗りつけた画面が、7千年、5千年の年月を生きのびて、私に笑いかけているのです。「ホラ、見ろ」って。旧石器時代の画人との感動の対面です。
 ひるがえって、描き手と云うものは、一体、変わったのか、進歩したのか。
 太古、草原を失踪する野獣を追っていた頃の画人と現代の画人達。自らが創り上げてしまった虚構のように不自然極まりない現代文明の迷路の落とし穴のなかで、あるものは苦しんで描いています。
 なんだか古いほど凄い!直裁で正直で強い。ピカソくらいなら古代の野生と競えるか?
 しかし、私も描かなくてはなりません。満点の星空にきらめく無数の星に、もう一つ星くずを加えようというのか?
 私の旅は忙しい。パックツアーは殊更に忙しい。めまぐるしく歩きまわりながら何でも描きとめる。10日ほど行ったら100枚以上は描く。ホテルで色付けをする。水彩だから乾かないと次へ進めないので、部屋に入ると先ず1、2枚、お湯をはりながら3、4枚、食事の後に4、5枚。夜中に何度かチョコチョコ。旅の途中で画集が一冊できあがる。尤も、これ等はメモで、作品とはとても言えない。ビールかワインが横にあれば、もう、この夜なべ仕事は至上の悦楽です。帰国してホームページやブログにアップするというおまけつきだから、足腰の立つ間、旅の為に働き、この夜なべを続けたいものです。
 旅で見た極端な富と極貧。そして、抱いてしまった、自分が生きているということの負い目、罪悪感、漠然とした不安感を紙の上に写せたらなあ・・・と、これはなんとも大それた望みを抱いて、今も紙面に向かっております。strong>

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年5月26日 (土)

純情男

Take_001 


 高島屋の月間グラフ誌に相棒登場!!!


Take_002


 一途にわが道を求め続けた相棒が高島屋の月間誌に登場・・・・なんてうれしいことでしょう

 え???もっとはっきり見せて・・・ですって???

 まあ・・・それは、高島屋へどうぞ。


 先日の屋久島の縄文杉探訪。やっと疲れがとれました。今回、バテたのは結局、ももりでした。ほとんど食べずに一日歩いた相棒、最後のほうは息も絶え絶えって感じで声も裏返っていましたが、ホテルに入るととたんに元気。夕食もモリモリ。翌日は、もうケロリとしていました。


 一方、タフが売りだったはずの、このももりメ、ベッドに倒れこんでしばらくするとガタガタふるえがきて止まりません。一日雨にぬれて歩いたのですから。着替えはしっかり持っていましたが着替える場所がまるでありません。一服のときだって、屋根がないんですから、雨の中、ぬれた木の根に腰掛けです。冷えきってたんでしょうね。
 夕食時にはセーターにホテルの丹前を重ねて食堂へ。でも、ここは鍋で、ゆっくりお汁を2~3杯いただいたら、今度は大汗!!!しかし翌日は終日ウツラウツラ。本を読んでるはずがいつの間にかウツラウツラ。どうやら、もう登山は限界と悟りました。

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2012年5月22日 (火)

年寄りのひや水

   
 「どうやら登山は、もう、ムリ」そう悟った今回の屋久島でした。


 相棒は心臓に、ももりは軟骨がすりへった膝に心配が。口だけは両人とも至って達者です。


 やっぱり、雨・・・何しろ、この島では、4日のうち3日は雨なんだそうですから。
しっかり梱包した着替えを2回分リュックに詰めています。朝、4時45分にガイド氏がホテルに来てくれます。朝食と昼共に弁当。朝飯は部屋で。ももりはしっかり全部食べましたが相棒はにぎりめし一つが全部入りません。あ・あ・あ・・・これやから・・・

 バスで、島の中心部へ。5時47分、軽く体操をして出発。これからトロッコ道を2時間43分歩く・・・これが、実は、帰りにバテたのよねえ。

 トロッコ道を終えて、9時、いよいよ急峻な山道に入ります。約1時間20分、大王杉の手前、前にリタイヤした地点を確認。そこからも、相当急な悪路で、「これでは、前のとき、戻っといたのは正解やったなあ」と、相棒は申しました。

 12時少し前、縄文杉に到着。昼弁当。相棒、にぎりめし半分しか食べられません。「これ以上食べたらムカつく」あ・あ・あ・・・・「そういう人が戦争で一番先に死ぬんやでえ。何でも、どんな時でも、食べられる人だけが生還できるんやから」でもねえ・・・云ったって、どうしようもありませんから

Yaku_042

 ほとんどゆっくりせず、下山にかかります。
道が良ければ、下りは楽なはずですが、ここは悪路。岩が複雑に張り出して、足をグネったら、目も当てられません。手で岩を支えながら黙々と下ります。若かったらヒョイヒョイてなもんやのになあ!!!下、写真は有名なハート形の空が見える切り株、ウイルソン株。続く


Yaku_023


| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年5月18日 (金)

145才の屋久島

Yakusima_005


 ももり達夫婦、二人合わせて145才。無事、縄文杉にご挨拶をすませました。


 生涯を木とかかわって生きた相棒です。如何しても縄文杉のご挨拶申し上げしたいというので、3年前、パック旅行で参加しました。往復10時間、かなり健脚向きのコースです。

 前回の旅、急な登りで相棒の心臓がパクパク。ももりが「大丈夫かなあ」と振り返りましたら、しゃがみ込んでいます。大粒の汗をタラタラ流して、ぬぐってもぬぐっても、滝のような大汗で、服もズクズクです。
 「ニトログリセリン持ってたんとちがう???」って云って、やく30分。ももりはずうっと鳥の声を聞いていました。そしたらふらーっと立ち上がり・・・まあ、そこからは、ゆっくりゆっくり下山したのです。


