« 愛すべき干し柿やろう | トップページ | ナポレオンのご落胤・・・1 »

2012年1月21日 (土)

ワインのお値段

Hurue_041


 先日、相棒が招待してくれたホテルのディナー。勿論おいしかったけど・・・日本のワインって何でアンナに高いんやろ???

 グルメって「気難しい」っていう意味なんだそうですね。ももりはワインは大好きですが、気難しいわけではありません。食膳にキリッと冷えた白ワイン、いよいよ佳境に入って赤ワイン。これは、もうサイッコーです。まあ・・・しいて言えばジュースに近いようなのはうれしくない。

 先日のホテル、グラス一杯900円。しかも半分も入ってないくらい???お味は???まあ・・・「軽いよなあ」って感じ。ヨーロッパならお安いのは250円くらいからあって、しかもなみなみとついでくれます。でも、その夜は、瓶では5000円から。これ???一体、どうなってんの???

 以前、1000円のワインと1万円だったかの高級ワインを飲み比べて、どちらが高級かを当てるってTV番組がありました。たまたま見てた時、石原義純さんが出ていて「絶対これが高い。なんたって、うちは親父がワインにはうるさくって、間違えることなんか絶対ありっこない」って言いながら、安いほうをしっかり美味しいって意ってました。でも、そんなもんだろうとももりは思います。


 一本、1000円のワインで、充分のももりです。ヨーロッパに旅行したら、1~3本位はトランクに入れて密輸します。勿論、はずれなんかあったことない。


 円高でもあるんやし・・・海外で1000円も出したら、先ずはずれなしなのに・・・なんで、こう、お高くなってるの???

|

« 愛すべき干し柿やろう | トップページ | ナポレオンのご落胤・・・1 »

コメント

お高くないと売れないのでは?
味などわかる人は少なくて値段が高ければ良いワインと思い込んでいる・・・
ワイン愛好家に叱られそうですけど!
相棒様素敵ですね、お誕生のお祝いをホテルですか?
ホテルだったらまず間違いはないと思います。

投稿: nyar-nyar | 2012年1月26日 (木) 19時45分

二月十一日から公開の はやぶさ で使われた実物大模型
が、大阪市立科学館で24日から29日まで無料で
公開されています

投稿: あきみず | 2012年1月25日 (水) 20時36分

kazuyoo様  お酒が飲めないって言う人って案外多いのですねえ。一生分を考えたら、随分お金を使ってるでしょうねえ。

miwako様  先日の贈り物に大感謝・・・楽しんで楽しんでいただきます。昨日は先ず会友会員達の批評会。なかなかみんな頑張っています。2月5日の朝、ウイングずをお忘れなく・・・ね。


玉井人ひろた様  輸入ワインは防腐剤が入っているから、やっぱり本場で飲むよりは味が落ちるとか言う人もいます。
私は、そんなに味覚が鋭くないから・・・ハ・ハ・ハ・・・なんでも美味しい・・・

あきみず様  先日来、600年、から700年を軸に歴史の登場人物の生きた年表を作ろうとしています。そしたら・・・・実に面白い。例えば・・・皇極女帝は3年しか帝位になく、幸徳天皇が死んで斉明女帝になってから7年。とか、その死後、中大兄が7年称制し、天智になってたった1年で死んだとか・・・天皇が変わる同じ年に誰か犠牲者が出るとか・・・ほんとくっきりでてきました。そのうちにアップします。

おばさん様  同じ経験があります。コーラ、如何しても飲めなかったのにスキーでさんざんっぱら滑った後のコカコーラ・・・これはメッチャおいしかったのよねえ。

投稿: 山口ももり | 2012年1月23日 (月) 14時48分

食べ物・飲み物をはじめ金額ではありませんネ。
嗜好も違うんですから、自分が納得したものが
いちばんですよ~ね 
私が今までで一番美味しいと感じた飲み物は
下山するとき、水を切らしてしまい、たどり着いた
駅で飲んだ一杯の水道水でした。
こんなにもおいしい水があったんだぁ~
感動ものでした

投稿: おばさん | 2012年1月23日 (月) 12時53分

ワインはよく家で飲みますが、安いものしか買いません
外ではよく行く店のソムリエに選んでもらいます
その方が当たり外れがありませんし話も弾みます

今読んでいる 有吉佐和子さん 青洲の里に行って
華岡青洲の妻を読んで 紀ノ川 と読みごたえがあります
話し言葉が紀州弁なのが気に入りました。そのあと読んでいる 青い壺が 話の展開がユニークではまり込んでいます。

投稿: あきみず | 2012年1月22日 (日) 20時51分

ワインに限らず、洋酒は運賃や卸業者、輸入業者などの料金が入ってしまうので、高くなってしまいます。
日本製なら安くていいのがありますよね

投稿: 玉井人ひろた | 2012年1月22日 (日) 12時01分

お師匠さま お早うございます~♪
これからは、もっちょりした干し柿を食べる時は少し揉んで・・・
感触を楽しんでから味わいます^0^p
絶対忘れられませんね、蘇る手触りを。。えへへv
そうだllllllっ昨日頂いた書類がナンボ捜しても見つかりません。
もしもそちらに有れば、28日に頂かせて下さいね。

投稿: miwako | 2012年1月22日 (日) 09時04分

ご馳走、食通の意味に思ってましたのに、気難しいのですか。
人が工場で作るのだって、値段が正当かどうかでしょう。まして気候風土が作ったブドウです。そこに発酵させる菌が住みついてるのでしょう。ブランドとして定着していなくても、それ以上の品質のはあるそうですよ。私はワインは分からなくても、見聞きのうちからそう感じます。
高いワインは当たりはずれが少ないのは確かかもしれませんが。
ご自分の舌が一番確かです。美味しいワイン、それなりに試飲されてお探し下さい。

投稿: kazuyoo60 | 2012年1月21日 (土) 10時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ワインのお値段:

« 愛すべき干し柿やろう | トップページ | ナポレオンのご落胤・・・1 »