Yakusima_002_2


  今回は、リベンジ。ももりは介護です。
朝、4時45分にホテルを出て、終日、降りみ降らずみ、雨中を難行苦行し、正午、縄文杉にお会いし、夕方6時、ホテルに帰りベッドに倒れこむまで・・・・

 まだ、データが整理できていないので、後ほど・・・のちほど・・・とりあえず無事、介護登山は終了しました。皆様、ご心配をおかけしましたが無事、家でパソコンに向かっています。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2012年5月 9日 (水)

保元の乱と美福門院

Yasusi_015


 先日も、書いたのですが、保元の乱の黒幕は美福門院・・・ももりが小説家なら彼女を主人公におきたいなあ。先妻待賢門院の勢力を排除すべく、実子、近衛を天皇位につけたものの近衛は17才で死んでしまいます。死期せまる鳥羽上皇と藤原清西を取り込んだ美福門院は・・・次の天皇に、自分の思惑通りに動かせそうな後白河を帝位に・・・ところが、どっこい後白河と言うヤツは・・・失礼・・・昔なら不敬罪で首がチョンですねえ。


 二条城の南西角の「美福どおり」の道路標識です。東西は押小路。その下にはこんな標識が・・・美福門院こそは鳥羽の愛を独占し権力を握った保元の乱の黒幕・・・と云うのがももりの推理です。

 Yasusi_011


京都、丸太町七本松の府立図書館のお隣り、「平安京創生館」に平安京の1/1000模型が作られています。

Yasusi_010

 写真ではちょっと見にくいですが、ドラマ清盛の頃、「勝」と云う字がつくお寺が6つ、今の京都市動物園、美術館あたりにあったといいます。今は何もない。

 法勝寺  建てた人、白川天皇
 尊勝寺  堀川天皇 
 最勝寺  鳥羽天皇
 円勝寺  鳥羽の妃、待賢門院
 成勝寺  崇徳天皇 
 延勝寺  近衛天皇

 どうですか・・・・どんなに願っても得られなかった成仏、どんなに権力に執着しても、結局は・・・はかないですよねえ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年5月 8日 (火)

「わが母の記」と井上靖

Yasusi0114

Yasusi_014

映画「わが母の記」を見てきました。井上靖と耄碌した母・・・映画はかなり実情に近いようです。

 井上靖は大好きです。「敦煌」「天平の甍」「オロシャ国酔夢譚」などなど・・・「西域物語」の短編。「天目山の雪」に収録された短編など・・・ももりの持ってるこれ等の本の表紙が、又、実にいい!!!「夏草冬濤」はなんと松本俊介です。「ある偽作家の生涯」は平山郁夫。「詩集」は加山又造。「幼き日のこと 青春放浪」は小野竹喬。「猟銃 闘牛」は角浩です。みんな、まだ生きてらしたんですよねえ。先日アップした「後白河院」は上村松篁篁でした。 
 

 そこに登場する男達の純情。一途に求めずにいられない学問や芸術への情熱。人には理解してもらえなくても、身をすり減らしてしまうまで、黙々と求め続ける直情の男達の何人かを、どれほどももりは愛したことでしょう。


井上靖は大好き、と、普段よく言っていますし、本当です。本棚にも結構沢山の井上靖の本が並んでいます。でも、今回、この映画を見て、改めて本棚を見て、案外、読んでいない本がたくさんあることに気づきました。読もうと思って買ったのにそのままにしたり、あるいは途中で止めてしまった・・・という本たちです。


改めて、手に取って読み始めますと、今回は、案外すらすらと読みすすめられます。ということで1日2冊のペースですすみ、図書館でも借りてきました。


 映画「わが母の記」はいい作品でした。どの本かで知っていた井上靖の子供時代、青春時代・・・作家と母の関係など。改めて映画では、売れっ子作家の日常生活をのぞいたような気分もあって「大変なんやなあ」とも、思いました。

 でもね・え・え・・・、映画と、井上靖が創出した男達とは別物ですねえ。やっぱり、彼が生み出した男達の方がはるかに男らしくてシブクて・・・かわいくて・・・いいのよねえ。大好きなんです
 
 Inoue_001

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年5月 6日 (日)

初瀬の観音様

Hasedera_005

 昨日、ピッカピカのお日さまがお出かけ心をくすぐります。さあて・・・初瀬寺へでも行くか


Hasedera_002

 結構、坂や石段がきつい!!!最近頑張って泳いでるけど・・・やっぱり膝がイマイチ。
まあ・・・一人なんだから・・・のおんびり


Hasedera_003


 初瀬寺は、なんと天武天皇様のために朱鳥元年に建てられた・・・ですって。
朱鳥元年とか白雉元年とか・・・小説の書き出しにチョクチョクありますよねえ。なんともロマンチックな響きです。

 何度も燃えています。今の大仏様は1538年ものですって。人間の情念って凄いなあ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2012年5月 4日 (金)

倉敷と大原美術館へ

Kurasiki_001


 倉敷へ行ってきました。一度は行きたいものと思いながら・・・初めてです。

Kurasiki_002


 大原美術館・・・内容が充実。いいなあ!!!いろんな画集に取られているのは、この美術館の所蔵品やったんやねえ。上スケッチの作り酒屋さんでお酒を買いました。「萬年雪」・・・いい名前やねえ。試飲ではおいしい!!!


Kurasiki_003


Kurasiki_004


 阿智神社では藤まつり。衣冠束帯の貴公子が笛を吹いていましたよ。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »